二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ツイッターアイコン インスタグラムアイコン

二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ホーム 記事一覧 山口県へ移住したい方へおすすめの地域6選と支援制度を解説

山口県へ移住したい方へおすすめの地域6選と支援制度を解説

公開日:2022.12.27 最終更新日:2023.01.13
山口県へ移住したい方へおすすめの地域6選と支援制度を解説

山口県へ移住したい!でも、実際に住むところを探すとなると生活環境や家賃の相場、仕事事情など、調べておくべき情報はたくさんありますよね。

山口県は都市圏から移住すると最大100万円を支援する移住支援金制度を設けていたりと、特に移住者を積極的に受け入れている県です!

山口県は本州の最先端にあり、かつては長州と呼ばれた場所。かの有名な吉田松陰や高杉晋作の出身地で、歴史的な景観が残されている地域が多数あります。移住候補地として注目されており、特に宇部市や下関市などは人気ですね。気候は温暖な傾向にあり、住みやすいといえます。幕末の志士を輩出した土地柄から、地域全体で子育てや教育に取り組む風土があります。

この記事では、山口県の特徴や暮らしやすさおすすめの移住先6選移住支援制度について説明していくので、移住を検討している方はぜひチェックしてみてくださいね。

目次

山口県のおすすめ移住先6選

ここからは、山口県のおすすめ移住先6選を紹介します。支援制度についても触れていますが、特に補助額が大きいものや、自治体独自のものを抜粋して記載しています。また、対象者などの条件について詳細は自治体のHPでご確認ください!

山口県 白地図
山口県 白地図

1人暮らしにもおすすめ!利便性の高いまち

下関市

唐戸市場
唐戸市場

下関市は、本州最西端にある山口県最大の都市で約25万人が暮らしています。関門海峡、周防灘、響灘と三方が海で、本州と九州の結節点として栄えてきました。対岸の福岡県とは関門橋やトンネルで繋がっているので車で行き来ができます。漁獲高日本一を誇るフク(ふぐ)などが有名です。

生活環境は、下関駅を中心に大型のショッピングセンターや百貨店、多くの飲食店が立ち並び充実しています。また、スーパーやドラッグストアが近くにあり買い物に困らない環境です。一方で市街地から車で1時間ほど郊外へ足を運べば海・川・山も豊富にあるため、トレッキングなどのアウトドアも楽しめます。公園や水族館など観光地もあり、子供を遊ばせる場所に困らなそうです。医療面は、夜間救急を受け付けている病院があるなど多数集まっており近隣の市町村からも来院しているほど充実しています。市内は車で15分以内で、大体のことが済ませられそうです。田舎過ぎず都会ほど人に溢れている訳でもない環境ですね。

教育環境は、保育所などが59か所あり待機児童はゼロです。小学校~大学も4つあり進学面も安心できます。

交通利便性は、車での移動が便利で下関ICを利用して山口市や北九州や博多などへアクセスできます。また、新下関駅には新幹線が発着するので博多駅までわずか28分です。そのほか、山口宇部空港まで車で約1時間、北九州空港まで車で約40分と飛行機を利用して東京などへも移動できます。

支援制度

子育てに関して、中学校卒業までのお子さんの医療費が無料です。遠方通学の小中学生の通学費の補助や、多子世帯には出産祝い金が支給されます。

住まいに関して、対象の地区で住宅を新築、購入、リフォームなどした際に、10万円の補助金が出ます。また、移住者であれば最大150万円相当の支援が受けられる制度もあります。

移住支援金の対象であるため、条件に合う方(東京圏から移住し就業・起業した方等)は最大100万円の支援を受けることができます。

下関市の詳細記事はこちら

下松市

下松市
下松市

下松市は、瀬戸内海に面する臨海工業都市で約5.5万人が暮らしています。近隣の周南市や光市を含む周南地区における商圏の中心地となっており、市街地はコンパクトに商業施設が集まっています。また、郊外には海・山・川と自然にも恵まれており、瀬戸内海国立公園の美しい景勝の地「笠戸島」などが有名です。

生活環境は、市内には、ゆめタウン下松やイオン下松山田など商業施設があります。市の面積が小さいため、その中に生活に必要なスーパー、病院、金融機関や行政機関などが集積しているのが特徴で、移動距離が少なくて済みそうです。週末は、仕事の疲れを米川の里山で癒されたり、笠戸島で釣りや瀬戸内海を眺望しながら散歩など。また市内には大城温泉もあるので日頃の疲れを癒すことができそうです。

