magazine

【福井県鯖江市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

【福井県鯖江市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説 | 二拠点生活
「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちが
あるのでは…」


そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から
本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の
「住みたいまち検索」だけです。

福井県鯖江市は、産業都市であるとともに、持続可能な都市づくり(SDGs未来都市)にも認定されています。

今回は、そんな鯖江市の基本情報と移住するにあたって知っておきたい市の特徴、移住支援制度についてご紹介します。

福井県での二拠点生活や移住を検討されている方はぜひこちらの記事も参考にしてみて下さいね!

福井県のおすすめ情報

気になった市町村がある方は、自治体ごとの特徴や支援制度について情報収集をしましょう!

実際に移住や2拠点生活をされている方のインタビュー記事を読むことで移住後のイメージが湧きますよ。

鯖江市の特徴

海が綺麗でほどよい田舎である鯖江市は2拠点生活するにおいても、以下の点で非常に優れた都市です。

  • 自然が豊かで静かな環境
  • 子育て世代に嬉しい設備や制度が充実
  • 市内に生活に必要な施設が集結している

では、それぞれご紹介します。

自然豊かで静かなまち鯖江市

鯖江市は、自然豊かで静かな場所で2拠点生活を始めたい方にぴったりの都市です。緑豊かなこの地域では、騒音に悩まされずに静かに暮らせます。

仕事に集中したい単身の方はもちろん、緑豊かなまちは子どもと2拠点生活を始めたい方にも向いています。

2拠点生活に最適!子育て世代に嬉しい設備や制度が充実

鯖江市は、子育てしながらデュアルライフを始めたい方には特に向いている都市です。地域密着型の保育園や子どもの医療費の助成があるなど、安心して子育てができる環境が揃っています。

市内で生活必需品が完結する鯖江市で快適なデュアルライフ

鯖江市は、面積84.5㎡ほどの小さなまちです。そのため、まちにはさまざまな施設がコンパクトに集結しています。スーパーやコンビニ、銀行といった施設は徒歩圏内で完結し、低価格で日用品を販売しているスーパーもあるので、経済的な負担も少なくすみます。

鯖江市の移住支援制度を利用して、かしこく移住

これまで、デュアルライフするにあたって知っておきたい、鯖江市の特徴についてご紹介しました。ここからは、いざ移住する際に便利な市の移住支援金制度についてご紹介します。

移住支援制度が適用できる対象者

福井県鯖江市では、東京圏への人口集中、地方の中小企業の人手不足の解消を目的に、東京圏から鯖江市に移住した方に移住支援制度が適用されます。鯖江市の移住支援制度は次のいずれかに当てはまる方が対象です。

  • 鯖江市に住民票を移す直前の10年間のうち、5年以上東京圏に在住し、東京23区に通勤していた方
  • 住民票を移す直前に連続して1年以上、東京圏に在住し、東京23区に通勤していた方転入後、3ヶ月以上1年以内に移住支援金の手続きをし、継続して5年以上居住する意思のある方
  • 鯖江市が設ける「就業に関する条件」に当てはまる方

「就業に関する要件」の詳細は鯖江市の公式ホームページをご確認ください。

鯖江市市移住支援金詳細ページリンク

移住支援金

鯖江市の移住支援制度の支援金額は、以下のとおりです。

  • 世帯の場合:100万円
  • 単身の場合:60万円

これらの詳しい説明や申請のタイミングについては、鯖江市のHPをご確認ください。

鯖江市市移住支援金詳細ページリンク

【あわせて読みたい記事】

「自分にあった二拠点生活・移住先が分からない…」
「知らないだけで、もっと自分にぴったりなまちがあるのでは…」

そんな方には「住みたいまち検索」がおすすめ!

政府機関が発表する中立・公平なデータをもとに、
全国1,741すべての自治体から本当にぴったりなまちが探せるのは、
二拠点・移住ライフ大学の「住みたいまち検索」だけです。

JOIN US!

会員登録するとできること