magazine

【山口県山口市に住むための6つの基礎情報】山口市で移住・2拠点生活。

目次

【山口県山口市に住むための6つの基礎情報】山口市で移住・2拠点生活。 | 二拠点生活

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」

そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から
本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

 

山口県山口市に移住・2拠点生活するために抑えておきたい6つの基礎情報をご紹介!

山口県での二拠点生活や移住を検討されている方はぜひこちらの記事も参考にしてみて下さいね!

山口県のおすすめ情報

気になった市町村がある方は、自治体ごとの特徴や支援制度について情報収集をしましょう!

実際に移住や2拠点生活をされている方のインタビュー記事を読むことで移住後のイメージが湧きますよ。

山口市ってどんなところ?

山口市は山口県のまんなかあたり、とても広い市域を有しています。約20万人が暮らし山口県の県庁所在地でもあります。県庁などの行政機関が集まる県の中心地ではありますが、都会らしい喧騒は無い静かな住環境です。

昼夜の寒暖差を活かした、農畜産物の生産が盛んで、お米やりんご、梨等の果樹、季節の野菜などの生産が行われています。また、本州最西端のスキー場や、湯田温泉が有名で温泉街には無料の足湯が複数あり、市民に親しまれています。

山口市のシティプロモーション動画がありましたので参考までにどうぞ!

山口市の交通アクセスは?

新山口駅
新山口駅

高速道路のICが複数あり車による移動が便利です。また、新幹線も発着しているため県内外へのアクセスに大変優れています。そのほか、山口宇部空港までは車で約40分でアクセスが可能です。

山口市はお買い物しやすい?

プリムールあおい
プリムールあおい

山口市は県内で最も面積が大きい割に人口が少ないため、車が無ければ生活しづらい環境です。

市内には、山口駅を中心に商店街やスーパー、商業施設が集まっており利便性を求めるのであれば、駅周辺に住むことをおすすめします。一方で自然や静かな住環境を求めるのであれば、市街地から車で20分前後離れた郊外で暮らすことをおすすめします。

山口市の子育て環境は?

市内のお寺

下関市は、子育てしやすい環境が整備されています。地域の保育所や幼稚園、子育てサポートセンターなどの公共施設が充実しています。また、市では中学校業までのお子さんの医療費の助成があります。

その他、教育面では保育所などが51か所あり待機児童は毎年数人出ています。市内には山口大学をはじめ複数の大学もあるので進学面は安心ですね。

山口市の移住に関する支援制度は?

助成金
助成金

山口県山口市では、街を活性化するべく移住支援金制度をはじめとする支援を行っています。移住支援金の対象であるため、条件に合う方(東京圏から移住し就業・起業した方等)は最大100万円の支援を受けることができます。

UJIターン短期滞在サポート補助金

山口県外から山口市内へ移住される方に向けて、市内の見学や体験移住をする際のホテルや旅館の宿泊費、市内移動費用等の補助する制度になります。

【補助金額】

  • 1人当り1泊1万円、小学生は5,000円、3泊以内

【対象者】

  • 農業・林業・漁業等の1次産業への就業、商工業等の起業を行うための情報収集を行う方

UJIターン長期滞在サポート補助金

山口県外からの移住者には、就職活動や起業・創業の準備、住居の下見を行うために

【補助金】

  • 1ヵ月分の家賃の半額、最大5万円

【対象者】

  • 定期借家契約された方

山口市空き家バンク家財道具等処分事業補助金

【補助金額】

  • 空き家の家財道具等の処分費用の半額、最大10万円

山口市空き家バンク改修事業補助金

【補助金額】

  • 住むことを目的として住居を改修する経費を最大60万円
    ※年齢、空き家の所在地によって補助上限、補助率が変動

山口市空き家バンク制度

山口市内の空き家の情報収集に活用できる「すむ住む山口」にて情報を発信しています!

山口市の家賃相場・土地相場は?

山口県山口市の家賃相場は、2020年7月時点で、1戸建ての平均家賃が、1ヶ月当たり約25,000円(税込)であるといわれています。

また、山口県山口市の土地相場は、2020年7月時点で、1坪当たりの平均価格が約2,000円(税込)であるといわれています。

まとめ

自治体によって移住者に対して特に力を入れているサポートは様々。本サイトでほかの自治体に関する移住支援制度や、自治体ごとの特徴について情報収集して納得のいく移住・二拠点生活を実現してくださいね!

【あわせて読みたい記事】

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」
 
そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!
 

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

JOIN US!

会員登録するとできること