二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ツイッターアイコン インスタグラムアイコン

二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ホーム 記事一覧 【茨城県龍ケ崎市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

【茨城県龍ケ崎市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

公開日:2022.10.24 最終更新日:2022.12.18
【茨城県龍ケ崎市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

東京都心から約45kmの距離に位置する、茨城県龍ケ崎市。広大な田園風景や、豊かな自然が残された、心安らぐ街です。

都会の喧騒から離れ、穏やかな2拠点生活には最適に思える龍ケ崎市について、詳しく見ていきましょう。

龍ケ崎市の特徴と、龍ケ崎市に移住したいときに利用できる制度や支援金について解説します。

茨城県での二拠点生活や移住を検討されている方はぜひこちらの記事も参考にしてみて下さいね!

茨城県のおすすめ情報

気になった市町村がある方は、自治体ごとの特徴や支援制度について情報収集をしましょう!

実際に移住や2拠点生活をされている方のインタビュー記事を読むことで移住後のイメージが湧きますよ。

目次

龍ケ崎市の特徴

龍ケ崎市の人口は、7万人前後です。

ベッドタウンとして「竜ヶ崎ニュータウン」が開発されるなど、龍ケ崎市から別の街へ働きに出ている方も多く住んでいます。

うなぎ発祥の地とも言われる牛久沼や広大な田園など、自然に満ち溢れている街です。

子育てサポートが充実

龍ケ崎市は「子育て環境日本一」を目指しており、さまざまな独自の子育て支援メニューを揃えています。

例えば18歳までの子どもの医療費控除や、妊婦の通院時へのタクシー費用控除、第3子以降向けの手厚いサポートなどがあります。

保育システムも充実しており、令和4年4月現在、保育所の待機児童はゼロです。

災害の少ない安全な暮らし

龍ケ崎市では、小さな地震はありますが、大きな地震は滅多に起こりません。台風もほとんど来ないので、大きな災害の少ない街です。

ビルも少ないので空気も良く、心穏やかに暮らせるだけでなく、子育て時の2拠点生活先などに向いています。

自然豊かな田舎でデュアルライフ

どこまでも広がる水田や、牛久沼のある龍ケ崎市。都会では、こんなに多くの自然と触れ合う機会は少なくなってしまいました。

龍ケ崎市には自然がたくさん残っており、いつでも緑に触れられます。

都会の喧噪に疲れた方のデュアルライフや、子どもの情操教育におすすめの街です。

龍ケ崎市の移住支援制度

龍ケ崎市では、条件を満たしていれば移住支援制度を利用して支援金の支給を受けられます。

移住支援制度が適用される対象者や、移住支援金がいくらなのかを解説します。

移住支援制度が適用できる対象者

移住支援制度が適用される対象者は、「直前の10年間のうち通算5年以上、東京23区に居住していた方」など、いくつかの条件を満たす必要があります。

詳しくは龍ケ崎市のHPをご確認ください。

龍ケ崎市移住支援金詳細ページリンク

移住支援金

龍ケ崎市への移住支援金の支給額は下記のとおりです。

  • 単身世帯の場合:60万円
  • 2人以上の世帯の場合:100万円
  • 18歳未満の子がいる場合(1人当たり):30万円

申請のタイミングや詳しい条件については、龍ケ崎市のHPをご確認ください。

龍ケ崎市移住支援金詳細ページリンク

【あわせて読みたい記事】

                 

人気サービス

                       
波
車 イラスト 木 イラスト 木 イラスト
おすすめ記事

おすすめ記事

おすすめ記事
新着記事

おすすめサービス

新着記事
  •                    
パラソルのイラスト 釣りのイラスト
新着記事

新着記事

新着記事
パラソルのイラスト 釣りのイラスト