magazine

一人暮らし、単身で移住したい方へ!向き不向きや単身で移住する際の後悔しないコツも紹介

一人暮らし、単身で移住したい方へ!向き不向きや単身で移住する際の後悔しないコツも紹介 | 移住生活
「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちが
あるのでは…」


そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から
本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の
「住みたいまち検索」だけです。
読了目安:2分20秒
 

 

新しい土地、新しいスタート。単身での移住は大胆な挑戦であり、一人だからこそ体験できる魅力冒険が待っています。

しかし、その背後には注意点落とし穴も。

単身移住の向き不向きを知り、失敗しないための秘訣を知れば、あなたも自信を持って新たな地に足を踏み入れることができるでしょう。

この記事では、一人暮らし・単身移住を成功させるためのヒントと、後悔しないためのコツを余すことなく紹介します。

冒険の準備はもうできていますか?

田舎へ一人で移住するメリット・デメリット

徳島県牟岐町の牟岐駅と田舎の町並み

徳島県牟岐町の牟岐駅と田舎の町並み



不慣れな土地での一人暮らしには、さまざまな不安がつきまといます。まずは単身で地方移住するメリットとデメリットを3つずつ説明しましょう。

単身移住のメリット

負の側面が強調されがちな地方移住ですが、もちろん良い部分もあります。都市部にはない豊かな自然やゆったりした生活をしたい人にとっては、いいコトづくめかもしれません。

自分の時間を楽しめる

都会で暮らしていると、いつも何かに急かされている感覚があります。

朝の通勤・家事・子どものお迎えなど、やるべき事の連続です。気づいたら一日が終わっているという感覚を持っている人は多いのではないでしょうか。

片や田舎では、殺伐とした雰囲気は皆無です。もともと時間軸が違うため、時間に追われる必要などありません。そのため基本的におおらかな人が多い傾向にあります。

したがって、精神的な豊かさを求めるなら田舎暮らしがおすすめです。

ただしスローライフだからといってのんびりできるとは限りません。想像以上にやる事が多い点は覚えておきましょう。

身の丈にあった生活に落ち着く

田舎で一人暮らしを始めると、それまでの人生観が一変するかもしれません。

都会では当たり前だった感覚が、根底から覆される可能性があります。周囲の環境に適応するために、変化を余儀なくされるでしょう。

わかりやすい例を出すと、金銭感覚の違いが挙げられます。田舎では価格競争がないため、物価が高くなりがちです。すると節約志向にならざるを得ず、必要最低限の物だけで生活する習慣が身につくでしょう。

