magazine

あなたはどのタイプ?地方移住には目的別に5タイプある!?移住を成功させるためのポイントを解説

あなたはどのタイプ?地方移住には目的別に5タイプある!?移住を成功させるためのポイントを解説 | 移住生活
「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちが
あるのでは…」


そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から
本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の
「住みたいまち検索」だけです。

移住ライフと聞いて、あなたはどんなイメージを思い浮かべますか?

おそらく「よくわからない」と答える人が多いでしょう。興味があっても情報がなく一歩を踏み出せないかもしれません。

今回は、移住ライフに焦点を当てて解説していきます。一口に移住といっても種類があるため、それぞれの違いを知っておく必要があるのです。

適性の有無についても触れるため、あなたが移住に向いているかどうかチェックしてみてください。

移住に伴うリスクを把握したうえで、前向きに検討してみることをおすすめします。

移住に向いている人・いない人

まずは移住に向いている人とそうでない人の特徴から説明しましょう。

都会と田舎では生活スタイルがまったく違うため、適応できないと暮らしていけません。

自分が移住向きかどうか、じっくり考えてみてください。

移住に向いている人

移住ライフに適しているのは、下記の3つに該当する人です。

■地方の慣習に抵抗がない人

インフラが整備されている都市圏で暮らしていると想像できないかもしれませんが、田舎にはその地域特有の慣習が根付いています。あるいは「文化」と言い換えてもいいでしょう。

たとえば季節ごとのお祭りや運動会、掃除など、例を挙げればキリがありません。

不便な土地で暮らすには相互扶助の精神が必須であり、地域住民同士のつながりを育むために行事がたくさんあるのです。

物事を柔軟に受け止められるなら、その土地になじみやすいでしょう。移住する前に候補地へ足を運び、そこで暮らしていけそうかよく考えてください。

■車の運転が好きな人

地方では移動手段が限られるため、車を運転できないと生活に支障が生じます。

一家に1台ではなく、1人1台と考えてください。

買い出しや子どもの送り迎えなど、ちょっとした外出でさえ自家用車が必要です。

近くのスーパーに行くのに片道1時間は当たり前。もちろんコンビニなどなく、あったとしても山を下りた先の町にあるという場所も珍しくありません。

近場であれば自転車で移動できますが、それだけでは行動範囲をカバーしきれません

■収入源を作り出せる人

田舎で東京並みの収入を得るのは至難の業です。

最近はリモートワークが定着しており、できるなら仕事を変えずに地方に移り住むのが理想的でしょう。もし転職する場合、給料は確実に下がると覚悟してください。

自ら仕事を作れる人は、地方でも稼ぐ手段に困りません。

たとえばキャンプ場の手伝いをしたり、ブログYouTubeなどで情報発信をしたりしている人が多いですね。

地方は高齢者が多いため、力仕事ができる若者やITに強い人材は歓迎されやすい傾向にあります。

移住先での働き方についてもっと知りたい方はこちらの記事をチェック!

移住に向いていない人

続いては移住ライフに不向きな人の特徴を説明します。

■田舎の不便さになじめない人

繰り返しになりますが、田舎暮らしは不便の連続です。

気軽に遊びに行ける場所が近隣にない。買い物に行くのも一苦労。もちろん外食できるお店は見当たらない。

上記のような例を挙げればいくらでも出てくるでしょう。

移住ライフにおいて、都会と地方を比較するのはNGです。

東京を基準にしてしまうと、田舎で生きていくのは不可能といっても過言ではありません。むしろ不自由を楽しむ余裕が求められるのです。

■虫や野生生物が苦手な人

自然豊かな田舎では、虫のサイズが大きい傾向にあります。苦手な人にとっては苦痛な環境である可能性が高いでしょう。

そして虫以外の野生生物もひんぱんに出没します。庭に蛇が現れたり、猿やイノシシなどに畑を荒らされたりするのだとか。大都市ではまず見られない光景ですが、田舎では日常茶飯事なのです。

自然との共生ができる人でないと、移住ライフに適応するのは難しいかもしれません。

■持病があり、定期的に通院しなければならない人

何らかの持病を持っていて、通院が必要な人は要注意です。

地方都市では設備の整った医療施設が少なく、通院自体に苦労が伴うからです。

移住するのであれば、健康状態に自信がある人のほうが向いているでしょう。

普段から体の調子を整え、必要最低限の医薬品を家に置いておくと安心ですね。

移住ライフの5タイプ

続いては、移住ライフの種類について説明します。自分がどのタイプに当てはまるか、考えながら目を通してみてください。

趣味を満喫したいタイプ

このタイプの移住希望者は、没頭できる趣味を持っています。生活の中に遊びの要素が溶け込んでいるとも言い換えられますね

よくあるのは釣り・サーフィン・登山・キャンプなど。なかには「そこにしかない自然に惹かれて移住を決意した」というパターンもあるでしょう。

ポイントは、趣味にのめり込み過ぎないことです。

自分の楽しみだけを追求せず、仕事や家庭に与える影響も考慮してくださいね。

自然に囲まれて子育てしたいタイプ

神奈川 移住 デュアルライフ

田舎で子育てしたいと考えているご家庭は多いのではないでしょうか?

