magazine

【静岡県伊豆市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

目次

【静岡県伊豆市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説 | 二拠点生活

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」

そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から
本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

 

静岡県伊豆市は、伊豆半島の中心に位置しており、自然豊かな温泉地です。

今回は、静岡県伊豆市の基本情報と移住するにあたって知っておきたい市の特徴、移住支援金制度についてご紹介します。

静岡県での二拠点生活や移住を検討されている方はぜひこちらの記事も参考にしてみて下さいね!

静岡県のおすすめ情報

気になった市町村がある方は、自治体ごとの特徴や支援制度について情報収集をしましょう!

実際に静岡県へ移住された方のインタビュー記事を読むことで、イメージが鮮明になります。

伊豆市の特徴

観光地としても人気を誇る伊豆市は、2拠点生活するにおいても、以下の点で非常に優れたエリアです。

  • 豊かな自然の恵みと暮らすことができる
  • 主要都市までのアクセスが良い
  • 充実した子育て制度がある

それでは一つずつ紹介していきます。

豊かな自然の恵みと暮らせる伊豆市

伊豆市では、山々に囲まれているため、ミネラル豊富な水を水道水から飲めます。また伊豆市の南に位置する下田市では綺麗な海が楽しめます。

このように、海も山もあるデュアルライフを楽しみたい方には、伊豆市はぴったりの都市です。

2拠点生活に最適!首都圏からのアクセスが良い!

伊豆市は首都圏からのアクセスが良いため2拠点生活に最適です。例えば伊豆の修善寺駅から主要な都市までのアクセス時間は以下の通りです。

  • 東京駅2時間
  • 名古屋駅2時間半
  • 大阪駅3時間半

都心へのアクセスの良さは2拠点生活をする方にとって重要なことです。そのため、伊豆市では2拠点生活に人気のエリアとなっています。

充実した子育て制度で安心のデュアルライフ

伊豆市では充実した子育て制度があります。

男性が連続して5日以上育児休業を取得できる制度や、妊婦さんの友達作りのサポートも伊豆市では行なっています。このように子育てへの不安が軽減されるため、快適で安心できるデュアルライフを送ることが可能です。

伊豆市の移住支援制度を利用して、かしこく移住

これまで、デュアルライフするにあたって知っておきたい、伊豆市の特徴についてご紹介しました。ここからは、いざ移住する際に便利な市の移住支援金制度についてご紹介します。

移住支援制度が適用できる対象者

伊豆市では、静岡県外から伊豆市に移住し、住宅を取得または賃借した若者世帯に対し、移住定住奨励金が支援されます。

静岡県伊豆市の移住支援制度における、対象者は以下のとおりです。

  • 「東京23区内に在住」又は「東京圏に在住し、東京23区内へ通勤している」期間が、移住する直前の10年間のうち、「通算5年以上」かつ「移住する直前に連続して1年以上」
  • 2021年3月以降に移住した場合は、東京23区内の大学等へ通学し、東京23区内の企業等に就職した方

移住支援金

静岡県伊豆市の移住支援制度の支援金額は、以下のとおりです。

  • 首都圏から移住し新築または中古住宅を購入した場合:100 〜140万円
  • 静岡県外から移住し新築または中古住宅を購入した場合:40〜60万円

支援金額は、移住する夫婦の年齢により変動します。申請のタイミングや制度の詳しい説明については、伊豆市のHPをご確認ください。

伊豆市移住支援金詳細ページリンク

【あわせて読みたい記事】

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」
 
そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!
 

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

JOIN US!

会員登録するとできること