教育環境は、保育所などが16か所ありますが待機児童がここ数年出ています。小中学校はもちろんのこと、高校も3校あり大学は1校あります。進路の選択肢は少ないためお子さんの希望も聞きながら、市外へ通学するなど話し合いましょう。

交通利便性は、市内に山陽自動車道の徳山東ICと熊毛ICがありお隣の光市や、岩国市、周南市と東西どちらの地域へも移動が便利です。下松駅から最寄りの新幹線駅である徳山駅までは約10分で移動できるので新幹線で大阪・岡山方面や、博多方面へのアクセスも可能です。

支援制度

子育てに関して、小学校卒業までのお子さんの医療費を助成しています。また、市内外の私立幼稚園に同時に2人以上通園する場合、2人目以降の保育料の一部補助や不妊・不育症治療費の助成があります。

移住支援金の対象であるため、条件に合う方(東京圏から移住し就業・起業した方等)は最大100万円の支援を受けることができます。

下松市の詳細記事はこちら

子育て世帯におすすめ!教育環境充実なまち

岩国市

岩国市
岩国市

岩国市は、岩国藩の城下町として栄えた都市で約13万人が暮らしています。市内を横断する錦川の清らかな風景や県内最高峰の山がある国定公園、瀬戸内海など、豊かな自然に恵まれた街です。

生活環境は、フレスタモール カジル岩国、フジグラン岩国、ゆめタウン南岩国など地元の商業施設が多数あり車があれば日常生活に困りません。幹線道路沿いにはドラッグストアや銀行など生活に必要なものが点在しています。

教育環境は、保育所などが46か所あり待機児童はゼロです。高校や大学も市内にあるので進学・通学面も安心です。また市内には、地域子育て支援センターがあり親子で自由に遊べるよう遊戯室や園庭の開放などを行っています。親同士も情報交換や友達づくりができ、専任スタッフもいらっしゃるので子育ての相談などもできますよ。

交通利便性は、市内に空港と新幹線の駅があり全国各地へのアクセスに優れています。岩国錦帯橋空港から市の中心部までバスで約10分。また、新幹線の新岩国駅があり、福岡から約1時間30分、大阪から約1時間45分と、全国各地とのアクセスが抜群に良いです。車での移動では、岩国ICがあるので山口市をはじめ近隣の都市へスムーズに移動できます。

支援制度

子育てに関して、出産祝い金の10万円の支給や、中学卒業までの医療費の助成、学校給食の無料化などがあります。不妊・不育症治療費の助成があります。

住まいに関して、空き家のリフォームを行った際は最大100万円の支援が受けられます。家財道具などの不用品の廃棄に対しても最大20万円の補助金が出ます。

移住支援金の対象であるため、条件に合う方(東京圏から移住し就業・起業した方等)は最大100万円の支援を受けることができます。

岩国市の詳細記事はこちら

宇部市

宇部新川駅
宇部新川駅

宇部市は、約16万人が暮らしています。山口市に隣接し、南は瀬戸内海に面しており海岸部は重要港湾である宇部港があります。工業都市でありながら「緑と花と彫刻の街」を標榜しており、自然環境や住環境の整備に力を入れています。

生活環境は、ショッピングセンターや、飲食店などが充実しています。また、スーパーやドラッグストアも幹線道路沿いにあり車があれば、買い物に困らない環境です。毎日の暮らしはもちろんですが、映画館、遊園地などの施設だけでなく、温泉や山、海もあるため、休日も様々な過ごし方ができます。医療面は、大学病院を中心とした充実した医療機関が揃っています。

教育環境は、保育所などが36か所あり待機児童はゼロです。小学校は24校、中学校は12校、高校は普通科だけでなく商業科や大学の付属校など計9校あり進路の選択も多いです。大学は山口大学のキャンパスもあり充実しています。

交通利便性は、JR2路線が東西に走り、高速道路は山陽自動車道が市の中央を横断し宇部ICが利用できるため利便性は高いといえます。また、市街地に近い位置に山口宇部空港があり空港まで車で約10分前後でアクセスできます。

支援制度

子育てに関して、中学卒業までの医療費の助成があります。

住まいに関して、引っ越しなどにかかった経費の一部を補助しています。また、空き家のリフォームを行った際は最大100万円の支援が受けられるほか、家財道具などの不用品の廃棄に対しても最大20万円の補助金が出ます。

