二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ツイッターアイコン インスタグラムアイコン

二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ホーム 記事一覧 【滋賀県長浜市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

【滋賀県長浜市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

公開日:2022.05.25 最終更新日:2023.01.07
【滋賀県長浜市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

滋賀県長浜市は、湖北地方と呼ばれる琵琶湖の北東側に位置する都市で、人口は約11万5千人。美しく豊かな自然環境に恵まれ、「戦国の聖地」といわれるように多くの歴史的文化遺産を有する街です。

ここでは、長浜市の特徴と、市に移住したときに利用できる制度や支援金について解説します。

滋賀県での二拠点生活や移住を検討されている方はぜひこちらの記事も参考にしてみて下さいね!

滋賀県のおすすめ情報

気になった市町村がある方は、自治体ごとの特徴や支援制度について情報収集をしましょう!

実際に移住や2拠点生活をされている方のインタビュー記事を読むことで移住後のイメージが湧きますよ。

目次

長浜市の特徴

長浜市は、ショッピングモールや大型スーパー・ホームセンター・家電量販店などがそろっており、買い物には困りません。

また、ビーチやキャンプ場、ハイキングやワカサギ釣りを楽しめる余呉湖など、レジャースポットがたくさんあり、移住者が楽しめる都市です。

大阪・名古屋とのアクセス◎で、北陸ともアクセス抜群

長浜市は、車で大阪から約1時間40分、名古屋から約1時間。鉄道で名古屋から最短約40分、京都から約1時間30分です。他府県からの移動もスムーズで、2拠点生活に最適な都市といえます。

子育て支援が充実!2拠点生活に最適

2拠点生活で心配な点として、「子育て支援はどうなっているのか」が挙げられます。長浜市には、以下のようなサポート・助成制度があります。

  • 中学3年生までの子どもの医療費窓口負担分を助成
  • 出産育児一時金を最大42万円支給
  • 小学生の学校給食費補助

若い夫婦や子育て世帯が安心して移住できる制度が整っていますね。

歴史的文化遺産を多く有する都市でデュアルライフ

長浜市は、長浜城・小谷城跡や賤ヶ岳の戦いの古戦場など、戦国時代にまつわる歴史遺産が多く残る街です。

ほかにも、国宝や重要文化財に指定された建造物が残る竹生島など、見どころがたくさんある都市でデュアルライフを過ごしてみませんか。

長浜市の移住支援制度を利用して、かしこく移住

長浜市に移住したいときは、条件を満たしていれば移住支援制度を利用して支援金の支給を受けられます。

ここでは、移住支援制度が適用される対象者や、移住支援金がいくらなのかを解説します。

移住支援制度が適用できる対象者

移住支援制度が適用される対象者は、移住支援制度が適用される対象者は、「東京23区内に在住していた方」または「東京圏から23区内に通勤していた方」です。

ほかにも年数などの細かな条件がいくつかありますので、詳しくは長浜市のHPをご確認ください。

長浜市移住支援金ページリンク

移住支援金

滋賀県長浜市の移住制度における、支援金額は以下のとおりです。

  • 世帯で移住の場合:100万円
  • 単身で移住の場合:60万円
  • 18歳未満の子どもを帯同して移住する場合:1人に付き30万円加算

申請のタイミングや制度の詳しい説明については、長浜市のHPをご確認ください。

長浜市移住支援金ページリンク

【あわせて読みたい記事】

                 

人気サービス

                       
波
車 イラスト 木 イラスト 木 イラスト
おすすめ記事

おすすめ記事

おすすめ記事
新着記事

おすすめサービス

新着記事
  •                    
パラソルのイラスト 釣りのイラスト
新着記事

新着記事

新着記事
パラソルのイラスト 釣りのイラスト