豊かな自然と隣り合わせの地方では、子どもの遊び場に事欠かない環境が整っています。水や空気がきれいなため、健康面でも良い効果を期待できるでしょう。

さらに世代間交流を通じて多様な価値観を育めるというメリットもあります。

ただし地方の教育事情を調べてから移住しないと、進学の準備を控えた段階で問題に直面すると想定されます。なるべく近くに学校がある地域を選んで移住しましょう。

地方でリモートワークしたいタイプ

毎日の通勤から解放されて、好きなところで働きたい」という人はこのタイプです。

新型コロナ感染症の影響により、在宅ワークが定着した人は多いかもしれません。

今やインターネットとパソコンさえあれば仕事ができる。ならば地方に住んでいても問題ない。

リモートワークがきっかけとなり、従来の労働スタイルは一変しました。

国や自治体もこの流れに注目しており、移住支援金にテレワークの要件が加わっています

地方で起業したいタイプ

先ほど紹介した「地方でリモートワークしたいタイプ」と似ています。

このタイプに該当するのは、自ら仕事を作り出したい人

チャレンジ精神が豊富で、ITスキルに長けた人材と相性がよいでしょう。

地方では競合相手が少ないため、新規にビジネスを立ち上げやすい環境だといえます。

成功の秘訣は、移住前の準備と地域の需要を分析すること。事業が軌道に乗るまでに時間がかかるため、事前にビジネスの芽を育てておいてください

スローライフを送りたいタイプ

都会での忙しない生活から逃れ、田舎でゆったりと過ごしたい人が当てはまります。

注意点として、「スローライフ=のんびりした暮らし」ではないと覚えておいてください。

むしろやるべき作業が多く、想像していたよりも忙しいかもしれません。

ここでいうスローライフとは地に足の着いた生活」を意味します。自給自足が原則の田舎では、身の回りのことは自分でこなさなければなりません。手間はかかるものの、生きている実感を得られるはずです。

不便さを楽しさに変えられる人なら問題なく溶け込めるでしょう

自然豊かな環境でスローライフを送りたい方はこちらの記事もぜひ参考に

人気の移住先3選

最後に、移住者から支持されている人気の移住場所を3つ紹介します。

ぜひ参考にしてください。

長野県

北アルプス・南アルプスを有する長野県は、雄大な自然を求める人にぴったり

定期的に出勤する場合は交通の便も考慮したいところ。新幹線に乗れば、2時間以内で東京・長野間を移動できます。

まさにリモートワーク向きの場所ではないでしょうか。

長野県のオススメ移住スポットが気になる方はこちらもチェック!

静岡県

日本のほぼ中央に位置しており、都会へのアクセスの良さが特徴です。

新東名高速道路や富士山静岡空港などが整備されていて、移動手段には困りません

海も山も満喫できる自然豊かな県ゆえ、移住候補地として人気があるのも頷けますね。

静岡県のオススメ移住スポットが気になる方はこちらもチェック!

宮城県

宮城県は移住初心者が住みやすい場所です。雪深いことで知られる東北地方にありながら、それほど降雪量は多くありません。交通の要衝地として知られる仙台市があり、都会との行き来がしやすい点も魅力の1つです。

宮城県のオススメ移住スポットが気になる方はこちらもチェック!

移住ライフで理想の生活を実現させよう

田舎暮らしに興味がある人は、お試し移住から始めてみてください。

いきなり見知らぬ土地に引っ越すのはリスクが大きすぎるため、少しずつ慣らしていきましょう。

最後に記事の内容をまとめておきます。

  • 移住に向いている人・いない人
  • 移住ライフの5タイプ
  • 人気の移住先3選

田舎暮らしを楽しめるなら、移住ライフに向いています。この記事を参考に、新しいライフスタイルを模索してみてはいかがでしょうか。

【あわせて読みたい記事】

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」

そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

JOIN US!

会員登録するとできること