magazine

【長野県長野市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

目次

【長野県長野市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説 | 二拠点生活

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」

そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から
本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

 

長野県長野市は、長野県の県庁所在地で人口は県最大の37万人。

関西方面にも関東方面にも行き来がしやすい立地にあるため、全国展開をする企業の支店が集中する、働く環境が整った都市です。

ここでは、長野市の特徴と、長野市に移住したときに利用できる制度や支援金について解説します。

長野県での二拠点生活や移住を検討されている方はぜひこちらの記事も参考にしてみて下さいね!

長野県のおすすめ情報

本記事では語りつくせなかった、長野県が行っている支援制度をより詳細にお伝えします

実際に移住や2拠点生活をされている方のインタビュー記事を読むことで移住後のイメージが湧きますよ。

長野市の特徴

長野市は複合商業施設や大型スーパーなどがあり、少し車を走らせれば買い物には困りません。

豊富な自然に恵まれた長野市は、天然の観光資源を多く持っており、住みやすさと自然の両方を兼ね備え、移住者からも人気の高い都市です。

三大都市圏からのアクセス◎

長野市の中心、長野駅から東京駅まで新幹線で1時間20分。さらに高速道路網が充実しており、東京をはじめ、名古屋・大阪など三大都市圏へのアクセスが抜群。2拠点生活による他県からの移動もスムーズに行えます。

子育てサポートが充実!2拠点生活に最適

2拠点生活で心配な点に、「子育て環境はどうなっているのか」が挙げられます。長野市は「子育て支援サービス」が充実しています。

0歳から中学生の子どもの福祉医療費の窓口無料化を実現。

また、妊婦さん及び18歳以下の子どもがいる家庭は、協賛店舗などでさまざまな優待サービスを受けることができる事業を行っています。

自然豊かな都市でデュアルライフを満喫!

長野市は冬季オリンピック開催地として世界的に知名度が高く、市内にスキー場やスケートリンクがあり、手軽にウインタースポーツを楽しめます。

また、山々に囲まれ自然豊かな長野市は、温泉施設やキャンプ施設も充実しており、週末にレジャーやアウトドアアクティビティを楽しみたい方にはぴったりの環境で、デュアルライフを心置きなく満喫できます。

長野市の移住支援制度を利用して、かしこく移住

長野市に移住したいときは、条件を満たしていれば移住支援制度を利用して支援金の支給を受けられます。

ここでは、移住支援制度が適用される対象者や、移住支援金がいくらなのかを解説します。

移住支援制度が適用できる対象者

移住支援制度が適用される対象者は以下のとおりです。

  • 長野市に住民票を移す直前の10年間のうち、通算5年以上、東京圏、愛知県または大阪府に在住し、かつ就労をしていた
  • 転入まで連続して1年以上東京圏、愛知県または大阪府に在住し、かつ、転入日の1年3月前に当たる日から転入日の前日までの期間において、連続して1年以上就労していた
  • 被用者として就労していた場合は、雇用保険の被保険者としての就労に限る

他にも細かな条件がいくつかありますので、詳しくは長野市のHPをご確認ください。

長野市移住支援金ページリンク

移住支援金

長野県長野市の移住制度における、支援金額は以下のとおりです。

  • 世帯で移住の場合:100万円
  • 単身で移住の場合:60万円

申請のタイミングや制度の詳しい説明については、長野市のHPをご確認ください。

長野市移住支援金ページリンク

【あわせて読みたい記事】

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」
 
そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!
 

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

JOIN US!

会員登録するとできること