別の言い方をすれば、都会の生活には無駄が多いといえます。田舎暮らしは身をもって「足るを知る」の精神を学べるライフスタイルなのです。

地域住民と濃いお付き合いができる


田舎では住民同士のつながりが強く、日頃の交流が生活の生命線として重要な役割を果たします。

それゆえ人間関係は濃密で、他人に関心の薄い都市部で暮らしてきた人は面食らうかもしれません。この点は長所であり、短所でもあります。

ポジティブに捉えるなら、血の通ったコミュニケーションが存在しているといえるでしょう。もともと社交的なタイプの人は、すんなりとなじめるのではないでしょうか。

近所に顔見知りがいると、それだけで安心感が生まれますよ。

単身移住のデメリット

続いては、田舎で一人暮らしするデメリットについて説明します。むしろメリットよりも重要といっても過言ではありません。

孤独を感じやすい

一人暮らしは気が楽な反面、人恋しさを感じる場面も多々あります。

都会の喧騒を避けて田舎に引っ越したにもかかわらず、念願の移住生活が始まると寂しさを感じてしまう人もいるようです。

なぜそんな矛盾が起こるかというと、環境が大幅に変化するからです。

都会では生活音があふれていますが、田舎では野鳥の鳴き声くらいしか聞こえません。静かすぎると、かえって落ち着かないようですね。

周囲に相談できる人がいない

地方に移住してきた当初は、右も左もわからないことだらけです。通常は知り合いがゼロなので、誰にも相談できません。心細いことこの上ない状況ですね。

田舎では地域ごとに独特な風習が根付いているため、インターネットで検索しても答えは見つからないでしょう。

移住は単なる引っ越しではありません。日本国内にいながら、外国に住んでいる感覚を味わいます。その点をしっかり覚えておくべきですね。

何でも自力でやらなければならない

田舎暮らしにはスローライフのイメージがありますが、想像以上にやる事が多いです。

たとえば買い物や掃除などに加え、庭の草むしりや雪かきなどもあります。慣れない土地で慣れない作業をするのは、なかなか大変でしょう。

特に女性の場合は、力仕事やDIYなども自分でこなす必要に迫られます。都会では代行業者に依頼できるのですが、田舎ではそれが不可能です。

田舎でご近所同士の結びつきが強いのは、このような事情があるからだと考えられます。困ったときはお互い様で、協力しあって生活できているといっても過言ではないでしょう。

1人で移住するのに適している移住先の選び方

地方で一人暮らしをするなら、移住候補地は慎重に選びましょう。ここでは、3つのポイントを紹介します。

移住者のコミュニティの有無を調べる

デメリットの部分でお伝えしたように、田舎の一人暮らしは孤独になりやすい側面があります。その孤独を解消する手助けになるのが、移住者のコミュニティです。

経験者が集う場所は、いわば情報の宝庫。あるいは困った時の駆け込み寺ともいえます。初心者にありがちな悩みや対処法などを知りたいなら、ぜひ参加してはいかがでしょうか。

情報収集できるのはもちろん、同じ境遇の知り合いを増やす絶好の機会です。

都市部への行きやすさを重視する


田舎の一人暮らしに限らず、万が一の事態が発生することを想定して移住先を選ぶのが得策です。

  • 親が急病で倒れたので実家に帰省しなければならない
  • 医療設備の整った病院で診察してもらいたい
  • スーツや靴など、都市部でなければ入手できない物を買いたい

いざという時に大きな街へ出られる立地でないと、困るかもしれません。

田舎は交通機関が整っておらず、自家用車があったとしても移動に苦労します。オンラインでも買い物は可能なものの、実際のサイズを確かめたい場合もあるでしょう。

仕事があるかどうか調べる

田舎に仕事がないと決めつけるのは語弊があります。そこで生活している人がいる以上、仕事がないわけではないのです。

ただし都会と比べると給料が安く、求人の選択肢も少ないという現実が待ち受けています。希望する仕事が見つからないかもしれません

可能であれば、テレワーク移住するのが理想的といえるでしょう。収入の柱は太いに越したことはありません。転職を検討している人は、次の勤務先を確保しておくのが賢明ですね。

もしくはフリーランスに転身する方法も考えられます。場所を選ばない働き方は、地方移住とも相性がいいですよ。

田舎の一人暮らしに向いている人の特徴3選

一人暮らし、単身で移住したい方へ!向き不向きや単身で移住する際の後悔しないコツも紹介 |二拠点・移住マガジン|二拠点・移住ライフ大学
以下では、単身での一人暮らしに適性がある人の特徴について解説します。すべての人が移住に向いているとは限らないため、向き・不向きを判断してから実行しましょう。

柔軟性がある

繰り返しお伝えしていますが、地方ならではの風習生活スタイルが存在します。

田舎に飛び込んでいくなら、その土地の特色になじめる人が好ましいですね。環境適応能力が高い人は、田舎の一人暮らしに対する適性があります。

別の言い方をすれば、柔軟な思考の持ち主でないと難しいかもしれません。カルチャーショックに直面しても「こういうものなのか」と受け入れる広い心が必要です。地方都市には、都会の人が想定している以上に保守的な雰囲気が漂っています。

