magazine

【長野県伊那市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

目次

【長野県伊那市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説 | 二拠点生活

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」

そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から
本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

 

長野県伊那市は長野県の南に属し、県内では3番目に広い面積となります。桜で有名な高遠城址公園があり、一度は行ってみたい街です。

それでは、伊那市の特徴と移住支援制度や支援金について解説します。

長野県のおすすめ情報

本記事では語りつくせなかった、長野県が行っている支援制度をより詳細にお伝えします

実際に移住や2拠点生活をされている方のインタビュー記事を読むことで移住後のイメージが湧きますよ。

伊那市の特徴

伊那市は、2拠点生活を始めるにあたって、以下の点で非常に優れています。

  • 高速バスがあり便利!2拠点生活も可能
  • アルプスに囲まれた美しい風景のデュアルライフが実現できる

では、一つずつ解説していきます。

高速バスがあり便利!2拠点生活も可能

東京からのアクセスは、車で中央道を利用して2時間45分、電車では特急あずさを利用して伊那市駅まで3時間30分ほどです。

また、バスタ新宿から高速バスもでており、こちらも3時間30分ほどで伊那市にアクセスができます。高速バスがあると乗り換えなどもなく時間を有効に使え、週末2拠点生活も可能ですね

アルプスに囲まれた美しい風景のデュアルライフが実現できる

伊那市は南アルプスと中央アルプスに囲まれ、3,000m級の山々もたくさんある地域です。日本を代表する高山植物の宝庫であり、特別天然記念物のニホンカモシカやライチョウを見ることができます。

登山客に大変人気のある地域でもあり、自然に囲まれたデュアルライフを送れるでしょう。伝統文化も大切にしており、地域の踊りや獅子舞などが継承されています。

伊那市の移住支援制度

伊那市では移住を後押しするために、手厚い移住支援制度が用意されています。続いては移住支援制度についてみていきましょう。

移住支援制度に関する情報

伊那市には「UIJターン就業・創業移住支援事業補助金」という移住支援制度があります。この制度は、通算で5年以上三大都市圏に在住・就労し、市内に5年以上継続して居住する意思がある方が対象です。支給額は、単身60万円2人以上世帯100万となっています。

さらに伊那市ではお試し暮らしができる制度があり、一泊4,000円ですぐに暮らせる設備が整っています。

また、移住コーディネーターを設置しており、移住モデル地区など、移住支援制度が手厚いのが特徴です。ボリュームのある「移住・定住ハンドブック」も用意されていてわかりやすく案内が掲載されており、東京、大阪、名古屋などの移住センターでも配布されています。

そのほか、通知表のない小学校や少人数を生かした教育など、伊那市ならではの教育や子育てが可能です。

伊那市が行っている支援制度一覧

支援制度名 支援制度内容
児童手当 支給額最大1万5千円

対象者:中学生まで

補足事項:所得制限あり

幼児教育・保育の無償化 支給額:保育園、幼稚園、認定こども園等の利用料無料

対象者:3〜5歳児

補足事項:0歳児~2歳児までの子どもは市民税非課税世帯に限り無償化

定住助成金 支給額最大15万円

対象者:45歳以下の代表者など条件に当てはまる方

補足事項:高遠町区域および長谷区域への移住が条件

詳しい内容については、伊那市移住支援制度ページをご覧ください。

まとめ

伊那市には条件に合う方へ最大100万円の移住支援金がもらえる移住支援金制度があります。

また、子育て支援や幼児教育に特に力を入れているため、自然豊かな環境で子育てができそうです。

都会的な便利さと田舎の自然を両方楽しむことができる”とかいなか”ライフに興味がある方は検討しても良いでしょう。また、移住支援金制度もあるため引っ越しの負担なども軽減できそうです。

自治体によって移住者に対して特に力を入れているサポートは様々

本サイトでほかの自治体に関する移住支援制度や、自治体ごとの特徴について情報収集して納得のいく移住・二拠点生活を実現してくださいね!

【あわせて読みたい記事】

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」
 
そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!
 

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

JOIN US!

会員登録するとできること