magazine

【愛知県一宮市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

目次

【愛知県一宮市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説 | 二拠点生活

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」

そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から
本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

 

愛知県一宮市は、愛知県の北西部に位置しており、県内でも比較的大きな規模の都市として知られています。今回は、そんな一宮市の基本情報と移住するにあたって知っておきたい市の特徴、移住支援金制度についてご紹介します。

一宮市の特徴

喫茶店のモーニング発祥地とも言われる一宮市は、2拠点生活するにおいても、以下の点で非常に優れた都市です。

  • 名古屋までの距離が近い
  • 家賃が安い
  • 移住や子育て支援が充実している

では、それぞれご紹介します。

名古屋までの距離が近い一宮市

一宮市は、愛知県の中心都市である名古屋市まで電車で10 分の距離にあります。市内には、JR東海道本線、名鉄名古屋本線、名鉄尾西線の計3本の路線があり、駅は19駅ほどです。

名古屋駅まで出れば、大阪や東京方面も便利に移動できるため、デュアルライフで都心部へのアクセスを重視する方でも心配無用ですね。

2拠点生活に最適!家賃が安い

一宮市は、家賃相場が県内でも安いため、2拠点生活で家賃コストを抑えたい方にぴったりの場所だといえます。市内では、なんと5万円ほどで2LDKの物件に住むことができるのです。

2拠点生活となると、どうしても家賃の負担が大きくなりがちですが、一宮市であればその負担を軽減できますね。

移住や子育て支援が充実した一宮市で快適なデュアルライフ

一宮市は、子どもと一緒にデュアルライフを楽しみたい方に嬉しい制度が揃っています。まず、移住面に関しては、東京からの移住者に最大100万円の支給があります。

さらに、一宮市では中学3年生まで医療費が無料です。子どもの万が一の場合を考えて、医療費の負担がゼロになるのは嬉しいですよね。

一宮市の移住支援制度を利用して、かしこく移住

これまで、デュアルライフするにあたって知っておきたい、一宮市の特徴についてご紹介しました。ここからは、いざ移住する際に便利な市の移住支援金制度についてご紹介します。

移住支援制度が適用できる対象者

愛知県一宮市では、東京の一極集中と地方の担い手不足の解消のため、東京23区からの移住者に移住支援金制度が適用されます。一宮市の移住支援制度の対象者は以下のとおりです。

  • 住民票を一宮市に移す直前の10年間のうち、通算5年以上東京23区に在住または東京圏に在住し、東京23区へ出勤している方
  • 市の指定期間内に転入し、移住支援金を申請する者。また、5年以上住み続ける予定である方
  • 就職(移住就業者)に関する要件またはテレワークに関する要件のいずれかに当てはまる方

移住支援制度の対象者に関する詳しい情報は、一宮市の移住支援金ページをご覧ください。

一宮市移住支援金詳細ページリンク

移住支援金

一宮市の移住支援制度の支援金額は、以下のとおりです。

  • 単身の場合:60万円
  • 世帯の場合:100万円+18歳未満の子一人につき30万円の加算

申請のタイミングや制度の詳しい説明については、一宮市のHPをご確認ください。

一宮市移住支援金詳細ページリンク

【あわせて読みたい記事】

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」
 
そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!
 

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

JOIN US!

会員登録するとできること