magazine

【神奈川県横須賀市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

目次

【神奈川県横須賀市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説 | 二拠点生活

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」

そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から
本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

 

神奈川県横須賀市は、住むまちとしての都会的な暮らしと、海や緑あふれるまちが両立した都市です。

今回は、横須賀市の基本情報と移住するにあたって知っておきたい市の特徴、移住支援制度についてご紹介します。

神奈川県のおすすめ情報

気になった市町村がある方は、自治体ごとの特徴や支援制度について情報収集をしましょう!

実際に移住や2拠点生活をされている方のインタビュー記事を読むことで移住後のイメージが湧きますよ。

横須賀市の特徴

横須賀市は、2拠点生活するにおいても、以下の点で非常に優れた都市です。

  • まちと自然との距離感がちょうど良い
  • 都内までの移動が便利
  • 子育て支援制度が充実している

では、一つずつご紹介します。

ほどよく都会で自然との距離も近い横須賀市

三島半島に位置する横須賀市は、海と緑に囲まれた自然豊かな場所でありながらも、生活に必要なものは全て揃った便利な都市です。

学校や病院、郵便局はもちろん、スーパーやコンビニなどもあります。また、横須賀市は観光スポットやイベントが多い都市でもあるので、住んだ後に退屈することもありません。

2拠点生活に最適!都内までの交通アクセスが良い

横須賀市は、神奈川県に位置していることから東京都内へのアクセスが非常に便利です。主要駅である横須賀中央駅から品川駅までは快速特急で44分で到着します。

移住や2拠点生活を始めるにあたって、都内へ用事があったり通勤したりする場合でも問題ないですね。

子育て支援が充実した横須賀市で快適なデュアルライフ

横須賀市は、子育て世代の定住に力を入れているため、子育て支援が比較的充実した都市です。

のちにご紹介する「子育てファミリー等応援住宅バンク」での補助金制度はもちろん、子どもの「一時預かり」もおこなっています。

料金は300円から500円なので、気軽に子どもを預けることができますね

子育て世代の家庭でも、横須賀市であれば安心して移住やデュアルライフが楽しめるかもしれませんね。

【あわせて読みたい記事】
実際に移住された小林さんの子育てを充実させた工夫を知ることができますよ

横須賀市の移住支援制度でかしこく移住

横須賀市には移住支援制度がありませんが、代わりに定住を促す支援・補助制度があります。ここでは、その対象者や、定住支援・補助の内容を解説します。

移住支援制度が適用できる対象者

横須賀市では、中古住宅の流通と子育て世代の定住を促進するために、「子育てファミリー等応援住宅バンク補助金」の制度が設けられています。

具体的な対象者は以下のとおりです。

  • 「子育てファミリー等応援住宅バンク」に記載された戸建て中古住宅を購入していること
  • 中学校3年生までの子どもがいるか、夫婦ともに50歳未満であること
  • 実績報告までに住民登録を終えること
  • 過去に同じ補助金の交付を受けていないこと
  • 市税を滞納していないこと

移住支援金

神奈川県横須賀市の「子育てファミリー等応援住宅バンク」における、支援金額は2種類あり、重複して支援金を受けることができます。

支援金額は、以下のとおりです。

  • 物件購入助成:35万円(購入した中古住宅の不動産売買代金)
  • リフォーム・解体助成:15万円(購入した中古住宅のリフォーム費用の2分の1または解体後に新築する場合の解体工事費用の2分の1)

申請のタイミングや制度の詳しい説明については、横須賀市のHPをご確認ください。

横須賀市移住支援金詳細ページリンク

まとめ

横須賀市では人気の移住や二拠点生活スポットなので、直接的に移住した際に恩恵を受けられるような支援金などの制度はなさそうです。しかし、移住者も多いためはじめて移住や二拠点生活をする方にとっては馴染みやすい土地であるといえるでしょう。

自治体によって移住者に対して特に力を入れているサポートは様々

本サイトでほかの自治体に関する移住支援制度や、自治体ごとの特徴について情報収集して納得のいく移住・二拠点生活を実現してくださいね!

【あわせて読みたい記事】

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」
 
そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!
 

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

JOIN US!

会員登録するとできること