二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ツイッターアイコン インスタグラムアイコン

二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ホーム 記事一覧 移住成功の秘訣は仕事探しにあり!地方で仕事の探し方や転職の方法など徹底解説

移住成功の秘訣は仕事探しにあり!地方で仕事の探し方や転職の方法など徹底解説

移住成功の秘訣は仕事探しにあり!地方で仕事の探し方や転職の方法など徹底解説

移住をする場合、現実的によく考えないといけないのが「安定した仕事を得られるか?」という問題です。憧れの地に移住した後に、いくら固定費が抑えられたとしても生活を維持することはできません。

この記事では、移住時の仕事探しの方法だけでなく、実際に移住した方約50人の体験談をもとにした具体的な選択肢だけでなく、移住で最大300万円の移住支援金がもらえる企業の探し方も紹介しています。

目次

地方で働くニューノーマルとは?

現在は、リモートワークをはじめ複業などさまざまな働き方が選べるようになっているので、あなたのライフスタイルに合った働き方をベースに、収入をどのように確保するか検討してください。

今話題のワーケーションについてはこちらで解説

海辺でPC

コロナ渦以降多様な働き方が選べる時代

現在、コロナウイルスの拡大を機に働き方の多様化が進んでいることを身近に感じられた方も多いのではないでしょうか。特にIT企業や大手企業を中心に、リモートワークが普及し、居住地制限や通勤手段の制限を撤廃。地方勤務を選択できる制度を導入やオフィスを都会から地方へ移す動きも出ています。

ここでは、簡潔に要点だけを説明します。関連記事で詳細を解説しているので参考にしてください。

移住に伴って転職する

もっともスタンダードな仕事探しの方法です。地方に強い転職先紹介サービスや、自治体に設置されているハローワークに訪れ相談するのが基本的な流れでしょう。地方には意外と知られていない優良なホワイト企業もあります。都市部の企業に身を置き、築き上げてきたキャリアは地域の企業にとって貴重な人材です。また、フルリモートワークできる企業を探すのも1つの手です。

地方の就活にも強い転職サービス10選

フルリモートワーク企業を検索

移住後も現在の企業でリモートワークする

キャリアを1から築く必要がなく、今のしている仕事をそのまま継続してできるため職場環境や付き合う人間関係、給与や待遇など総合的に考えて安心感があるでしょう。ポイントは出社の頻度を会社と合意できるか。出社しなくて良くなれば、自分の時間も確保しやすくなります。

地方で起業・創業する

経営のノウハウが無くとも、地方移住を機に個人事業主としてクラウドソーシングサイトなどで仕事を受注するのもアリです。地方移住で家賃などの固定費が抑えられますから、今から準備を進めクライアントを作りをするとスムーズでしょう。また、飲食店の開業などでは、自治体から補助金や条件の良い融資制度があります。

地方で開業・個人事業主として活動するためには?

地域おこし協力隊に加入する

地方の地域活性化・まちづくりの一環として「地域おこし協力隊」の制度を導入している自治体も多いです。自治体の所属で働くため、比較的早く地域に馴染むことができコミュニティもできます。また、家賃や光熱費などの生活費の補助が出るメリットがあります。1〜3年と任期が限定されていますが、その間に開業の準備や、就農準備、取り組みたいことを明確にできるでしょう。次の仕事も地方で見つかりやすくなります。

地域おこし協力隊についてこちらで解説

副業など複数の収入源を確保しアルバイト

地方は職が無いと思われがちですが、過疎化の進んだ自治体や高齢者の多いまちでは、50歳未満の働き手が不足している状況です。そのため、アルバイトであればすんなり見つかるケースもあります。アルバイトであれば自分の時間の確保も融通が利きやすいため、個人で収入を稼ぐための準備を進めるといった活動もできるでしょう。

地方移住のステップとしてまずアルバイトを選んでみる

こちらの記事では書ききれなかった「移住した人が就きやすい仕事10選」もご紹介しています。

地方に移住して、仕事をする人が増えている理由は?

