magazine

【神奈川県小田原市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

目次

【神奈川県小田原市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説 | 二拠点生活

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」

そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から
本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

 

神奈川県小田原市は、東京から約30分の自然あふれる街です。小田原市は、戦国時代には城下町として栄え、江戸時代では宿場町として有名です。明治・大正時代には別荘地として親しまれていました。

そんな神奈川県小田原市の特徴と、小田原市に移住したいときに利用できる制度や支援について解説します。

神奈川県のおすすめ情報

気になった市町村がある方は、自治体ごとの特徴や支援制度について情報収集をしましょう!

実際に移住や2拠点生活をされている方のインタビュー記事を読むことで移住後のイメージが湧きますよ。

小田原市の特徴

小田原市は、小田原城が有名で有名な街です。都心へのアクセスが良好で、海や川などの自然が豊富なので、デュアルライフを満喫できるでしょう。

伊豆や箱根などの温泉・観光地にも近く、週末に気軽に出掛けられます。

都心へのアクセスも良好

小田原市から都心へのアクセスは良好で、東海道新幹線を使えば、東京から小田原まで約35分で行き来できるため、通勤・通学にとても便利です。また東海道本線でも約80分でアクセス可能なのは魅力ですね。

そのほか、新宿に行くには小田急の特急ロマンスカーや快速急行も利用できます。車の場合は東名高速道路や小田原厚木道路も利用できます。温泉で知られる箱根や熱海にも短時間でアクセス可能です。

豊かな食文化の街

小田原市は海に近いため、新鮮な海産物を味わうことができます。かまぼこや揚げ物・おでんなども有名ですね。柑橘類やオリーブなどの作物の栽培も盛んで、加工したスイーツやお酒なども楽しめるでしょう。

地域特産の食を手ごろな値段で楽しめます。

週末は家族で美味しいものを探しに出掛けるデュアルライフも素敵でしょう。

ステップを踏んで小田原移住!

いきなり小田原市に移住するのは不安ですよね?そんな方は、ぜひ東京・有楽町の移住相談ブースを利用してください。

2拠点生活の不安を解消できますよ。

小田原市の公式ガイドブックや求人情報についても教えてもらえます。

東京・有楽町に移住相談ブースができました

小田原市の移住支援制度を利用して、かしこく移住

小田原市への移住を考えている方向けの情報サイトがあります。

どのような移住支援があるのかご紹介します。

移住支援制度が適用できる対象者

小田原市への移住を考えている方すべてに対し、小田原市は個別で移住支援のサポートを行っています。

また、「オダワラボ」という移住支援サイトを開設し、小田原市の魅力を発信し、市内のゲストハウスと連携する「お試し移住」などのイベントを積極的に行っています。

お試し移住を実際にすると、近所に住む人との交流も体験できるため、小田原市が自分に合っているか確認ができるでしょう。

詳しくは「オダワラボ」をご確認ください。

オダワラボ詳細ページリンク

移住支援制度

小田原市には「オダワラボ」という移住支援サイトがあり、移住体験者の声や小田原市の魅力について発信していますので、ぜひ見てみましょう。オンライン移住セミナーの開催のお知らせもチェックできます。

また、支援してもらいたい内容を小田原市に連絡すると、一人ひとりに合った支援内容などの情報提供をしてくれます。

要望に合わせた資料の送付や施設の案内もしてくれますので、詳しくは以下のリンクの「オダワラボ」をご確認ください。

オダワラボ詳細ページリンク

【あわせて読みたい記事】

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」
 
そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!
 

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

JOIN US!

会員登録するとできること