magazine

今話題の移住コンとは?地方移住で結婚や婚活の内情や魅力をご紹介

目次

今話題の移住コンとは?地方移住で結婚や婚活の内情や魅力をご紹介 | 移住生活

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」

そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から
本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

 
読了目安:2分10秒
 

 

都会の喧騒を離れ、自然豊かな地方での新生活。

その中でも特に注目を浴びているのが「移住コン」という新たな移住のカタチ。

実は地方移住は、新しい人間関係や恋人を見つける絶好の機会があることも多いのです。

この記事では、地方での結婚や婚活の魅力を深掘り!「移住コン」の内情と、なぜこれほどまでに注目されているのかの理由を紐解きます。

新しい環境での出会い、そしてそこから芽生える新しい愛。未知の魅力にあなたも心が躍ること間違いなし

移住コンとは?

今話題の移住コンとは?地方移住で結婚や婚活の内情や魅力をご紹介 |二拠点・移住マガジン|二拠点・移住ライフ大学
正しい定義があるか分かりませんが、この記事内では、都市部から地方に移住をしたい独身者に、結婚相手と移住先を同時に見つけることをサポートする取り組みのことを「移住コン」と呼ぶことにします。

2022年頃に一般社団法人日本婚活支援協会が実際に取り組みを開始して数百名の移住希望者が、自治体が行っている結婚支援サービス(地元在住の独身者とのマッチング)を無料で利用しカップルも多数誕生したそうです。

移住先で婚活・結婚する魅力


移住先での婚活はどのようなメリットや魅力があるのでしょう。話題になっているのには理由があるはず!そこで、移住コンの魅力について深堀していきます。

費用を抑えて婚活できる

通常、婚活パーティやイベントに参加すると男性・女性ともにある程度の費用がかかります。

もちろん、1度目の参加で希望の異性と巡り合えるかは分かりません。複数回参加していると、時間と費用(参加費や旅費など)がかかってきます。

地方にも出会い求めている異性は多い

今話題の移住コンとは?地方移住で結婚や婚活の内情や魅力をご紹介 |二拠点・移住マガジン|二拠点・移住ライフ大学
これまで、多数の移住者の方にインタビューを通じてお話を聞いてきましたが、地方には「出会いが無い!」と言っている方も多く見受けられました。

人口の少ない町や、高齢化が進んでいる町には、都市部とは違う「出会いが無い!」事情があるのです。

自治体や周囲のサポートを受けられる

過疎化・高齢化している地域では、独身の若者に来てもらうためにさまざまな支援を打ち出す自治体も多く、周囲のサポートを受けやすい環境です。

地方には、移住婚活支援を実施している自治体もあります。

特に移住先にこだわりが無ければ、移住婚活支援に取り組んでいる自治体から、情報収集をするのもアリです!

地方で結婚!婚活移住の流れ

移住コンについてある程度理解して頂いたところで、ここから具体的な流れについて解説していきます。

ネット婚活を活用する


「ネット婚活」とは、婚活用のマッチングアプリwebサービスを使った婚活です。とある企業の「婚活実態調査2020」によれば、2019年に婚活サービスを利用して結婚した人のうち、およそ半数がネット系婚活利用者なんだとか。

ネットを使えば遠方に住む方とスマホやPCを使って簡単に繋がることができるので、婚活初心者や、忙しくて地方まで足を運べない人は、まずはネット婚活から始めてみると良いでしょう。

PR  【業界最大級】結婚相談所・婚活するならツヴァイ ZWEI|会員数9.5万人
本気の婚活するなら安心、大手の結婚相談所ツヴァイ。会員数は業界最大級の9.5万人!成婚までプロのカウンセラーがサポート。全国51店舗は業界No.1。

地方の婚活パーティーに参加する


こちらもネットなどで婚活パーティーの募集が実施されています。田舎に行くほど、開催頻度参加人数が少なくなるので、ある程度田舎の中でも主要なエリアに絞って参加すると、移住したいと思っている異性が参加しているかもしれません。

直接会話もできるので、相性を見極めやすいのも魅力ですね。

自治体の婚活イベントに参加する

地方には、移住婚活支援を実施している自治体もあります。

独身の方に向けて、移住婚活同時にサポートする制度を設けており、地元の異性と移住を検討している方を引き合わせるお見合いバスツアーや、移住先候補の異性を紹介してくれるマッチングサービスなど、手厚いサポートがあるそう。

婚活移住の注意点!

