二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ツイッターアイコン インスタグラムアイコン

二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ホーム 記事一覧 なぜ移住に失敗するのか?その理由と移住の事例を紹介

なぜ移住に失敗するのか?その理由と移住の事例を紹介

公開日:2022.11.30 最終更新日:2022.12.05
なぜ移住に失敗するのか?その理由と移住の事例を紹介

この記事では、主に移住に失敗する理由について解説します。最大の原因は情報不足であり、理想と現実のギャップに直面して定住を断念するケースが多く見られます。田舎特有の人間関係や風習なども高いハードルとなるでしょう。成功の秘訣を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

コロナ禍をきっかけに社会情勢が変化し、地方移住への関心が高まっています。

しかし移住は思っているほど甘くありません。成功事例の陰には、数多くの失敗例が潜んでいるのです。

  • 移住に関心があるけれど、何をすればいいかわからない
  • 失敗する前にその理由を知っておきたい
  • 移住の失敗談・成功談にはどんなものがあるのか

この記事では、上記のような疑問にお応えします。最後まで読めば移住の基礎知識が身につくでしょう。移住に興味があっても実行できない人、近いうちに地方へ引っ越す予定の人は参考にしてください。

目次

 移住に失敗して後悔する4つの理由

憧れの地方移住を実現したにもかかわらず、理想と現実のギャップに落胆して都会に戻る人は数多く存在します。

まずは移住に失敗して後悔する背景について解説しましょう。

 想像していたより不便だった

もともと田舎で暮らしていた人なら問題ありませんが、都会から地方へ移った場合は要注意です。

不便がつきものだとわかっていても、実際にやってみると思ったより大変だと感じるかもしれません。

たとえば下記のような場合が挙げられます。

  • 買い物に行くのに車で1時間以上かかる
  • 冬の雪かきが重労働でくたくたになる
  • 家を定期的に修繕する手間がかかる

地方と都市部では、まったく違う生活になります。

今まで当たり前に存在していたあらゆるモノやサービスがなくなり、ありがたみを痛感するのです。

 生活費が高い

よく「田舎は物価が安くて暮らしやすい」といわれますが、必ずしも断定できません。

なぜなら地方ならではの事情があるからです。

たとえば自治会や町内会の会費、雪かきに使う道具の購入費などが挙げられます。会費は必須ではないものの、加入しないと近隣の情報を入手できない可能性があります。

その他に車の維持費や燃料費などもかかるため、都会と同じくらい出費がかさむかもしれません。地方で暮らすならどちらも生活必需品ゆえ、固定費は高めになると心得ましょう。

 地域になじめない

文化やコミュニケーションの相違は、移住者にとって大きな壁になり得ます。

田舎では住民同士の距離感が近く、人間関係が希薄な都会出身の人からすると驚きの連続だからです。カルチャーショックに直面して「ここには住めない」と感じる場合もあるでしょう。

わかりやすい例を挙げると、田舎では半強制的に地域行事への参加を迫られます。ゴミ拾いやお祭りなどを通じて地縁が醸成されるため、顔を出さないと地域になじみにくくなってしまうのです。