地方に住み仕事をすることには、都会では感じられないメリット(魅力)があります。あなたが描いている理想のライフスタイルや条件に当てはまる働き方が見つかるかもしれません。

理由1:自然や趣味を満喫でき子育てもしやすい

移住を希望する人の多くは、自然に囲まれた生活に憧れているのではないでしょうか。特にアウトドアやマリンスポーツが好きな人にとって、山や海が近くにある暮らしは理想そのもの。

子育てに関しても、自然たっぷりの地方は子どもが感性を豊かにはぐくめる環境です。また、固定費も安く空き家も多いので、広々とした物件を借りたり購入できたりします。

都会では享受できないメリットであり、移住ライフならではの楽しみといっても過言ではありません。

理由2:通勤時間が短くなり満員電車から解放

都会では、毎日満員電車で勤務先に通勤しなければいけません。しかし、地方は基本的に車社会。車が無ければ生活もままならないため、車で通勤することになるため都会の通勤ラッシュや渋滞とは無縁です。そもそも、人が少ないため人と会うことが喜びになる方もいらっしゃいます。

理由3:生活費が安い

地方は都会と比べ物にならないくらい、家賃や物価が安いです。中には、家が無料でももらえる自治体や、土地付きの家が空き家バンクに登録されていたり、産直市場や地元のスーパーなどでは新鮮な野菜や魚介類が、都会では考えられないほどお手頃な価格で買えるのです。

田舎では近所の人からの貰い物も多いかもしれません。一般的に生活費が安いといわれる理由の1つです。

移住支援金を最大300万円もらう転職方法

2023年現在、日本の人口は大都市圏へ一極集中状態にあり、地方創生は国全体の課題です。国の地方創生支援事業の一環として、東京圏から東京圏外への移住・起業に対して支援金を交付することで、東京一極集中の是正を図りたい狙いがあります。

なぜ300万円も移住支援金がもらえるのか?

東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県(※条件不利地域を除く)から東京23区へ通勤している方が地方へ移住した場合、「地方移住支援金事業(起業支援金、移住支援金)」が出る制度が国の地方創生支援事業としてあります。この移住支援金制度が2023年度から、子供1人につき100万円の加算がされることが決定しました。

移住支援金
地域の重要な中小企業等への就業や社会的起業をする移住者を支援(最大100万円)※単身の場合最大60万円
起業支援金
地域の課題に取り組む「社会性」「事業性」「必要性」 の観点をもった起業等を支援(最大200万円)

+こども一人あたりの加算

加算分
18歳未満の子供1人あたり100万円加算

つまり、最大300万円+こども一人あたり100万円の補助となります。

移住支援金の対象者か?

自治体の中でも移住支援金を給付する制度を取り入れていない自治体があります。それは、比較的都市部であったり転入者も毎年一定数いるなどの理由のためでしょう。

移住支援事業実施の自治体はこちらで確認できます。

移住支援金に該当する求人か?

まず、移住支援金の給付に該当する求人とそうでない求人が存在します。そちらは、企業情報をもとに自治体側で採択しているようです。各都道府県ごとに求人サイトが存在し、例えば、北海道の移住支援金対象の求人企業の紹介は、独自のサイトで求人情報を公開しています。

例)北海道の移住支援金対象の求人サイト

北海道の例
北海道の例

移住支援金対象の企業の探し方

情報が、全国で集約されていないため移住支援金対象の求人を探すのが少々面倒に感じるかもしれません。そんな方は、下記の記事を参考にしてください。

各都道府県の移住支援金対象の求人サイトを集めました

移住時の転職に有利な業種や職種、資格やスキルは?

業種・職種

医師・看護師・薬剤師

どこの移住先でも医療や福祉といった設備が整備されているため、エリアに関係なく求められる人材です。特に、医師、看護師、薬剤師は、高齢化が進む地方で特に求められています。これらの業務経験や資格を持っている場合、移住先の自治体によって補助金が受け取れます。

介護福祉士・ホームヘルパー・ケアマネジャー

こちらも地方で需要が高い職種です。これらの資格や職業経験があれば、介護施設や病院での就職に役立ちます。これらの業務経験や資格を持っている場合、移住先の自治体によって補助金が受け取れます。

保育士

地方とはいえ、毎年一定数のお子さんが保育園や保育所などを利用しています。待機児童問題なども一時期話題になりましたが、地方は保育士不足が顕著です。これらの業務経験や資格を持っている場合、移住先の自治体によって補助金が受け取れます。

資格

運転免許

田舎は車社会のため、仕事でも運転免許を必要とする求人が多く見られます。そもそも、車でなければ出勤できない地域も多いでしょう。これから移住を検討しているのであれば、運転免許は移動手段と仕事の確保という目的から取得しておくのがおすすめです。

調理師

生活に食事は欠かせません。地方だから飲食店が無いということはまずないでしょう。飲食店に雇用される上でも調理師免許があれば優遇されますし、独立・開業といった道も拓けます。

