magazine

【山梨県山梨市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

目次

【山梨県山梨市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説 | 二拠点生活

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」

そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から
本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

 

都心から100キロ圏内の距離に位置する山梨県山梨市。自然が豊かで、農業が盛んな街です。

今回は、山梨市の特徴と、山梨市に移住したいときに利用できる制度や支援金について解説していきます。

山梨県での二拠点生活や移住を検討されている方はぜひこちらの記事も参考にしてみて下さいね!

山梨県のおすすめ情報

気になった市町村がある方は、自治体ごとの特徴や支援制度について情報収集をしましょう!

実際に移住や2拠点生活をされている方のインタビュー記事を読むことで移住後のイメージが湧きますよ。

山梨市の特徴

山梨市は、平成17年3月に山梨・牧丘・三富の3市町村が合併して誕生した街で、面積の80%を森林が占めているのが特徴です。

それでは、山梨市が2拠点生活先に適しているかどうかを見ていきましょう。

空気の美味しい街でデュアルライフ

山梨市は、面積の80%を森林が占めています。そのため、空気が綺麗で、美味しく感じられます。山に囲まれた街であり、いつでも自然に触れ合うことができる街です。

農業に携わる方が多いためか、おおらかな性格の方が多く住んでいるという特徴があります。

デュアルライフ先で地域の優しい人々と触れ合いたい方には、ぴったりの地域ですね。

自然豊かで農業が盛ん

山梨市は自然が豊かな土地なので、農業も盛んです。個人店も多く存在し、採れたての美味しい野菜・果物を味わえます。

特に山梨県はぶどう栽培が盛んで、ぶどうの生産が日本一の県です。山梨市にもたくさんのぶどう農園が存在し、ぶどう狩りができる施設もあります。

ぶどうの季節に山梨市で2拠点生活を送り、ぶどう狩りを楽しむのもよいですね。

文化活動が充実

山梨市には近年リニューアルされた市立図書館のほかにも、根津記念館や横溝正史館など、数々の文化施設が存在します。横溝正史館は、金田一少年シリーズの作者の書斎を移築した資料館です。

ファンにはたまらない、魅力的な施設ですね。市内の小中学校もすべて耐震改修済で、子どもたちの教育環境も安心できます。

市民会館も耐震改修を行ってリニューアルするなど、老若男女問わず、住民全体の文化活動を支えてくれる街です。

山梨市の移住支援制度

山梨市では、条件を満たしていれば移住支援制度を利用して支援金の支給を受けられます。

移住支援制度が適用される対象者や、移住支援金がいくらなのかを解説します。

移住支援制度が適用できる対象者

移住支援制度が適用される対象者は、「直前の10年間のうち通算5年以上、東京23区に居住していた方」など、いくつかの条件を満たす必要があります。

また、山梨市では支援金以外にも、さまざまな移住支援制度を実施しています。詳しくは山梨市のHPをご確認ください。

山梨市移住支援金詳細ページリンク

移住支援金

山梨県山梨市への移住支援金の支給額は下記のとおりです。

  • 単身世帯の場合:60万円
  • 2人以上の世帯の場合:100万円

申請のタイミングや詳しい条件については、山梨市のHPをご確認ください。

山梨市移住支援金詳細ページリンク

【あわせて読みたい記事】

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」
 
そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!
 

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

JOIN US!

会員登録するとできること