 収入が下がる

そもそも地方では求人数が少なく、給料が安い傾向にあります。収入が安定しないと精神的にも金銭的にも不安定になり、充実した生活が遠のいてしまうでしょう。

移住するなら、なるべく仕事を変えずにテレワークで対応することを推奨します。転職するにしても、移住前に新しい勤め先を確保してからが望ましいですね。

移住直後はただでさえ何かと入り用なため、収入が途絶える状況はなるべく回避してください。

 移住に失敗する人の4つの特徴

続いては、移住に失敗する人に共通する特徴を紹介します。

後悔したくない人は、以下の内容を踏まえて実行してください。

 情報収集が不足している

念入りなリサーチなくして、移住は成功しません。面倒くさがって手抜きすると、後でツケが回ってきます十分すぎるほど調べ尽くしてから移住しても遅くありません。

よくあるのは、美しい自然に惹かれて移住したものの「こんなはずじゃなかった」と後悔するパターンです。

近くに病院やスーパーがなくて困る。子どもの教育環境や進学に不安を感じる。

旅行で行くのと住むのとでは大違いです。事前に調べておけば、想定外の事態は避けられるでしょう。

 地域住民と積極的に交流しない

田舎暮らしをするなら、地域のコミュニティに溶け込む必要があります。助け合いや共同意識なくして生きていけないといっても過言ではありません。

「そんな大げさな」と思うかもしれませんが、場所が変われば生活スタイルも違うのです。不便だからこそお互いに協力し、持ちつ持たれつの関係性を築く。

たとえばおすそ分けの文化がわかりやすいですね。買い物に行くのが大変な土地に住んでいると、ご近所からもらった野菜のありがたみを実感するでしょう。

最初は住民に警戒されるかもしれません。しかし諦めずにこちらから相手の懐に飛び込んでください。笑顔で挨拶したり、作業を手伝ったりするうちに受け入れてもらえる可能性があります。

 都会の感覚を持ち込む

地方移住でやってはいけないことの1つに「都会の感覚を持ち込む」というのがあります。

別の表現に置き換えるならば、お客様気分が抜けていないといえるでしょう。都会と田舎に優劣はありません。インフラが整っているかいないかの違いなのです。

都会の感覚を引きずっている人が言いがちなNGワードに「東京では○○なのに」があります。これは間違いなく田舎で嫌われる言動ですね。

「東京の便利な生活がいいなら、なぜここにきたのか」と反感を買いかねません。移住で失敗したくなければ、田舎は都会より劣っているという考えを捨ててください。自分からその地域を好きになる努力が必要です。

 出費を甘く見積もっている

先ほども述べたように、田舎暮らしは意外にお金がかかります。家賃は安いのですが、その他の生活必需品への出費が増え、結果的に都会と同じくらいになるケースもあるでしょう。

なぜなら地方では価格競争がないからです。買い物できるお店が少ないため、値段が高くてもそこで購入するしかありません。

さらに収入源が重なると、かなりの痛手となるのは目に見えています。本気で移住するつもりなら、半年分くらいの生活費は確保しておきたいですね。

 移住で失敗しないためにすべき4つのこと

ここからは、理想の移住ライフを実現するコツに移ります。

失敗を避けたい人は知っておくと役に立つでしょう。

 移住する目的を定める

そもそも移住したいと思った理由は何でしょうか。それを明確にする必要があります。

  • 趣味に没頭できる環境に身を置きたい
  • 子どもを自然の中でのびのびと育てたい
  • 親の実家に住んで一緒に生活したい

人それぞれに事情があるはずです。納得いくまで考え抜いてください。

移住の軸が固まったら、次に「移住しなければできないことか」を検討しましょう。わざわざ引っ越さなくても、二拠点生活や週末移住で事足りるかもしれません。

 家族の了承を得る

移住する目的が定まったら、家族の意向を聴く段階に入ります。

生活の基盤をそっくりそのまま他所へ移すとなると、家庭に影響を及ぼすからです。配偶者や子どもの意見を確認し、同意を得てください。

単身世帯であれば自分1人の問題で済みますが、2人以上だとそう簡単にことは進みません。もし家族の意見が一致しないなら、単独で週末移住や二拠点生活を楽しみましょう。

 お試し移住で現地の生活を体験する

地方移住するにあたり、お試し移住は欠かせません。面倒くさがって現地の生活を知らずに引っ越すと、必ず想定外の事態に直面します。

おすすめは、春〜秋にかけて1回、冬に再度のトライアル移住をすることですね。

場所にもよりますが、田舎の冬は都会よりも厳しい傾向にあります。寒さだけでなく、大量の雪と格闘しなければなりません。

雪かきの頻度はどのくらいか、燃料代はいくらかかるかなど、把握しておくに越したことはないでしょう。

 移住支援が手厚い自治体を選ぶ

自治体によって支援制度の内容は千差万別です。もともと人口が多く、誘致しなくても人が集まる自治体では総じて手薄な印象があります。

このように、地方にもさまざまな市町村が存在することを頭に入れておきましょう。

実際に移住候補地の支援制度を調べ、気になったところがあれば電話やメールなどで問い合わせてみてください。

担当窓口の職員は現地の情報を把握しています。情報を仕入れる絶好の機会でもあるため、積極的に行動するといいですね。

また移住相談員と話してみるのもおすすめです。移住経験者だとなお心強いでしょう。

 移住の失敗事例・成功事例

ここで実際に移住した人の失敗事例と成功事例をみてみます。

 失敗したケース

テレビや雑誌などではあまり見かけませんが、インターネットで検索すると多くの失敗談がヒットします。その中から一部を選んでまとめました。

 ご近所づきあいに辟易した

田舎では、ちょっとしたことがすぐ地域内に知れ渡ります。特に小規模な自治体では、住民同士が各自の行動を知っていることも珍しくありません。

基本的に家の鍵をかけず、知り合い同士で家を行き来するのは日常茶飯事です。知らぬ間に近所の人が家にいることも。プライバシーを確保したい人にとっては、なじめない風習かもしれません。

