magazine

【京都府宇治市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

目次

【京都府宇治市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説 | 二拠点生活

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」

そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から
本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

 

京都府宇治市は、京都府の南部に位置する府内第二の都市で人口は約17万7千人。 市の中央部分には風光明媚な宇治川が流れ、多数の社寺仏閣等の豊かな 歴史・文化遺産に恵まれた街です。

ここでは、宇治市の特徴と、市に移住したときに利用できる制度や支援金について解説します。

京都府のおすすめ情報

気になった市町村がある方は、自治体ごとの特徴や支援制度について情報収集をしましょう!

実際に移住や2拠点生活をされている方のインタビュー記事を読むことで移住後のイメージが湧きますよ。

宇治市の特徴

宇治市は、2拠点生活をするにあたって、以下の魅力がある街です。

電車で京都から約17分、大阪から約51分とアクセス◎
人気観光・お出かけスポットが多数ある街でデュアルライフ

では、一つずつご紹介していきましょう。

電車で京都から約17分、大阪から約51分とアクセス◎

宇治市は、電車で京都駅から約17分、大阪から約51分とアクセス抜群。市内にJR奈良線・近鉄京都線の駅と京滋バイパスのインターチェンジがあり、各地への移動もスムーズ。

2拠点生活に最適な都市といえます。

人気観光・お出かけスポットが多数ある街でデュアルライフ

世界遺産の平等院・宇治上神社や、宇治のシンボル的存在の「宇治橋」など観光スポットが多数ある宇治市。バーベキューやキャンプなどを楽しめる「アクトパル宇治」や宇治市植物公園などお出かけスポットが多数あり、香り高い抹茶やほうじ茶を使ったスイーツなどの食べ歩きも楽しめます。

また、ショッピングセンター・大型スーパー・家電量販店・ホームセンターや各種チェーン店が揃っており、外食や普段の買い物に困らない街で、快適なデュアルライフを過ごしてみませんか。

宇治市の移住支援制度

デュアルライフを過ごすにあたって知っておきたい、宇治市の特徴についてご紹介しました。

ここからは、いざ移住する際に便利な市の移住支援制度等について解説します。

移住支援制度に関する情報

宇治市には、「移住支援金」のような制度はありませんが、「宇治市三世代近居住宅支援事業補助金」という空き家を活用した三世代近居に対する補助金があります。住宅リフォーム・購入・賃借、それぞれ補助及び加算される金額は下記のとおりです。

  • 住宅リフォーム事業:リフォームに係る工事費の2分の1(上限100万円)+加算額25万円
  • 住宅購入事業:購入に係る仲介手数料の2分の1(上限40万円)+加算額10万円
  • 住宅賃借事業:賃借に係る仲介手数料の2分の1(上限5万円)+加算額1万円

そのほか制度の詳しい説明については、「宇治市三世代近居住宅支援事業補助金」のHPをご確認ください。

宇治市が行っている支援制度一覧

宇治市には、そのほかにも、さまざまな支援制度があります。どんな制度があるのかをまとめてご紹介しますので、移住をお考えの方はぜひ参考にしてください。

支援制度名 支援制度内容
ゼロ・エネルギー・ハウス普及促進事業費補助金 支給額:1件あたり30万円

対象者:戸建専用住宅にZEHを導入し環境省のZEH補助金の交付確定を受けた方

補足事項:申請者が居住していない場合は対象外

景観形成助成制度 支給額:宇治市の査定額の2分の1以下。助成内容は以下のとおり建築物・工作物・そのほか景観形成のための目隠し、改善工事:上限100万円景観重要建造物の現状維持、又は復元修理のための工事:上限300万円景観計画重点区域の屋外広告物の工事:上限50万円景観計画重点区域の市長が特に必要と認める工事:上限100万円

対象者:宇治市の景観形成助成基準に適合する工事

補足事項:市が指定した助成対象区域内の工事に限る

緑化助成事業 支給額:緑化に要する経費の2分の1以内ブロック塀からの転換:上限10万円生垣緑化の新設、そのほかの緑化:上限5万円

対象者:宇治市内に居住し、当該居住地において緑化を行う方

宇治市創業支援補助金 支給額:補助対象経費の3分の1(上限100万円)に下記金額を加算創業者が市外から移住:10万円創業者が若者:10万円市内新規雇用1人あたり10万円(上限30万円)空き家等活用:30万円

対象者:市内で新規創業または第二創業を行う方等

補足事項:応募数や審査結果、市予算によって指定されない場合あり

子育て支援医療 支給額:1医療機関につき、1か月200円を除く自己負担額

対象者:宇治市在住で中学校3年生までの子ども    

補足事項所得制限なし

詳しい内容については、宇治市支援制度ページリンクをご覧ください。

まとめ

宇治市は子育てや福祉支援に力を入れているため安心して子育てをすることができそうです。

田舎暮らしがしたいけど、都市部へのアクセスも重視している方は検討しても良いでしょう。

自治体によって移住者に対して特に力を入れているサポートは様々

本サイトでほかの自治体に関する移住支援制度や、自治体ごとの特徴について情報収集して納得のいく移住・二拠点生活を実現してくださいね!

【あわせて読みたい記事】

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」
 
そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!
 

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

JOIN US!

会員登録するとできること