二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ツイッターアイコン インスタグラムアイコン

二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ホーム 記事一覧 サラリーマンが二拠点生活する際の注意点とは?メリットやデメリットもあわせて解説

サラリーマンが二拠点生活する際の注意点とは?メリットやデメリットもあわせて解説

公開日:2022.12.11 最終更新日:2023.01.16
サラリーマンが二拠点生活する際の注意点とは?メリットやデメリットもあわせて解説

サラリーマンとして働きながら移住するのは、仕事や家庭の都合により難しいかもしれません。しかし二拠点生活なら、やり方次第で実現できる可能性があるのです。

この記事では、サラリーマンの二拠点生活について解説します。

  • 仕事と二拠点生活を両立させる方法を知りたい
  • 二拠点生活のメリットとデメリットとは何か
  • 二拠点生活をする際の注意点を教えてほしい

上記のような悩みを持つ人は、ぜひ最後までお付き合いください。

働きながら二拠点生活を楽しむ方法がわかるようになります。

目次

サラリーマンでも二拠点生活はできる

結論からお伝えすると、サラリーマンが二拠点生活をすることは可能です。

ただし前提として、事前の計画と会社・家族の協力が欠かせません。

社会情勢の変化は、結果として二拠点生活のハードルを下げました。

たとえばテレワークやリモートワークを実施する企業は増えており、毎日の通勤が当たり前ではなくなった人もいるでしょう。

そうすると都市部に居続ける必要はなくなります。このような流れは、移住に関心があるサラリーマンを後押しする形となりました。

コロナ禍をきっかけに、移住への意欲が高まった人もいるでしょう。やる気さえあれば、仕事に支障が無い範囲内で二拠点生活を実行に移せます。

とはいえ仕事や住まいを変えるとなると思い切った決断が必要です。そこで複数の場所を行き来する二拠点生活に注目が集まっていると考えられます。

【タイプ別】サラリーマンの二拠点生活とは

サラリーマンが二拠点生活をする場合、3つのタイプに分けられます。

以下では、それぞれについて解説しましょう。

【参考記事】

あなたはどのタイプ?目的別に5タイプある二拠点生活(デュアルライフ)のスタイルを解説

仕事と趣味を切り分けるタイプ

このタイプに当てはまるのは、下記のような人です。

  • 平日は仕事に集中し、週末は趣味を思う存分楽しみたい
  • 日頃のストレスを解消するために自然と触れ合いたい
  • 居場所を変えてオンとオフを切り替えたい

一家の大黒柱であるサラリーマンは、なかなか自分の時間を確保できません。そこで都会と田舎を行き来し、リフレッシュしたい人もいるでしょう。

周囲の環境が心身に与える影響は大きいため、良い刺激になると期待できます。

自然豊かな場所で過ごしたいタイプ

以下のような人は、このタイプに該当するでしょう。

  • 田舎で幼少期を過ごした人
  • 進学や就職で上京し、都市部に住んでいる人
  • 都会の喧騒から一時的に離れたい人

もともと田舎で生まれ育った人は、自然の中にいると癒やされる感覚があるのではないでしょうか。多感な幼少期を過ごした場所は、原点といっても過言ではありません。生まれ故郷でなくても、自然豊かな土地であれば同様の効果を得られるでしょう。

都市部は便利な反面、息苦しさや圧迫感を感じるときもあります。

たまの息抜きに田舎へ行き、二拠点生活で英気を養うのもいいですね。

家庭の事情で二拠点生活になるタイプ

なかには意図せずして二拠点生活を開始した人もいるのではないでしょうか。

たとえば以下のようなケースが該当します。

  • 実家で暮らす高齢の両親の様子を見るために帰省する
  • 空き家になった実家を管理する必要がある
  • 配偶者が単身赴任で別の場所に仮住まいしている

親元を離れて暮らす子どもは多数いるため、高齢化とともに介護問題に直面するケースは相当な数になると考えられます。また空き家を相続して管理する必要に迫られるパターンもあるでしょう。

