magazine

【群馬県太田市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

目次

【群馬県太田市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説 | 二拠点生活

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」

そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から
本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

 

住みよさランキング2021で群馬県内1位となった太田市は、過去にも10年連続県内1位を獲得しているほど人気がある街です。

人口は約22万人。ハイキングが手軽に楽しめる八王子丘陵や東日本で最大規模となる天神山古墳があり、自然や歴史に触れられます。

その一方で全国有数の工業都市でもあり、自動車メーカーの株式会社SUBARUの本工場があることでも知られています。主要な産業もあるため働き口も見つかりやすそうです。

この記事では、そんな太田市の特徴と、太田市に移住したいときに利用できる制度や支援金について解説していきます。

群馬県のおすすめ情報

気になった市町村がある方は、自治体ごとの特徴や支援制度について情報収集をしましょう!

実際に移住や2拠点生活をされている方のインタビュー記事を読むことで移住後のイメージが湧きますよ。

太田市の特徴

2拠点生活を始めるにあたって、太田市は以下の2点で非常に優れています。

  • どこでも好アクセスで、アクティブな2拠点生活が実現
  • 仕事と子育ての両立ができる子育て支援が充実

では、一つずつ確認していきましょう。

都心も海も好アクセス!充実の2拠点生活

「特急りょうもう号」で太田市から東京・浅草駅には約80分で到着。バスもあるので「BUSターミナルおおた」から熊谷まではバス、熊谷からは新幹線で都心へ向かうルートもあります。

高速道路を使用すれば、海に面した茨城県大洗に約90分でアクセス可能です。

平日は都心で仕事、休日は海でレジャーを楽しめるアクティブな2拠点生活が実現できそうですね。

仕事と子育てを楽しむデュアルライフで豊かな人生を

放課後に子どもを預けられる児童クラブなど、太田市では子育てのサポート体制が整っているので、共働きでも安心して仕事ができます。

また、子どもたちの可能性を引き出せる施設が充実しているのも、太田市の魅力の一つ。「ぐんまこどもの国」では子どもたちがのびのび遊べるアクティビティや、木工や陶芸を体験できる工房があります。

太田駅北口前には「太田市美術館・図書館」があり、目を引く建築デザインが特徴的。3万冊以上の蔵書やアートに関するイベントなどが開催され、知性と感性が刺激される太田市民のプラットホームです。太田市でなら、大人も子どもも創造性が育まれることでしょう。

太田市の移住支援制度

ここまではデュアルライフを過ごすにあたって知っておきたい太田市の特徴についてご紹介しました。ここからは、いざ移住する際に便利な太田市の移住支援制度等について解説します。

移住支援制度に関する情報

太田市では、単身での移住の場合は60万円、世帯での移住の場合は100万円を支給しています。支給対象者は以下の通りです。

  • 5年以上、東京23区に在住しているまたは通勤していた方
  • 太田市に継続して5年以上居住する意志がある方
  • 地域の担い手として就職される方で要件に当てはまっている方

上記対象者に関してはさらに細かい規定があります。申請にあたっては仮申請と本申請の2段階に分かれているので注意が必要です。詳細は太田市の移住支援事業詳細ページリンクを合わせてご確認ください。

太田市が行っている支援制度一覧

太田市には「移住支援金」以外にも、さまざまな支援制度があります。どんな制度があるのかをまとめてご紹介しますので、移住をお考えの方はぜひ参考にしてください。

支援制度名 支援制度内容
第3子以降子育て支援事業 1出産祝金 2保育所・認定こども園保育料免除 支給額:出産祝金10万円

対象者:3人以上養育している方

補足事項:保育料の免除あり (市外保育施設や準認可保育施設は助成)

不妊治療助成事業 支給額:①特定不妊治療(体外受精・顕微授精)   
    ・10万円を限度に、5年度分助成    
    ②特定不妊治療(体外受精・顕微授精)を除く治療  
    ・1年度あたり5万円を限度に、5年度分助成

対象者:不妊治療をしている方

補足事項:太田市へ申請する前に群馬県への申請が必要

放課後児童支援事業【こどもプラッツ事業】 対象者:小学1年生から6年生の留守家庭の児童

補足事項:平日の放課後〜17時45分まで
     長期休業期間は平日8時30分〜17時45分まで
     学習(宿題)の時間あり。異学年交流遊びなど
     月額 3,500円(8月のみ6,000円)

太田市奨学金(奨学金) 支給額:高校生等:月額13,000円(貸与)
大学生・大学院生等:月額33,000円(貸与)

対象者:進学の意欲と能力がありながら経済的理由によって進学困難な方

補足事項:対象者や貸与条件等は制度ごとに異なる

気になる支援制度の詳細については、太田市の公式HPをご覧ください。

まとめ

住みよさランキングで上位常連の太田市。その秘密は、子育て支援の手厚さや移住者も多いことで移住者同士のコミュニティや、まちへの馴染みやすさもあるでしょう。

また、東京都心へのアクセスの良さが魅力的。子育ても静かで自然豊かな環境できそうです。また、移住支援金制度もあるため引っ越しの負担なども軽減できそうです。

自治体によって移住者に対して特に力を入れているサポートは様々

本サイトでほかの自治体に関する移住支援制度や、自治体ごとの特徴について情報収集して納得のいく移住・二拠点生活を実現してくださいね!

【あわせて読みたい記事】

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」
 
そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!
 

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

JOIN US!

会員登録するとできること