magazine

【埼玉県川口市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

【埼玉県川口市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説 | 二拠点生活
「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちが
あるのでは…」


そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から
本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の
「住みたいまち検索」だけです。

埼玉県川口市への移住を考えている方にとって気になるのは、やはり移住に対しての支援制度ではないでしょうか。また、近年のテレワーク導入の流れを受けて、デュアルライフを考えている方も以前に比べると増えてきています。

そこで今回は、埼玉県川口市の移住やデュアルライフに対する移住支援制度について解説していきます。

埼玉県での二拠点生活や移住を検討されている方はぜひこちらの記事も参考にしてみて下さいね!

埼玉県のおすすめ情報

気になった市町村がある方は、自治体ごとの特徴や支援制度について情報収集をしましょう!

実際に移住や2拠点生活をされている方のインタビュー記事を読むことで移住後のイメージが湧きますよ。

川口市の特徴

埼玉県の南東部に位置し、中核市・保健所政令市に指定されている川口市。人口は約60万人を誇っています。人口の多さは県庁所在地のさいたま市に次いで県内2位です。そんな川口市にはどのような特徴があるのでしょうか。

都心へのアクセスが良いベッドタウン

川口市は大部分が都心から10〜20km圏内に含まれており、東京に直接アクセスできる京浜東北線や武蔵野線、埼玉高速鉄道も走っています。

また、都心だけでなく千葉や神奈川への通勤・通学にも便利で、都心近接のベッドタウンとして発展が進んでいます。

植木の生産が盛ん

川口市では古くから、植木や花の生産が盛んです。現在川口市内には、以下のような多くの植物に関連する施設があり、多くの植物を鑑賞して楽しむことができます。

  • 川口市立グリーンセンター:多数の熱帯植物温室、バードセンター、鑑賞温室
  • 埼玉県花と緑の振興センター:植物に関する多くのイベント

また、緑化の展示会や講習会も開催されているため、ガーデニングに興味がある方や緑を大切にしたデュアルライフを送りたい方におすすめです。

子育てへの支援が充実

川口市では子育てへの支援が非常に充実しています。

  • 認可されている幼稚園へ通っている家庭への補助金が支給
  • 医療費の助成
  • 認可外の保育施設に通う世帯への助成

ほかにもさまざまな支援が備えられており、子育てに関する助成金を受給することができます。2拠点生活先で子育てを考えている方には、おすすめの環境です。

川口市の移住支援金制度を活用しよう

川口市では、移住を行う方に対する移住支援金制度は実施されていません。しかし、定住を促す支援・補助制度があります。

ここでは、移住・住みかえ支援機構の「マイホーム借上げ制度」について解説していきます。

移住支援制度が適用できる対象者

マイホーム借上げ制度対象者は主として子育て世代(20代〜40代)の方となっています。また、住宅の状態などの理由で一定の賃貸収入を確保することが必要な場合にのみ、事務所・店舗等の目的での利用も可能となる場合があります。

ほかにも細かな条件がいくつかありますので、詳しくは川口市のHPをご確認ください。

川口市「マイホーム借り上げ制度」ページリンク

移住支援制度

埼玉県川口市の「マイホーム借上げ制度」における、支援内容は以下のようになっています。

  • 良質な住宅を相場よりも10%から20%程度安い家賃で賃貸
  • 敷金・礼金が不要(契約時の仲介手数料、更新手数料などは必要)
  • 3年毎に優先して再契約
  • 入居者による壁紙など一定の改修が可能

制度の詳しい説明については、川口市のHPをご確認ください。

川口市「マイホーム借り上げ制度」ページリンク

【あわせて読みたい記事】

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」

そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

JOIN US!

会員登録するとできること