magazine

【北海道小樽市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

目次

【北海道小樽市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説 | 二拠点生活

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」

そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から
本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

 

北海道小樽市は、日本でも有名な港湾都市で、北海道の観光スポットとしても知られています。今回は、小樽市の基本情報と移住するにあたって便利な特長、移住支援金制度についてご紹介します。

北海道での二拠点生活や移住を検討されている方はぜひこちらの記事も参考にしてみて下さいね!

北海道のおすすめ情報

気になった市町村がある方は、自治体ごとの特徴や支援制度について情報収集をしましょう!

実際に移住や2拠点生活をされている方のインタビュー記事を読むことで移住後のイメージが湧きますよ。

小樽市の特徴

観光地としてよく知られる小樽市は、2拠点生活するにおいても、以下の点で非常に優れた都市です。

  • 自然が豊かで過ごしやすい
  • 交通の便が充実している
  • 地元を感じられる生活

では、ひとつずつご紹介します。

北海道の自然豊かな小樽市

小樽市は、とにかく自然が豊かで四季折々の変化を感じられる都市です。海と山が共存する小樽市では、春はハイキング、夏は海水浴が楽しめます。

秋は紅葉、そして冬にはパウダースノーが楽しめます。このように、小樽市は自然が豊かでありつつも、スーパーや郵便局、病院などの施設が充実しているので、生活上の不便さはあまり感じられません。

都会の騒々しさから逃れ、ほどよい田舎を求めるのなら、小樽市は2拠点生活にもってこいなのです。

2拠点生活に最適!交通の便が充実

これまで、小樽市の自然の豊かさについて説明してきましたが、同時に小樽市はどの交通手段をとっても交通の便が非常に優れています。そのため、2拠点生活で札幌などの都心部に行く必要性があっても交通手段に困ることはありません。

小樽市から「札幌駅」までは電車で30分ほど、「新千歳空港」へも約70分ほどで行けるので、空の便での移動も非常に便利です。また、市内外へのバス移動はもちろん、札幌・小樽間の直通バスもあります。車の移動も、札樽自動車道や後志自動車道のICがあるため、スムーズです。

北海道の港町小樽市で快適なデュアルライフ

自然豊かで移動にも不便しない小樽市は、地元を感じながらゆったりとしたデュアルライフを送りたい人にも最適な都市です。日本有数の港町である小樽市は、非常に海の幸に恵まれています。

市場に行けば地元の人との交流を楽しめると同時に、新鮮な魚介類が低価格で入手できます。こういった経験は、都心であればなかなか難しいものですが、港町である小樽ならではの特徴です。

小樽市の移住支援制度を利用して、かしこく移住

これまで、デュアルライフするにあたって知っておきたい、小樽市の特徴についてご紹介しました。ここからは、いざ移住する際に便利な市の移住支援金制度についてご紹介します。

移住支援制度が適用できる対象者

北海道小樽市の移住支援制度における、支援金額は以下のとおりです。

  • 市外から転入し、すでに市内に1年以上居住している者のうち、補助対象事業に係る住宅の購入等の契約者
  • UIJターン移住支援金の受給者世帯のうち、補助対象事業に係る住宅の購入等の契約者

ここでの補助対象事業とは、デュアルライフ目的の場合「中古住宅の購入」に値します。

移住支援金

小樽市の移住支援制度の対象者は、以下のとおりです。

  • 基礎額:30万円
  • 未就学児がいる場合:15万円加算
  • 18歳未満の子が2人以上いる場合:さらに15万円加算

申請のタイミングや制度の詳しい説明については、小樽市のHPをご確認ください。

小樽市移住支援金詳細ページリンク

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」
 
そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!
 

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

JOIN US!

会員登録するとできること