夫ではなく妻が単身赴任しており、家族に会うため定期的に別の場所に滞在する場合も想定されます。

サラリーマンが二拠点生活をする際の注意点とは

続いては、サラリーマンが二拠点生活をするうえで知っておきたいポイントを紹介します。

組織に所属して働く以上、自分の都合を優先させるのは不可能です。周囲への気配りがあってこその二拠点生活だと心得てください。

会社に事情を伝える

二拠点生活をしたい旨を所属部署に伝え、密に連絡を取れる環境を整えましょう。

仕事は報連相なくして成り立ちません。特に直属の上司とはよく話し合うべきです。

管理職として部下を束ねる立場にあるなら、緊急のトラブルに対応しなければならない場合も考えられます。万が一に備えて、出社できる範囲内に第二の拠点を構えるといいですね。

家族の理解を得る

サラリーマンが二拠点生活する場合、家族を連れていくわけではないためハードルは多少下がります。とはいえ家庭全体に関わる問題であるため、きちんと了承を得ましょう。

なぜ二拠点生活をしたいのか、理由を明確に伝えるといいですね。

子どもの有無や年齢によっては、配偶者に負担をかける可能性があります。特に子どもが小さいうちは育児が大変なため、なるべく家庭の都合に合わせて行動すべきでしょう。

夫婦だけ、あるいは子どもが独立している世帯ならそれほど難しくないかもしれません。

滞在期間が長い場所に住民票を置く

二拠点生活をする場合、住民票をどこに置くか考えてください。なぜなら、住民票は行政サービスを受けるうえで必須だからです。

結論としては、より長く過ごす場所を本拠地とするのが最善の選択ですね。たとえば病気やケガをした際に、必要な治療を受けられないと困ります。

忘れてはならないのが、免許の更新に関する問題でしょう。住民票がある場所に通知が届くため、利便性を考慮して滞在期間が長い場所に置くべきです。

運転免許は二拠点生活の足であり、移動に欠かせません。別の場所にいてうっかり更新を忘れていたという事態は避けたいですね。

【参考記事】

二拠点生活をするとき住民票ってどうしてる?デュアルライフを始める手順を分かりやすく解説

サラリーマンが二拠点生活をするメリット・デメリットとは

二拠点生活をするなら、メリットとデメリットを知っておく必要があります。

サラリーマンならではの内容も交えているため、参考にしてください。

メリット

まずは良い部分から説明していきます。

メリットだけに注目してはいけませんが、頭に入れておきましょう。

転職活動をする必要がない

会社勤めをしつつ二拠点生活をする場合、仕事はそのままでプレ移住生活を楽しめます。

これはサラリーマンならではのメリットではないでしょうか。さらに福利厚生があるため、その点も大きな利点となります。

移住するうえで大きな壁となるのは、収入源の確保です。地方都市に仕事がないとはいいませんが、有効求人倍率は低い傾向にあります。希望する職種の求人が見つからない可能性もあるでしょう。

なかには起業して経営者になったり、フリーランスに転身したりする人もいます。いずれにしても、安定した収入を得られるまでは安心できません。

会社員だから大丈夫とは言い切れませんが、正社員の身分を安易に手放すべきではないですね。

第三の居場所ができる

サラリーマンは、職場と自宅を往復する生活になりがちです。最近は在宅ワークが増えて、オンラインでの業務に疲れを感じている人もいるかもしれません。

二拠点生活になると、メリハリのある日常が待っています。仕事と余暇を楽しみたいなら、思い切ってサードプレイスに飛び込んでみましょう。

サラリーマンに限らず、交流の輪を広げることは人生の質を向上させることにつながります。居場所が変われば視野が広がり、仕事にも良い影響が生じるかもしれません。地域住民との交流で精神的な豊かさも手に入るでしょう。

人生の選択肢が増える

サラリーマンはどうしても通勤時間を考えて住まいを選ばなければなりません。

会社勤めをしている以上は致し方ないのですが、アクティブに活動したいと考えている人もいるはずです。

そんな願いを叶えてくれるのが二拠点生活なのです。都会暮らしと田舎暮らしの良い部分を体験できるでしょう。いつか本格的に移住したい人は、プレ移住を目的として二拠点生活してみるのも有効な手段です。