不動産鑑定士・宅地建物取引士

地方ならではですが、地元の不動産の従業員さんが高齢になり需要が高まっているケースもあります。不動産鑑定士や宅地建物取引士は、経験を重視される仕事のため、不動産業界でのノウハウがある40代なら移住先でも安定した収入を望めるでしょう。

その他

コミュニケーション能力

地方の方が、ご近所づきあいが濃厚といった話はよく聞きますが、地方の企業に就職しても同じです。移住先の仕事では、一から人間関係を構築することになるため、コミュニケーション能力や率先して話しかけていくマインドが欠かせません。

マネジメント能力

地方では大手の企業経験がある方も少なく、複数名をマネジメントしながら物事を進めることができる人材は重宝されます。中堅社員の方や、マネジメント経験のある方はアピールポイントです。

専門知識

特定の専門知識に長けている方は移住先でもスムーズに仕事探しができる確率が高まります。

特に不動産関係や行政書士などの資格に限らず、マーケティングやIT、プログラミングの知識やノウハウ、デザイナーの方なども歓迎される専門知識でしょう。

柔軟性

移住先では、都市部とはまた違った価値観を持っている方と仕事をすることになります。成果主義的な考え方は通用しないかもしれません。反対の意見もうまく取り入れ、周囲と連携していくことが重要になります。

住み込み求人やリゾバも選択肢

中には家つき、仕事付きで移住者を募集している場合も多くありますので、ここではそういった求人限定で取り扱っているサービスサイトをご紹介します。

サービスについて仕事と家付きの求人サイト
住み込みのお仕事に特化した求人情報サイト【スミジョブ】住み込みのお仕事に特化した求人情報サイト
全国にあるホテルや旅館、テーマパーク、スキー場などで住み込みで働く仕事を紹介するサイト【利用者数25万人突破】リゾートバイトのお仕事検索・紹介ならダイブ!
普段では味わえない特別な体験や旅行気分で働けるリゾートバイトを紹介するサイト案件数!働きやすさ!No.1!【リゾバ.com】
地方の住み込みレア求人を紹介している求人サイト学生さんからベテランさんまで、全国各地でスタッフ活躍中!

地方移住での転職や仕事探しの体験談

実際に移住した先輩移住者の「仕事」探しに関するお話をピックアップしてみました。

移住先:愛媛県東温市 記事はこちら

移住先で農業をはじめる」といったことを耳にしますが、現実的ではないと感じ前職と同じサービス業で仕事を探しました。しかし、都会とくらべ給与は低く、求人の数も多くはありません。ネットの求人を毎日チェックし、ハローワークにも毎日通いながらなんとか納得のいく仕事に就けました。これまでとおなじ業界で働くなら、移住先の候補地として仕事があるかをまず先に考えたほうがいいかと思います。

移住先:沖縄県宮古島 記事はこちら

宮古島に1ヶ月間滞在していた際に、働かせて貰っていた居酒屋さんに戻りました。その他にも何箇所か紹介でお仕事をさせていただきました。色々な業種で働くと、また違ったコミュニティができるのでおすすめですよ!

※現在は、ゲストハウスを運営されていらっしゃいます

移住先:兵庫県淡路島 記事はこちら

家族で移住するので、直近3年間は固定報酬がある地域おこし協力隊を選びました。移住前より収入は落ちてしまったものの、最低限の生活支出は賄うことができています。その後、複業型に切り替え、WEBライターの仕事に挑戦し月5万~7万円の副収入が作れるようになりました。移住先では、いくつかの収入源をかけ合わせる複業スタイルで生計を立てている人も多いのです。

随時更新中!現在約40名の移住・多拠点生活者のインタビュー記事を掲載しています。インタビュー記事一覧はこちら

年齢別30代、40代、50代の移住先での仕事事情

ミドル世代の移住は色々と不安がつきものですよね。ここでは、年代別の仕事事情を解説します。

30代の移住先での仕事事情

仕事では中堅どころになる一方、家族ができたりとライフステージの変化が大きい30代。そんな30代ならではの、移住先での仕事の注意点はどんなことでしょうか?

移住後の生活のシミュレーションを念入りに!