それが悪いといっているのではありません。その場所に適した生き方を模索してきた結果だとご理解ください。

アウトドアや農作業などが好き


もともとキャンプや釣りなどを趣味にしている人は、田舎暮らしになじみやすいのではないでしょうか。

あるいはガーデニングや畑仕事が好きな人も同様ですね。自分で育てた野菜を収穫すれば、食費の節約につながって一石二鳥です。

つまり自然の恵みを享受しつつ、好きなことを楽しめるのです。これぞ田舎暮らしの醍醐味かもしれません。

自力で稼ぐスキルを持っている

移住先の選び方の部分でも述べたように、収入源の確保は死活問題です。特に引っ越し直後は費用がかかるため、生活資金が不足すると精神的に余裕がなくなるかもしれません。

とはいえ、従来のキャリアを生かせる仕事が見つからない場合も想定されます。そこでおすすめなのが、自力で稼ぐスキルを身につけることです。起業したり、フリーランスになって在宅ワークをしたりする移住者は多数見受けられます。

いずれにしても事業が軌道に乗るまで時間がかかるかもしれません。すぐに移住を決断せず、安定して収入を得られるようになるまでは様子をみてください。

自らビジネスを立ち上げるのと同時に、情報発信に慣れておくといいでしょう。SNSやブログは、新たな収入源になる可能性を秘めています。

移住後に外部とのつながりを作る窓口になるため、やって損はありません。

一人暮らしの移住で後悔しない3つのコツ


単身での地方移住を成功させるために、知っておくべきコツをまとめました。

これから引っ越しを検討している人に役立つ内容です。

徹底的に情報収集する

移住が失敗する最大の理由は、リサーチ不足といっても過言ではありません。

ネット検索だけでは不十分です。文字情報はあくまでも表面的な部分しか伝えてくれないため、移住候補地に足を運び五感で判断しましょう。

【把握しておくべきポイント】

  • 夏の暑さや冬の寒さに耐えられそうか
  • 住民と上手く関係を築けそうか
  • 付近に医療機関や教育機関があるか

移住前は気持ちが前のめりになり、情報収集をおろそかにしがちです。しかし旅行感覚で行くのと住むのとでは、雲泥の差があると心得ましょう。

想定外のトラブルに見舞われ、最終的に都市部へ引き上げる移住者は多数存在するのです。

没頭できる趣味を持つ

一人暮らし、単身で移住したい方へ!向き不向きや単身で移住する際の後悔しないコツも紹介 |二拠点・移住マガジン|二拠点・移住ライフ大学
田舎暮らしでは、時間を有効活用する手段を確保すると孤独を感じにくくなります。

おすすめは手間のかかる趣味を持つことですね。今まで仕事に追われて取り組めなかったという人は、挑戦してみてください。

料理や編み物などはその代表的なものといえるでしょう。生産性があり、目に見える成果があると、生活に張りが生まれるかもしれません。

趣味がきっかけで住民との交流が活発になる可能性も考えられます。

お試し移住で現地の暮らしを体験する

高知県佐川町の観光列車 と町並み(牧野公園より)
最後にしてもっとも重要なポイントです。ネットにあふれる情報は玉石混交であり、信ぴょう性に欠けるのは致し方ありません。

自ら移住候補地へ赴き、トライアルで住んでみるのが確実です。一次情報なくして正確な判断は下せません。

失敗したくないなら、面倒くさがらずにお試し移住することを強く推奨します。

注意点としては、短期と中長期を組み合わせましょう。1週間くらいでは風土を理解しきれません。ひと月ほど滞在すれば、1日のルーティーンや住民の人柄などがわかってくるはずです。

全国の人気移住スポットはこちら

すでに中国地方に心に決めている!という方も多いと思います
しかし、全国色々な地域の情報収集をされたい方は、各エリアごとのランキング記事も参考にしてみて下さい!