田舎では地域住民だけでなく、移住者とも親しくなる機会があるかもしれません。多様な働き方や生き方があると肌で感じられ、人生の選択肢が増えると期待できます。

デメリット

以下ではマイナスの部分を紹介します。どうしてもメリットに目が向きがちですが、デメリットも把握しておかなければなりません。

安易な気持ちで二拠点生活を実行し、後悔しないようにしてください。

二拠点分の生活費がかかる

複数の場所で暮らすなら、当然その分の生活費が増えます。単純に考えると2倍になり、資金の確保が課題となるでしょう。

  • 食費
  • 家賃
  • 水道光熱費
  • 固定資産税

これらに加え、DIYや庭仕事にかかる費用や暖房費なども上乗せされます。各自の生活スタイルによって支出が異なるとはいえ、それなりの負担になると心得ましょう。

【参考記事】

デュアルライフ(二拠点生活)はどのくらい費用がかかるの?デュアルライフ時に必須のお金の知識を解説 | 二拠点(デュアル)・移住ライフ大学 | 理想の暮らしを叶えるメディア

交通費がかさむ

二拠点を行ったり来たりするうえで、交通費は必要経費となります。

  • ガソリン代
  • 高速料金
  • 高速バスの料金
  • 飛行機や新幹線のチケット代

これらは削れない費用ですので、安く抑えるには往来の頻度や滞在期間を考えなければなりません。

移動時間や距離が長いと、第二の拠点に行くのが面倒になります。近すぎず遠すぎず、ちょうどよい場所を選びましょう。

リモートワークができない場合もある

二拠点生活をするうえで、リモートワークは必須です。

しかし職種によっては、出社が義務付けられている場合もあるでしょう。あるいは企業の方針で在宅ワークができず、通勤が不可欠なケースもあります。

たとえリモートワークできるとしても、なかには変則的な勤務体制の人もいるでしょう。週末に必ず休めるとは限らず、予定を組むのが難しいパターンも想定されます。

上記のような事情を抱えているサラリーマンだと、二拠点生活を実行するのは至難の業かもしれません。

サラリーマンが二拠点生活で出費を抑える方法とは

最後に、二拠点生活の支出をできるだけ減らす方法を解説します。

出費を抑えたい人は参考にしてください。

結論としては、実家を第二の拠点にすることを推奨します。もともとある家を活用すれば、新たな住まいを購入する手間と費用が省けてお得ですね。

二拠点生活や移住において、初期費用は大きな負担になりがちです。この初期費用には住居費が含まれており、賃貸にしろ持ち家にしろ、まとまった金額が必要になるのです。したがって、この部分を削減できれば節約できるでしょう。

空き家になって久しいと修繕費用がかかるかもしれませんが、実家の管理も兼ねて滞在できるメリットは大きいはずです。

高齢の両親の様子を見に行ったり、介護や身の回りの世話をしたりすると喜ばれるのではないでしょうか。

二拠点生活を成功させるコツを知ろう

サラリーマンが二拠点生活をするのは難しいイメージがありますが、周囲への配慮と事前の準備さえできれば可能です。メリットやデメリットを踏まえ、サラリーマンならではの注意点を知っておきましょう。

移住に関心がある人は、予行練習として二拠点生活してみると参考になります。仮に上手く行かなかったとしても、戻れる場所があると心強いのではないでしょうか。

この記事を参考に、二拠点生活を実現する手だてを考えてみてください。

【参考記事】

デュアルライフ(二拠点生活)とは?仕事や費用とメリット、デメリットや全国おすすめの場所を解説

理想のデュアルライフ(二拠点生活)を成功させる具体的な手順と方法を徹底解説。支援制度も

                 

人気サービス

                       
波
車 イラスト 木 イラスト 木 イラスト
おすすめ記事

おすすめ記事

おすすめ記事
新着記事

おすすめサービス

新着記事
  •                    
パラソルのイラスト 釣りのイラスト
新着記事

新着記事

新着記事
パラソルのイラスト 釣りのイラスト