お試し移住に関して、期間限定で宇部での暮らしを体験できる住宅を貸し出しています。また、移住希望者には要望に合わせた宇部丸ごと案内ツアーを行ってくれています。

移住支援金の対象であるため、条件に合う方(東京圏から移住し就業・起業した方等)は最大100万円の支援を受けることができます。

宇部市の詳細記事はこちら

どっぷり田舎暮らししたい人におすすめ!自然が豊かなまち

萩市

萩市
萩市

萩市は、約4.3万人が暮らす自然が豊かなまち。瀬戸内海や、日本海に囲まれており海産物もおいしいです。また、県の中央部分に中国山地がはしっており、海だけでなく山も近い県です。市の面積が広いため人口密度はとても小さく、都会の喧騒とは無縁な静かな暮らしが送れるでしょう。

生活環境は、大型の商業施設や娯楽施設などがほとんど無く、地元のスーパーや薬局などが道路沿いに点在しています。車が無ければ生活が厳しいでしょう。しかし、新鮮な野菜を安価に手に入れることができるほか、海産物なども豊富です。また、日本で唯一「江戸時代の地図がそのまま使える町」と言われるほど、城下町の町並みが残っており、歴史と自然豊かな環境は唯一無二です。

教育環境は、保育所などが19か所あり待機児童はゼロです。高校は3校あり進学は安心してできる環境です。

交通利便性は、車で最寄りの高速道路のICまで20分前後です。高速道路に入れば、山口市をはじめ近隣の都市へアクセスできます。山口市市街地へは約45分ほどで、休日のショッピングなども可能な距離感です。その他、山口宇部空港までは車で約1時間15分、萩・石見空港も同様に約1時間15分でアクセスできます。

支援制度

子育てに関して、高校卒業まで医療費の助成があります。またベビーベッド、チャイルドシート等の購入費の補助などがあります。

住まいに関して、家賃補助を行っており月額上限2万円の支援が受けられます。また空き家のリフォームには最大100万円の支援が受けられるほか、家財道具などの不用品の廃棄に対しても最大10万円の補助金が出ます。

仕事に関して、農林漁業スタートアップ応援事業や創業や起業の際のオフィスの賃料を補助する支援など新しいことにチャレンジしやすい環境が整備されています。

お試し移住に関して、期間限定で宇部での暮らしを体験できる住宅を貸し出しています。また、移住希望者には要望に合わせた宇部丸ごと案内ツアーを行ってくれています。

移住支援金の対象であるため、条件に合う方(東京圏から移住し就業・起業した方等)は最大100万円の支援を受けることができます。

萩市の詳細記事はこちら

仕事も利便性もバランスよく!とかいなかなまち

山口市

新山口駅
新山口駅

山口市は、約20万人が暮らし山口県の県庁所在地でもあります。県庁などの行政機関が集まる県の中心地ではありますが、都会らしい喧騒は無い静かな住環境です。昼夜の寒暖差を活かした、農畜産物の生産が盛んで、お米やりんご、梨等の果樹、季節の野菜などの生産が行われています。また、本州最西端のスキー場や、湯田温泉が有名で温泉街には無料の足湯が複数あり、市民に親しまれています。

生活環境は、山口市は県内で最も面積が大きい割に人口が少ないため、車が無ければ生活しづらい環境です。市内には、山口駅を中心に商店街やスーパー、商業施設が集まっており利便性を求めるのであれば、駅周辺に住むことをおすすめします。一方で自然や静かな住環境を求めるのであれば、市街地から車で20分前後離れた郊外で暮らすことをおすすめします。

教育環境は、保育所などが51か所あり待機児童は毎年数人出ています。市内には山口大学をはじめ複数の大学もあるので進学面は安心です。

交通利便性は、高速道路のICが複数あり車による移動が便利です。また、新幹線も発着しているため県内外へのアクセスに大変優れています。そのほか、山口宇部空港までは車で約40分でアクセスが可能です。

支援制度

子育てに関して、中学校業まで医療費の助成があります。

住まいに関して、空き家のリフォームや家財道具などの不用品の廃棄に対して補助金が出ます。

お試し移住に関して、最長1ヵ月間山口市での暮らしを体験できる住宅を貸し出しています。また、移住希望者には要望に合わせた「山口市しごと体験ツアー」を行ってくれています。

