magazine

七飯町へ移住され畜産業を営むYさん。養豚、豚肉販売を経営。隔週土日のみの販売で即完売!

目次

七飯町へ移住され畜産業を営むYさん。養豚、豚肉販売を経営。隔週土日のみの販売で即完売! | 移住生活

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」

そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から
本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

 

この記事を読んでいるあなたは、漠然と「田舎暮らしに興味がある!」「自然豊かな田舎に住んでみたい!」といった気持ちを抱いているのではないでしょうか。

または旅行先でその土地に一目惚れ、いつか移住したい!という夢を抱いたことはありませんか?

この記事では、神奈川県出身で北海道新得町→七飯町へ移住されたYさんのインタビュー記事をご紹介します。

後半では移住を検討している方に向けて注意すべきことや、メッセージもあるので、ぜひ、最後までお読みください!

プロフィール

2010年4月に北海道七飯町へ移住。以前は、農業に従事していたが、七飯町への移住を機に現在は、養豚、豚肉販売を行っている。家族構成は奥様と娘さんがおふたり。出身は神奈川県で北海道新得町を経て七飯町へ移住されました。

移住しようと思ったきっかけは思ったきっかけは?

新規就農の土地を探していたことがきっかけでした。

このまちを移住の地として選んだ理由は?

食材が豊富にあり、函館市へも近くまた知人が多く住んでいることもこの地を選ぶ大きな決め手となりました。

移住前と移住後で気持ちの変化は?

移住前は不安も多くありましたが、現在は安心して暮らしています。

移住して良かった良ところは?

大沼は非常に景色が良いところです。

また、周りの人たちもやさしく、支えられることが多くあります。

子供たちが通う学校の児童数は少ないですが、非常に楽しく過ごしています。

移住をして苦労した事は?

大沼は市街地やお店から離れているので、最初は不便と感じるかもしれません。

函館に向かう国道がたびたび渋滞することもあります。

子供が遊びに行く際には、車で送迎することも多いですね。

夏は蚊が多く、冬は北海道なのでそれなりに寒いですよ。

移住希望者へのメッセージがあればお願いします!

私たちが住んでいる大沼地域は移住者が案外多く、皆さん快く受け入れてくれている感じがあります。

子供がいる場合は、学校・保育園との距離を検討された方がいいと思います。七飯町(特に大沼)は素晴らしい所です!!

北海道のおすすめ情報

気になった市町村がある方は、自治体ごとの特徴や支援制度について情報収集をしましょう!

実際に移住や2拠点生活をされている方のインタビュー記事を読むことで移住後のイメージが湧きますよ。

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」
 
そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!
 

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

JOIN US!

会員登録するとできること