magazine

【佐賀県鳥栖市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

目次

【佐賀県鳥栖市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説 | 二拠点生活

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」

そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から
本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

 

鳥栖市は佐賀県の東端に位置する町で、佐賀県内でも第三位となる約7万4千人の人口を誇る都市です。

鳥栖市の由来となった「鳥の栖(すみか)」という言葉からもわかる通り、市内全域で全147種もの野鳥を確認できる、自然に恵まれた街となっています。

この記事ではそんな鳥栖市の魅力と、鳥栖市に移住する際に活用できるお得な支援制度について解説していきます。

佐賀県での二拠点生活や移住を検討されている方はぜひこちらの記事も参考にしてみて下さいね!

佐賀県のおすすめ情報

気になった市町村がある方は、自治体ごとの特徴や支援制度について情報収集をしましょう!

実際に移住や2拠点生活をされている方のインタビュー記事を読むことで移住後のイメージが湧きますよ。

鳥栖市の特徴

Jリーグの「サガン鳥栖」、Vリーグで活躍する女子バレーボールチーム「久光スプリングス」をはじめ、スポーツの街としても知られる鳥栖市。

そんな鳥栖市は今流行りの2拠点生活、デュアルライフを送るのに最適な環境です。続いてはなぜ鳥栖市が2拠点生活やデュアルライフに向いているのか、鳥栖市の魅力と一緒に紹介していきます。

都会へのアクセス良好!鳥栖市で送る快適なデュアルライフ

新鳥栖駅から博多まで最短で12分。鳥栖駅からなら17分と都会から離れすぎてない鳥栖市は、2拠点生活を送るに絶好の土地だといえます。

都会から12分しか離れていない場所にいながら、自然あふれる街並みも楽しめるのが鳥栖市の魅力の一つです。

「活力のある都市」鳥栖市で実現する2拠点生活

鳥栖市は2016年度版の「活力ある都市ランキング」で九州第三位に輝くなど、全国からも注目されています。

日本全国で減り続けている人口も、鳥栖市では人口増加率が県内一位となっており、鳥栖市が住みやすい街であることの裏付けといえるでしょう。

鳥栖市の移住支援制度について

鳥栖市では東京圏からの移住を後押しするために、手厚い移住支援制度が用意されています。

続いては、鳥栖市の移住支援制度について見ていきましょう。

移住支援金について

鳥栖市の移住支援金は以下の通りです。

  • 2人以上の世帯:100万円
  • 単身世帯:60万円

移住支援制度の対象者など細かい条件などは鳥栖市の公式HPをご覧ください。

鳥栖市移住支援金ページリンク

鳥栖市が行なっている支援制度一覧

鳥栖市は移住制度のほかにも、お得な支援制度が用意されています。

簡単な制度内容の紹介と一緒に以下に記載していますので、ご覧ください。

支援制度名 支援制度内容
地方創生移住支援金 東京23区に在住又は通勤していた方のうち、鳥栖市に移住し、一定の条件を満たす就業又は起業等を行った方に対して移住支援金が交付される
河内町お試し住宅 利用料無料で鳥栖市の暮らしを体験できる

支援制度についての詳しい内容については、鳥栖市の公式HPをご覧ください。

鳥栖市支援制度ページリンク

【あわせて読みたい記事】

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」
 
そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!
 

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

JOIN US!

会員登録するとできること