二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ツイッターアイコン インスタグラムアイコン

二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ホーム 記事一覧 【神奈川県横浜市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

【神奈川県横浜市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

公開日:2022.09.10 最終更新日:2022.12.05
【神奈川県横浜市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

関東でも指折りの大都市として知られる神奈川県横浜市。都心からの移住・2拠点生活を考えている人も多いのではないでしょうか。そういった人にとってはやはり、移住や 2拠点生活に対する支援制度が気になりますよね。

そこで今回の記事では、神奈川県横浜市の移住や、デュアルライフに対する移住支援制度について紹介します。

神奈川県のおすすめ情報

気になった市町村がある方は、自治体ごとの特徴や支援制度について情報収集をしましょう!

実際に移住や2拠点生活をされている方のインタビュー記事を読むことで移住後のイメージが湧きますよ。

目次

横浜市の特徴

横浜市は神奈川県の東部に位置しています。関東の中でも大都市であり、多くの観光客が訪れる横浜市。そんな横浜市にはどのような特徴があるのでしょうか。

都市と自然が融合する街

神奈川県横浜市は神奈川県の東部に位置し、373万もの人口を誇っています。都心へのアクセスも良好で、30~40分ほどで渋谷まで行けます。インフラ、観光、遊び場など全てが充実しており、一切の不便を感じることなく過ごすことができるでしょう。

一方で、新横浜駅近辺には田園風景や昔ながらの景色も残されており、自然の穏やかさも感じられます。

スポーツの盛んな地域でデュアルライフ

横浜市は、スポーツがとても盛んな地域としても知られています。Jリーグチームの「横浜Fマリノス」や「横浜FC」、プロ野球チームの「DeNAベイスターズ」など、数々のスポーツチームが横浜市を拠点として活動中です。

スタジアムを持っているチームも多く、足しげく通うファンも大勢います。このように街全体でスポーツを盛り上げている都市なので、スポーツ好きの人がデュアルライフを送るのには非常に適していると言えるのではないでしょうか。

積極的な子育て支援

横浜市は子育て支援にも積極的に取り組んでいます。妊娠中から成人するまでの子育てを支援するための事業計画が策定され、さまざまな形で子育て支援が行われています。

住民の声を取り入れるための「横浜市子供・子育て会議」も行われており、実際に子育てを行っている人の意見も反映されやすいことも特徴です。

横浜市の移住支援金制度を活用しよう

横浜市では移住支援制度は実施されていません。しかし、定住を促す支援・補助制度があります。

ここでは、空家の利活用と子育て世帯等の流入による地域の活性化・まちの魅力向上を目的とした、「空家の改修等補助金(子育て住まい型)」について解説します。

移住支援制度が適用できる対象者

自己居住目的用の空家の改修等補助金の対象者は、下記のとおりです。

  • 申請時に18歳未満の子どもがいる世帯
  • 申請時に妊娠中の方がいる世帯
  • 申請時に夫婦の満年齢の合計が80歳未満である世帯

ほかにも細かな条件がいくつかありますので、詳しくは下記HPをご確認ください。

横浜市「空家の改修等補助金(子育て住まい型)」ページリンク

移住支援金

神奈川県横浜市の「空家の改修等補助金(子育て住まい型)」における、支援内容は以下のようになっています。

  • 子どもの安全確保や家事・育児の効率化等に資する改修工事費用の1/2(上限100万円)
  • 耐震改修工事費用の1/2(上限150万円)

制度の詳しい説明については、下記HPをご確認ください。

横浜市「空家の改修等補助金(子育て住まい型)」ページリンク

【あわせて読みたい記事】

                 

人気サービス

                       
波
車 イラスト 木 イラスト 木 イラスト
おすすめ記事

おすすめ記事

おすすめ記事
新着記事

おすすめサービス

新着記事
  •                    
パラソルのイラスト 釣りのイラスト
新着記事

新着記事

新着記事
パラソルのイラスト 釣りのイラスト