magazine

【新潟県三条市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

目次

【新潟県三条市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説 | 二拠点生活

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」

そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から
本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

 

新潟県三条市の人口は約10万人。新潟県の中央部に位置する市で、東京からアクセスもよく、移住エリアとして人気があります。

そこで今回の記事では、三条市の基本情報と移住するにあたって知っておきたい市の特徴、移住支援金制度についてご紹介します。

新潟県での二拠点生活や移住を検討されている方はぜひこちらの記事も参考にしてみて下さいね!

新潟県のおすすめ情報

気になった市町村がある方は、自治体ごとの特徴や支援制度について情報収集をしましょう!

実際に移住や2拠点生活をされている方のインタビュー記事を読むことで移住後のイメージが湧きますよ。

三条市の特徴

ものづくりが盛んな三条市の特徴は、以下のとおりです。

  • 移住人気が高い街
  • 教育環境に力を入れている
  • ものづくりが盛んで地域の繋がりが強い

それぞれご紹介していきます。

移住人気が高い街

移住・関係人口を促進するサービスの「SMOUT」によると2021年で最も人気のある街として新潟県三条市が選ばれました。その理由として、アウトドアを楽しめるスポーツ施設が充実している点や、農業と特産品づくりに関するプロジェクトが盛んであるためです。

このように三条市は起業家にも人気の高いエリアとなっています。

教育環境に力を入れているため快適なデュアルライフを送れる

三条市では、教育環境に力を入れています。2021年には三条市立大学が設置され、2022年には図書館などの複合施設の「まちやま」がつくられます。このように子どもの教育環境や生活環境に市全体で力を入れているのです。

そのため、移住後も安心して子育てできる環境で、快適なデュアルライフ生活が送れます。

ものづくりが盛んで地域の繋がりが強い

三条市は金属製品製造の中小企業が多く、世界に誇れる技術を持ったものづくりの街です。地域間での繋がりも強く、移住後も安心して生活できます。

また、世界に誇れる技術を持った企業が多いため、2拠点生活後の就労先を探しやすいのが特徴です。

三条市の移住支援制度

三条市では、条件を満たしていれば移住支援制度を利用して支援金の給付を受けられます。移住支援制度が適用される対象者や、移住支援金がいくらなのかを解説します。

移住支援制度が適用できる対象者

移住支援制度が適用される対象者は、「東京圏から三条市に移住して要件を満たした方」です。

ほかにも細かな条件がいくつかありますので、詳しくは三条市のHPをご確認ください。

三条市移住支援金に関する詳細ページ

移住支援金

新潟県三条市の移住支援制度における、支援金額は以下のとおりです。

  • 単身世帯の場合:60万円
  • 2人以上の世帯の場合:100万円

申請のタイミングや制度の詳しい説明については、三条市のHPをご確認ください。

三条市移住支援金に関する詳細ページ

【あわせて読みたい記事】

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」
 
そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!
 

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

JOIN US!

会員登録するとできること