magazine

【京都府城陽市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

目次

【京都府城陽市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説 | 二拠点生活

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」

そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から
本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

 

城陽市は京都府の南部に位置する人口約7万3千人の市で宇治市や八幡市と隣接しています。

そんな城陽市の市名は公募により決まり、「山城国南部、陽の当たる豊かな土地」との意味を持ちます。日本のプロサッカーチームである京都サンガF.C.のホームタウンであることでも有名です。

この記事では、そんな城陽市で送れるデュアルライフや2拠点生活、移住者に嬉しいさまざまな移住支援制度について解説していきます。

京都府のおすすめ情報

気になった市町村がある方は、自治体ごとの特徴や支援制度について情報収集をしましょう!

実際に移住や2拠点生活をされている方のインタビュー記事を読むことで移住後のイメージが湧きますよ。

城陽市の特徴

城陽市は1951年に久世郡久津川村、富野荘村、寺田村、綴喜郡青谷村の4つの村が合併し、久世郡城陽町が発足しました。その後1972年に久世郡城陽町が市制施行して今の城陽市となりました。

城陽市は、寺院や古墳、史跡など歴史を感じられる建造物が多く存在するのも特徴です。そんな歴史を感じられる城陽市は2拠点生活やデュアルライフを送るのに最適な環境といえます。

城陽市の歴史を巡りながらの2拠点生活

城陽市は奈良と京都から五里離れた場所に位置し、その位置関係から「五里五里の里」と呼ばれています。

そんな五里五里の里には古墳をはじめ、遺跡や神社など歴史を感じられる建造物が多数存在しており、城陽市の街並みもかつての宿馬町の面影が残る風情あるものとなっています

都会の喧騒から離れて、城陽市のような歴史があふれる町で2拠点生活を送るのもよいのではないでしょうか。

家族で遊べる町、城陽市で過ごすデュアルライフ

城陽市には家族連れでも楽しめる運動公園が多数存在します。

都会の公園ではなかなかできないバーベキューや、テニスコートのある公園など、城陽市では大人でも一日中時間を潰せます。

鴻ノ巣山運動公園のイルミネーションなど季節によって楽しみが増えるのも魅力です。京都府城陽市は、子どもを持つ家族連れがデュアルライフをする町としては良い環境だといえるでしょう。

城陽市の移住支援制度について

城陽市には、移住してきた方に向けて支援金が支給されるお得な移住支援制度が存在します。

続いては、そんな城陽市に移住した際に利用できるお得な制度についてみていきましょう。

移住支援制度に関する情報

城陽市には、三世代近居・同居住宅支援事業補助金交付制度と名のつく市内への移住促進を目的とした移住支援制度があります。

市内で新たに三世代近居、もしくは三世代同居を行う世帯の構成員である条件などに適合している方は補助を受けられます。

そのほかの細かな条件や補助額については、こちらの城陽市支援制度ページリンクをご覧ください。

城陽市が行っている支援制度一覧

そのほか、城陽市が行っている主な支援制度は以下の通りです。

支援制度名 支援制度内容
空き家バンク補助金交付制度 支給額:空き家購入補助金→上限10万円
    空き家賃借補助金→上限1万円

対象者:自ら居住するために空き家バンク登録物件を購入、もしくは賃借された方

補足事項:補助金の交付は同一物件につき、1人1回限り

若者定住奨励奨学金返還支援制度 支給額:1年間に返還した奨学金額の2分の1

対象者:現在大学等に在学しており、今年度中に卒業する卒業後、城陽市内で5年以上の定住をする見込みがある就業等をする見込みがある(公務員を除く)独立行政法人日本学生支援機構の第一種奨学金、もしくは第二種奨学金の貸与を受けている

補足事項:支給額は(上限86,000円)を最大5年間

出産・育児支援給付金 支給額:出産する子1人につき、上限10,000円

対象者:城陽市に在住で妊娠7か月以降の妊婦・産婦の方

補足事項:多胎の場合は、人数分支給

そのほかの制度や補助金の額については、城陽市の支援制度ページをご覧ください。

まとめ

城陽市は子育て支援だけでなく、若者の定住を促進するべく経済的に支援する制度があります。

田舎暮らしがしたいけど、都市部へのアクセスも重視している方は検討しても良いでしょう。

自治体によって移住者に対して特に力を入れているサポートは様々

本サイトでほかの自治体に関する移住支援制度や、自治体ごとの特徴について情報収集して納得のいく移住・二拠点生活を実現してくださいね!

【あわせて読みたい記事】

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」
 
そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!
 

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

JOIN US!

会員登録するとできること