magazine

【鹿児島県奄美市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

【鹿児島県奄美市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説 | 二拠点生活
「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちが
あるのでは…」


そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から
本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の
「住みたいまち検索」だけです。

奄美大島は鹿児島の南、約380キロメートル先にあります。離島の中では沖縄本島、佐渡島に次ぐ大きな島です。

奄美市の人口は約4万人で、名瀬地区・住用地区・笠利地区の3つの地区で形成されています。また、特徴はなんといっても豊かな大自然で、令和3年には奄美大島が世界自然遺産に登録されました。名前に「アマミノ」がついた動植物も多く、自然との触れ合いが魅力です。

本記事ではそんな奄美市について、詳しく解説します。

鹿児島県での二拠点生活や移住を検討されている方はぜひこちらの記事も参考にしてみて下さいね!

鹿児島県のおすすめ情報

気になった市町村がある方は、自治体ごとの特徴や支援制度について情報収集をしましょう!

実際に移住や2拠点生活をされている方のインタビュー記事を読むことで移住後のイメージが湧きますよ。

奄美市の特徴

奄美大島へのアクセスは、短時間での移動が可能な飛行機が推奨されています。直行便を運営している航空会社は、日本航空(JAL)、ピーチアビエーション(Peach)、スカイマーク(skymark)などを含めた5社です。

ここからは、奄美大島へのアクセス、島の特徴と魅力を解説していきます。

飛行機なら羽田から2時間半!都会と奄美市でデュアルライフを満喫!

奄美大島へは成田、羽田からも最大3時間でアクセス可能で、大阪、福岡からはさらに短時間での移動が可能です。以下に移動の所要時間を記載します。

  • 羽田・成田から約2時間〜3時間
  • 大阪から約1時間半〜2時間
  • 福岡から約1時間半
  • 鹿児島・喜界島から約1時間
  • 徳之島・与論から約30分〜40分

都会の生活に疲れたら週末に飛行機で奄美市に移動し、デュアルライフを楽しめます。

2拠点生活をするなら奄美市で!豊かな森林と美しい海で自然を感じる

奄美市は一年を通して温暖な気候で、冬でも10℃を下回る日はほとんどありません。日本で2番目に大きいマングローブの原生林や、アマミノクロウサギが見られる金作原原生林、奄美十景として名高い大浜海浜公園など、森でも海でも見どころが満載です。

自然に囲まれた奄美市で、のんびりとした2拠点生活をしてみるのはいかがでしょうか。

奄美市の移住支援制度

奄美市では地域経済の活性化を目的に、移住支援制度を設けています。デュアルライフや2拠点生活をお考えの方に気になる情報を解説しますので、ご覧ください。

移住支援制度に関する情報

奄美市では移住・定住を希望される方に対して、「奄美市定住促進住宅」制度を設けており、定住促進住宅の整備を行っています。

地域コミュニティを活性化する担い手として居住してもらうため、使われなくなった空き家を市が借り受け、希望者へ公的住宅として提供しています。

家賃

  • 笠利地区:25,000円~38,000円
  • 名瀬地区:34,000円
  • 住用地区:17,000円~28,000円

入居条件

  • 地域活性化の担い手となる者
  • 同居または同居しようとする親族(婚約者も含む)があること
  • 現在居住している市町村で税金の滞納がないこと
  • 住所を奄美市に移しているまたは入居後に移すことが確実であること

詳細は「定住促進住宅」に関するホームページをご覧ください。

奄美市が行っている支援制度一覧

奄美市ではほかにも支援制度がありますので、以下にまとめます。

支援制度名 支援制度内容
移住定住・住宅購入費助成金 支給額50万円~100万円(高校生以下の子どもの人数に応ず)

対象者:助成金を受けてから10年以上継続して居住する方

補足事項:申請日までの2年以内に新たに住所を有した方

奄美市就業体験支援補助金 支給額:往復旅費(上限1万円)、宿泊費(1泊上限2,000円

対象者:奄美市の事業所に就職希望の移住希望者

補足事項:受け入れ事業所は別途確認が必要

奄美市新卒ルーキー家賃補助事業 支給額月額上限1万円

対象者:新卒ルーキーとして正規雇用された方

補足事項:採用前年に卒業または卒業後3年以内の既卒者

子ども医療費助成制度 支給額保険内診療一部負担金を全額助成

対象者:18歳までの子ども

補足事項:所得制限なし

児童手当 支給額5,000円~15,000円

対象者:中学校修了前までの子どもを養育している方

補足事項:所得制限限度額以上の場合は5,000円

詳しい条件などは、奄美市の公式HPをご覧ください。

まとめ

鹿児島県奄美市に、移住支援金制度はありませんが、住まいの取得に関する支援金を最大100万円支援しています。

都会では感じられない静かな自然環境」は奄美市の良い点でしょう。また、移住者も増えている人気のエリアなので、他の移住者との交流など人間関係の幅も広がりそうです。

自治体によって移住者に対して特に力を入れているサポートは様々

本サイトでほかの自治体に関する移住支援制度や、自治体ごとの特徴について情報収集して納得のいく移住・二拠点生活を実現してくださいね!

【あわせて読みたい記事】

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」

そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

JOIN US!

会員登録するとできること