magazine

【長野県軽井沢町 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

目次

【長野県軽井沢町 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説 | 二拠点生活

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」

そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から
本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

 

長野県軽井沢町は、避暑地・別荘地として有名な街です。人口約2万人の小さな都市ながら、古くから国際交流が盛んで「国際観光文化都市」に指定されています。

軽井沢町の特徴と、軽井沢町に移住したときに利用できる制度や支援金について解説します。

長野県での二拠点生活や移住を検討されている方はぜひこちらの記事も参考にしてみて下さいね!

長野県のおすすめ情報

本記事では語りつくせなかった、長野県が行っている支援制度をより詳細にお伝えします

実際に移住や2拠点生活をされている方のインタビュー記事を読むことで移住後のイメージが湧きますよ。

軽井沢町の特徴

軽井沢町は、複合商業施設・アウトレットや観光客向けのお店がたくさんあり、買い物や飲食には困りません。

都心からのアクセスも抜群で、過ごしやすい環境の街です。近年は、新幹線通勤している方や、快適なデュアルライフを送っている方が増えています。

自然が豊かで都心へのアクセス抜群!2拠点生活に最適

軽井沢町は夏はとても涼しく快適で、 空気も澄んでいます。自然豊かで、ストレスなく暮らしやすい住環境です。

また、東京まで新幹線で1時間。普段は住みやすい軽井沢町で快適に暮らしながら、用事があるときには、東京に簡単に出かけることができ、2拠点生活には最適です。

子育て世代の移住者が急増中の活気ある街

軽井沢町は妊婦・18歳までの子どもの月500円を超える医療費を町が負担する福祉医療費給付制度や、幼児2人乗り自転車購入時の助成制度など、さまざまな子育て支援サービスがあります。

充実した子育てサポートや、整った教育環境が評判となり、子育て世代を中心に移住先として注目を集めている軽井沢町。人口が前年より500人以上増加しており、全国の町村で最も人口が増えた町です。

日本屈指のリゾートタウンで快適なデュアルライフ

日本屈指の高原リゾートタウンとして知られる軽井沢町は、ゴルフ場やスキー場、テニスコートなどのレジャー施設や、美術館などの文化施設がたくさんあり、1年中楽しめます。

休日に家族でのお出かけを楽しめる街で、デュアルライフを心置きなく満喫できます。

軽井沢町の移住支援制度を利用して、かしこく移住

軽井沢町には、移住支援金のような制度がありませんが、環境に配慮した住宅への補助制度があるので、対象者や、定住支援・補助の内容を解説します。

移住支援制度が適用できる対象者

長野県軽井沢町には、環境に配慮した新築住宅の購入または、既存住宅の省エネルギー化の改修を支援する「地球温暖化対策住宅促進補助金」があります。

対象者は長野県が交付する「環境配慮型住宅助成金」または、「信州健康エコ住宅助成金」の交付決定を受けている人になります。長野県の環境配慮型住宅助成金と信州健康エコ住宅助成金の詳しい説明については、長野県のHPをご確認ください。

長野県「環境配慮型住宅助成金」ページリンク

長野県「信州健康エコ住宅助成金」ページリンク

移住支援制度

長野県軽井沢町の「地球温暖化対策住宅促進補助金」における、支援内容は以下のとおりです。

  • 県助成金の額×2分の1
  • 上限40万円

制度の詳しい説明については、軽井沢町のHPをご確認ください。

軽井沢町「地球温暖化対策住宅促進補助金」ページリンク

【あわせて読みたい記事】

【二拠点生活に最適な別荘をご紹介】

2023年3月24日現在で募集中の軽井沢町にひっそり佇む別荘を紹介している、Dual estateの運営を開始しました。ご参考までにどうぞ!

https://besso.dual-life-iju.com/44562-2/

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」
 
そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!
 

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

JOIN US!

会員登録するとできること