 虫や野生動物が苦手で慣れなかった

自然豊かな環境に身を置くと、虫や野生動物との接触は不可避です。

慣れろといわれて克服できるものではないため、耐えられる自信がない人は移住しないほうがいいですね。

自然との共生は、田舎にいる限り永遠の課題として付きまといます。

 成功したケース

続いては、移住に成功した人たちの事例を紹介します。移住を決意した理由は人それぞれですが、共通点として確固たる意思があったことが挙げられるでしょう。

 家族と一緒に生活するために田舎へ移り住んだ

仕事の都合で転勤族だった人が、たまたま地方都市に赴任したことで移住を決意したケースです。

家族団らんの時間を楽しめるようになり、この生活を続けたいと考えるようになりました。その矢先に子どもから「ここに住みたい」と言われ、そのまま住民登録。一家で田舎暮らしを満喫しているとのことです。

 息苦しい都会から抜け出して地方へ移住した

田舎で育って東京で就職し、最終的に地方へ移住した人のケースです。ずっと都会で暮らすのに違和感があり、落ち着いて暮らせる場所を求めていました。

コロナ禍で配偶者が仕事を退職し、都会に縛られる必要がなくなったのを契機に地方都市へ移住したのです。情報を集めるうちにとある自治体に目が留まり、実際に現地へ足を運んで決めました。

 地方移住支援サイトを活用して情報を集めよう

最後に、情報収集に役立つサイトを紹介しましょう。

繰り返しお伝えしているように、移住の成否を左右するのは事前のリサーチです。ここでどれだけ時間をかけたかで、その後の結果は大きく変わります。

下記でとり上げた4つ以外にも移住支援サイトはありますので、いろいろ探してみてください。

 SMOUT

会員登録してプロフィールを入力すると、おすすめの移住候補地が表示されます。

移住候補地を探しつつ、担当者からのオファーを待つのも有効な手段ですね。

実際に移住した人が相談員として登録しており、住民目線のアドバイスが欲しい場合に役立つのではないでしょうか。

サイトはこちら

 ピタマチ

「理想の暮らし診断」を元に、マッチングする確率が高い移住候補地を教えてもらえます。

気になるエリアにメッセージを送り、個別相談を受けることも可能。

その他にも、各地域のイベント情報が随時更新されています。

サイトはこちら

 たびすむ

「移住ワーケーションAI診断」で、自分にぴったりな市町村を探せるサイト。

移住に関するコラムや経験者の体験レポートなど、準備に役立つ情報が満載です。

資料請求もできますので、活用してください。

サイトはこちら

 LOCAL MATCH

移住を検討している人と自治体を結びつけるためのプラットフォームです。

求人情報や相談窓口など、移住希望者が知りたい内容をわかりやすく提供しています。

仕事・生活・将来設計に不安がある人は登録してみてください。

サイトはこちら

 移住に失敗するのには必ず理由がある

移住とは、すなわち生活の拠点を別の場所に移すことです。慎重に実行しないと、その後の人生が大きく狂う危険性を秘めていると心得ましょう。

裏を返せば、準備段階で不安材料を消しておけばトラブルを防止できるともいえます。

移住に失敗する人には明確な理由があり、たいていは情報収集が足りません。あるいは自ら地域になじもうとする努力を怠っています。

この記事で紹介した内容を参考に、移住ライフを成功させましょう。しかし、難しく考えずに情報収集しながら準備を進めれば大丈夫です。

                 

人気サービス

                       
波
車 イラスト 木 イラスト 木 イラスト
おすすめ記事

おすすめ記事

おすすめ記事
新着記事

おすすめサービス

新着記事
  •                    
パラソルのイラスト 釣りのイラスト
新着記事

新着記事

新着記事
パラソルのイラスト 釣りのイラスト