では、ここから婚活移住の注意点を記載します。

婚活だけが目的だと後悔も

移住後悔TOP
婚活だけが目的であれば後悔する可能性があります。

移住先に気になる男性がいなかったり、そもそも独身男性が少なかったり…。

相手があっての事なので、思い通りにいかないことも多いでしょう。そのため、「自分が暮らしたいと思える場所や地域を選んで移住した!」という実感を持っておくと、その後の移住生活も後悔が小さいかもしれません。

覚悟と慎重な判断が必要

気をつけなければならないのは、移住は自分の生活環境を大きく変える点。

仕事だけでなく、仲の良い友人や知人、実家に住んでいた方はご両親など、人間関係も自然とリセットされることになります。

仕事も何もかも辞めて移住したのに、「こんなはずじゃなかった…」と後悔することがないよう、慎重に判断してくださいね。

単身女性で移住するメリット

単身女性で移住を決めた理由で多いのは?先輩移住者4名の移住の理由や不安、注意点をご紹介 |二拠点・移住マガジン|二拠点・移住ライフ大学

一人だからこそ自分ですべて決められる

「どこに住むか」
「何をするか」
「だれと会うか」
「いつするか」
といったことをすべて単身であれば決めることができます

子育てをしている場合は、お子さんの進学状況に合わせて移住のタイミングを検討する必要があり、すぐに動けけないことも

また、パートナーがいる方はその方とじっくり話し合い、賛同を得られなければ移住の話は前に進みません。

1人であれば、そういった障壁はありません。

自由に自分でライフスタイルを決めることができます。

地方ですてきな出会いや人間関係が広がる

地方移住後は寂しいのでは?単身移住で出会いやコミュニティを広げる方法を紹介 |二拠点・移住マガジン|二拠点・移住ライフ大学
地方には、これまでの人間関係のしがらみや、あなたを知っている人や友達がほとんどいないでしょう。

1からコミュニティを見つけたり、人間関係を広げていくことができます。

都市部では付き合ってこなかったような人や、知らない趣味を持った人など、あなたの人生観にも影響を与えるかもしれません。

住む場所を変えれば、人生が変わると言われますが、これまで仲の良かった人たちとの人間関係がリセットされることで、付き合う人が変わることも大きい要素です。

また、過疎化が進んでいる地域では「結婚相手がなかなか見つからない」ことも多いようですが、地域によっては婚活サービスやイベントなど都会以上に活発に行われていたりします。

会う人が少ないからこそ、パートナー選びに迷うことも少ないかもしれませんね!

こちらの記事では、地方移住後にコミュニティを広げる方法について解説しているので参考までに。
参考:地方移住後は寂しいのでは?単身移住で出会いやコミュニティを広げる方法を紹介

新しいことに挑戦できる

「女性1人で移住」これ自体も大きな挑戦ですが、移住後もさまざまな挑戦ができます。

例えば、これまで自分で家選びをしたことが無かったけど、自分で物件を探して内見して住宅を契約したり、古い古民家をDIYしたり、都会では一切関わってこなかったご近所さんとお茶をしたり…。

地方には地方の慣習などもあるので新鮮でしょう。

また、仕事選びも都会と地方では大きく異なるでしょう。これまでの社会人経験のスキルが活きる求人が無いことが往々にしてあります。

「農家さんのお手伝いをしたり」「たまたま知り合った方のお店を手伝うことになったり」とこれまでの人生で経験の無いことも多々あるでしょう。

「移住後の地方でどのように暮らすか」を決めるのもあなた次第です!

女性が単身で移住をする上で必要な準備や計画


移住をする上で考えておくべきことはいくつかあります。

特に重要なポイントは本記事では長くなってしまうので下記リンクで紹介しています。ぜひチェックしてみてください。
参考:はじめての地方移住。10のステップで失敗しない移住計画を!注意点や支援制度も解説。

女性が単身で移住する際の不安を取り除く方法

移住の不安を0(ゼロ)にすることは難しいです。

それは、実際に暮らしてみないと分からないことがたくさんあるから。

しかし、ここから紹介するポイントを抑えて移住に踏み切れば、移住後の後悔をぐっと減らすことができるでしょう。

こちらの記事では、ご自身の移住が「失敗だった!」と語る方のリアルなインタビューの内容を掲載していますので参考までにどうぞ!

甘くみるな!私の地方移住が「失敗」だったと振り返ってみて思うこと

参考:甘くみるな!私の地方移住が「失敗」だったと振り返ってみて思うこと

自治体の支援などを活用し地方で婚活してみる

静岡県河津町の河津桜祭りと河川敷沿いの町並み
田舎暮らしにはリスクや課題が存在しますが、それでも魅力的な生活があなたを待っています。

下記のリンクは、リアルな女性地方移住者の声をまとめて当時の不安だったことや注意点を紹介しているので参考までに!

参考:単身女性で移住を決めた理由で多いのは?先輩移住者4名の移住の理由や不安、注意点をご紹介

失敗例やリスクを踏まえた上で、事前の準備と計画をしっかりと行いましょう。移住先の選定、仕事の見通し、地域との関係構築、新たな生活スタイルへの適応など、慎重に検討し、自分にとって最適な選択をしてください。
都会の喧騒を離れ、「いつかは理想のライフスタイルを叶えたい」そう思っているなら、その気持ちを忘れないように持ち続けることも大事です。

また、今後どのようなライフスタイルを送りたいのか
・「はっきりしていない!」
・「現状の働き方では無理!」

そんな方に向けてライフスタイル診断ができるようになりました。LINEから簡単に診断できるのでぜひ使ってみてくださいね!

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」
 
そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!
 

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

JOIN US!

会員登録するとできること