はじめての移住計画を立てる際の注意点


移住をして後悔しないために。ここからは、移住で失敗しないための注意点を解説します。事前に移住前に考えて注意ポイントクリアして移住を進めて下さい。

こちらの記事では、ご自身の移住が「失敗だった!」と語る方のリアルなインタビューの内容を掲載していますので参考までにどうぞ!

甘くみるな!私の地方移住が「失敗」だったと振り返ってみて思うこと

仕事を見つけて移住すると失敗が少ない

移住にお金の問題はつきもの

移住前に、仕事を見つけておくと大変安心して移住を決断できます。

理想は、リモートで業務ができる職種や会社の雇用が決まること。安定した給与や保障などもあるので、リスクを最小限に抑えることができます。

地方には都会と比べて企業も少ないので、求人もぐっと少なくなります。その場合は、起業やご自身で生計を立てる手段を考え無ければならず、その土地の暮らしを楽しむことができないかも・・・。

しかし、田舎には田舎特有の、1次産業(農業・林業・漁業)などで働く選択肢があります。人手が足りていない田舎では、歓迎されるとともに、経験としては面白いかもしれません。

参考記事:移住成功の秘訣は仕事探しにあり!地方で仕事の探し方や転職の方法など徹底解説

光熱費が地方によっては倍以上になることも

特に、ガス代が地方によっては大きな差があります。理由は、インフラ面で都市ガスが普及しておらずプロパンガスを利用するケースが多い地域があるから。また、雪国で都市ガスが普及していない場合は、倍以上の費用がガス代だけでかかってくることもあります。

地域選び・物件選びの際は特に注意が必要です。

参考記事:地方移住のデメリット11選!先輩移住者の失敗事例から学び移住の現実を知ろう

お試し暮らし体験をしておく

北海道の大自然で移住するならココ!北海道への移住の魅力とおすすめの町 |二拠点・移住マガジン|二拠点・移住ライフ大学
そのまちで暮らすことを決めるうえで、お試しで移住体験をしておくことをおすすめします。その街のイメージや理想、世に出ている情報だけではなくて、自分の足で確かめて感じたことがすべてです。

できれば、1ヵ月滞在すること、そして、夏と冬と2つの季節を体験しておくと失敗が少ないです。

例えば、夏は海沿いで趣味ややりたいことができるけど、冬は寒すぎて風も強いし、車もサビるし、洗濯物も潮風で干せない!そして、冬は暇

といったことや、

想像以上に雪が降って、寒すぎで暖房も全然効かない!雪かきしなければ、車でどこにもいけない

みたいなことが起こる確率をぐっと減らせますよ。

参考記事:お試し移住(暮らし体験)は必須!注意点や種類や申請手続きについても解説

移住が成功するかどうかは準備の段階で決まる

高知県いの町の仁淀川と橋とのどかな町並み
コロナ禍がもたらした社会情勢の変化により、地方移住に興味を持つ人は増加しました。

しかし田舎暮らしの実態を知らずに移り住むと、時間と資金を浪費した挙句に後悔する羽目になります。移住は一筋縄では成功しません。

この記事ではあえてシビアな現実をお伝えしていますが、それは安易な気持ちで移住してほしくないからなのです。

事前のシミュレーションをしても、想定外のトラブルは防ぎきれません。その点は頭の片隅に入れておきましょう。

それでも移住したい人は、入念な準備をしてから実行してください。熱意と綿密な計画が成功の鍵を握っているのです
都会の喧騒を離れ、「いつかは理想のライフスタイルを叶えたい」そう思っているなら、その気持ちを忘れないように持ち続けることも大事です。

また、今後どのようなライフスタイルを送りたいのか
・「はっきりしていない!」
・「現状の働き方では無理!」

そんな方に向けてライフスタイル診断ができるようになりました。LINEから簡単に診断できるのでぜひ使ってみてくださいね!

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」

そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

JOIN US!

会員登録するとできること