移住支援金の対象であるため、条件に合う方(東京圏から移住し就業・起業した方等)は最大100万円の支援を受けることができます。

山口市の詳細記事はこちら

山口県の移住支援制度

最後に山口県内実施されている移住支援策を紹介しましょう。

山口県支援金制度

県が主体となって推進している制度で条件を満たした移住者には支援金を助成しています。

【対象者】

やまぐち移住就業マッチングサイト」に掲載されている対象求人に応募して採用された人
詳しくはこちらをご覧ください。
山口県移住就業マッチングサイト

※就業から3カ月が経過していないと申請不可。
※3親等以内の親族が代表者、取締役などの経営を務めている法人への就業​は対象外。

【金額】

2人以上の世帯で100万円、単身世帯は60万円

【適用条件】

山口県のホームページをご確認ください。
山口県ホームページ|東京圏から山口へ!移住就業された方へ移住支援金を支給します!

※下記のいずれかにより異なります。

  • 令和2年3月1日以降に移住した人
  • 令和元年8月7日から令和2年2月29日の間に移住した人

お試し暮らし

「いきなり生活の拠点を移すのは不安がある・・・・・・」という人もいるでしょう。まずは移住体験をしてみるのがおすすめです。実施している自治体は下記の8つ。

① 岩国市

府谷(ふのたに)ほたる村グリーンピアやまざとにて、コテージと農園を1年間借りられます

募集は4月1日からですが、年度の途中からでも入居可能。

公式サイト:府谷グリーンピア山里

② 周防大島町

大人の下宿「島暮ら荘」で、最長1ヶ月のお試し移住ができます。

生活に必要な家財道具一式はもちろん揃っているのがうれしいですね。

公式サイト:大人の下宿「島暮ら荘」|周防・大島移住ナビ

③ 田布施街

お試し暮らし住宅「おいでぇ」があります。期間は最長で7日間。

1泊につき2000円で、テレビや洗濯機などは全て用意されていますよ。

公式サイト:たぶせにおいでぇ|たぶせIJU推進協議会

④ 山口市

生活に必要な家具・家電付きの移住体験施設があります。

最大1カ月間のお試し期間で、山口市の生活を体感してみましょう。

費用は1週間で3500円、延長すると週ごとに同額が加算されます。

公式サイト:お試し暮らし住宅(秋穂二島)を利用してみませんか?|山口市移住情報サイトすむ住む山口

⑤ 宇部市

1泊2日の「うべ暮らし体験ツアー」を実施しています。

地元住民と同じ生活をすれば移住を検討する判断材料になるはず。

公式サイト:移住お手伝い|宇部移住計画

⑥ 下関市

まちなか暮らし・いなか暮らしの2種類があります。

お試し住宅は無料で利用可能。

「下関市移住の窓口での移住相談及び体験プログラムへの参加」が必須条件です。

公式サイト:下関市お試し暮らし|下関シティプロモーションサイト

⑦ 長門市(現在は利用中止)

Country Life ログ「むかつく」で、長門暮らしを体験できます。

当面の間は利用を受け付けていません。

公式サイト:HOW TO ~ながと暮らしの始め方|

⑧ 萩市

「お試し暮らし住宅(#梅ちゃんち)」が用意されています。

費用は1週間につき7000円。最長1ヶ月まで。1日延長するごとにプラス1000円です。

公式サイト:お試し暮らし住宅(梅ちゃんち)のご利用について|萩市ホームページ

豊かな自然と歴史ある山口県でのびのび暮らす

角島・秋吉台・秋芳洞などの自然あふれる一面もあれば、錦帯橋や瑠璃光寺などの歴史的建造物が数多く残る場所。

今や日本全国に広まった「道の駅」の発祥地といわれる阿武町もあります。フグに代表される海の幸は味わう価値あり。

冒頭でも述べたように育児や教育に熱心な土地柄なので、お子さんがいる世帯に向いています。

お試し暮らしの制度が充実しているため、事前に現地での暮らしを体感できるのは大きなメリット。移住を検討している人は利用してみてくださいね。バラエティーあふれる山口県でのんびり暮らすのはいかがでしょうか?

山口県のおすすめ情報

実際に山口県へ移住された方のインタビュー記事を読むことで、イメージが鮮明になります。

気になった市町村がある方は、自治体ごとの特徴や支援制度について情報収集をしましょう!

                 

人気サービス

                       
波
車 イラスト 木 イラスト 木 イラスト
おすすめ記事

おすすめ記事

おすすめ記事
新着記事

おすすめサービス

新着記事
  •                    
パラソルのイラスト 釣りのイラスト
新着記事

新着記事

新着記事
パラソルのイラスト 釣りのイラスト