移住の目的は何でしょうか?都会での暮らしに疲れた、新しい仕事にチャレンジしたい、子どもがいる方は家族との時間を増やしたい、教育環境を改善したいから。

色々な理由の方がいらっしゃるでしょう。

移住後の生活が自分の目的を満たす生活になるのかどうか、しっかりとシミュレーションしてから移住するのが重要です。まだまだ、現役でバリバリ働ける年代ですので、その後のライフプランとキャリアプランをしっかりと考えましょう。

決断を急ぐあまり情報収集が足りず、移住先で後悔しないようにしましょう。

給料水準の低さに注意

移住での心配事の1つが給与水準の低さ

例えば移住先として人気の高い長野県は平均年収は283.5万円、東京都の平均年収373.6万円と100万円近い格差があります(2020年厚生労働省賃金構造基本統計調査)。大きな格差に移住をためらう人もいるかもしれませんが、支出も減りますので生活にはそこまで大きなダメージはありません。

同じく長野県の例では、2人暮らし1世帯あたり平均1か月間の支出は40万円に対し東京都では44万円ですので、月4万円、年50万円近い支出減になります。収入と支出のバランスを考える必要がありますね。

40代の移住先での仕事事情

40代の移住はこれまでの経験やスキルを活かしてキャリアアップに繋がるような転職が望める一方、年齢的な問題でなかなか仕事が決まらない可能性があります。

妥協しなければならない部分もあるかもしれませんので、十分に今後のキャリアプランを考えて仕事探しをしましょう。

キャリアアップのチャンス

今まで積み上げてきたキャリアを活かせる仕事ができれば、キャリアアップのチャンスになります。高度な技術や知見があったりマネジメントを任された経験がある人も多いでしょう。そういった人材が企業の地方創生に一役買う機会もあるのではないでしょうか。

一方、40代でも何らかの事情で全く新しい仕事にチャレンジしたいという方もいるでしょう。40代から未経験での仕事をするのは収入面など不安も多いかもしれません。

いずれにせよ移住の目的と優先順位を明確にして情報収集をしてから移住に臨みましょう。

雇用条件が悪くなることも

40代はキャリアアップのチャンスになりやすい反面、逆に年齢の高さで採用されにくくなる可能性があります。明確なスキルや資格取得の経験がなかった人でも、これまでの経験や自分の強みを活かした仕事探しをしましょう。

50代の移住先での仕事事情

都市部では早期退職を視野に入れる50代も、地方に行けば若手になる可能性もあります。これまでの経験を活かし、地方移住と新たな仕事を両立できるかもしれません。

老後の生活拠点としてだけではなく、新たなビジネスチャンスの可能性も十分にあります。

これまでの経験や資金をもとに起業する

50代ともなるとこれまでの経験や人脈を活かして地方企業に採用される方も少なくありません。一方都市部で務めていた企業を早期退職し、退職金を元に起業する人もいます。

始める事業は農業や、飲食店、民宿など多種多様です。自身の経験を活かした会社を設立する人もいれば、移住先の地域課題を解決するために事業を立ち上げる方もいて、やり方はさまざまです。

地域高齢化が進んでいるので若手として受け入れられる可能性も

地域によっては高齢化が非常に進んでいるため、60代70代でも仕事の中心になって働いている人も少なくありません。特に農業や漁業のような50代でも若手と捉えられる業種は、年齢に関係なく始められるのでチャレンジする方も多いようです。

地方自治体によっては農地付き物件の貸し出しなど就農支援を行っていますので、ぜひチェックしてみましょう。

仕事探し、創業・起業を手厚くサポートする自治体

移住希望者に向けて、自治体がさまざまな支援やサポートを行っていることはお分かりいただけたのではないでしょうか。

移住が密かなブームになっている昨今、下記の記事でお仕事面を手厚くサポートしている自治体を独断と偏見で10選としました。ランキングで挙げられている自治体はどれも手厚い独自の支援制度をおこなっております。気になる自治体があれば、ぜひ参考にしてみてください!

移住時の「お仕事」に関する支援制度が手厚い自治体ランキングベスト10を独断と偏見で発表!

ちなみに下記の記事では就農に関する支援制度が手厚い自治体を10選紹介しています。

田舎で農業したい人必見!就農支援が手厚い自治体トップ10を独断と偏見で発表!

2023年住みたい田舎ランキング全国版のご紹介

                 

人気サービス

                       
波
車 イラスト 木 イラスト 木 イラスト
おすすめ記事

おすすめ記事

おすすめ記事
新着記事

おすすめサービス

新着記事
  •                    
パラソルのイラスト 釣りのイラスト
新着記事

新着記事

新着記事
パラソルのイラスト 釣りのイラスト