二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ツイッターアイコン インスタグラムアイコン

二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ホーム 記事一覧 【新潟県上越市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

【新潟県上越市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

公開日:2022.09.24 最終更新日:2022.12.20
【新潟県上越市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

上越市は、日本海側のほぼ中央、新潟県の南西部に位置し、海と山を有する自然豊かな地域です

今回は、新潟県上越市の移住や、 2拠点生活に対する移住支援制度について紹介していきます。

新潟県のおすすめ情報

気になった市町村がある方は、自治体ごとの特徴や支援制度について情報収集をしましょう!

実際に移住や2拠点生活をされている方のインタビュー記事を読むことで移住後のイメージが湧きますよ。

目次

上越市の特徴

上越市は新潟県の中央部に位置しています。そんな上越市にはどのような特徴があるのでしょうか。

風光明媚な「とかいなか」でデュアルライフ

新潟県上越市は、人口はおよそ約20万人です。町もあり、自然もある都会と田舎をミックスした「とかいなか」といえるでしょう。

四季の変化がはっきりし、冬期に降水量が多く快晴日数が少ない気候。冬期は日本海側から吹き込む季節風の影響により大量の降雪があるため、全国有数の豪雪地帯となっています。

都心へのアクセスも快適!

上越市は都心へのアクセスもしやすい街です。JR北陸新幹線が市内に通っており、上越妙高駅から東京駅まで約2時間で移動可能です。

たまにお仕事で東京へ行かなければいけない方も、月に1度など頻度が多くなければ大きな負担を感じないかもしれませんね。

また、港や高速自動車道など、交通ネットワークが充実しているため、多くの工業団地があります。

充実の子育て支援。その他にも就農や起業の支援も。

上越市は子育て支援にも積極的に取り組んでいます。

子ども医療費助成という、入院・通院ともに、18歳のお子さんの医療費の一部を補助する制度や「じょうえつ子育てinfo」という様々な子育て相談から、保育園、認定こども園などの情報の提供など、一貫して相談できる窓口もありますよ。

子育てをしながらデュアルライフを送りたい人にとてもおすすめの環境ですよ。

また、新しく農業を始めたい方に向けて農業体験から就農支援や、サテライトオフィス等のリフォームをする場合の補助金として最大200万円も。

上越市の移住支援金制度を活用しよう

上越市では、移住を行う方に対する移住支援金制度があります。そのほかにも、定住を促す支援・補助制度があります。

まずは、移住支援金制度について解説していきます。

上越市の移住支援金制度

新潟県上越市の移住支援制度が適用できる対象者は以下の要件に当てはまる方です。

  • 住民票を移す直前の10年間のうち、通算5年以上、東京23区に住んでいたか、条件不利地域以外の東京圏から東京23区内に通勤していた方
  • 住民票を移す直前に連続して1年以上、東京23区に住んでいたか、東京圏から東京23区内に通勤していた方
  • 移住支援金の申請時において、上越市に転入後3か月以上1年以内の方
  • 上越市に移住支援金の申請日から5年以上、継続して居住する意思がある方

ほかにも細かな条件がいくつかありますので、詳しくは上越市の詳細ページをご覧ください。

上越市移住支制度詳細ページリンク

移住支援金

新潟県上越市の移住制度における、支援金額は以下のとおりです。

  • 世帯で移住の場合:100万円
  • 単身で移住の場合:60万円

その他の移住支援制度

上越市は若者や子育て世代の移住・定住を応援するために、住まいのサポートも手厚いので一部をご紹介します。

物件の購入

  • 新築、建売住宅の購入 ・・・ 40万円
  • 中古住宅の購入 ・・・ 20万円

物件の賃貸

  • 上越市内に事務所を設けた個人事業主など ・・・ 月額上限2万円
  • 企業等に就職した人(テレワーカー含む)・・・ 月額上限1万円

子育て支援

緊急時や一時的な保育サービスを提供しています。

  • 定期的なパートや自営業など継続的に家庭で保育が困難な場合・・・週3日を限度として利用可能
  • 育児疲れ解消などのリフレッシュをしたい場合・・・週3日を限度として利用可能
  • 父母が就労・病気・家族の看護・出産・冠婚葬祭などで、短期的に家庭で保育が困難な場合・・・連続する30日を限度として利用可能

おためし農業体験

新規に就農をめざす方に向けて、おためし農業体験プログラムを提供しています。実際に農作業を体験することで、農業をして暮らすイメージがより鮮明になるでしょう。

参加する方に、交通費や宿泊費の一部を支援

  • 当市までの交通費 ・・・ 上限10,000円
  • 宿泊費 ・・・ 上限4,000円/泊

新規就農者農へ向けた補助金

はじめて農業で生計を立てる際は、さまざまな設備や機械の購入が必要となるでしょう。

農業用機械購入費の補助

  • 農業用機械購入費:上限50万円

農業に従事する際に必要な免許の取得支援

  • 大型特殊免許、けん引免許を取得費:最大10万円

空き家リフォーム費用の支援

独立・自営就農又は市内農業法人等へ就業している方が物件を購入した場合のリフォーム費用を支援しています。

  • 補助率1/3、上限60万円

住居費補助金

U・I・Jターンし新規就農した方が、賃貸住宅(アパート等)住んでいる場合家賃を支援しています。

  • 就農に向け研修を受けている方 ・・・ 月額上限2万円(最長1年間)
  • 新規就農した方 ・・・ 月額上限2万円(最長1年間、独立・自営就農者は最長2年間)

まとめ

上記に記載した移住支援制度および支援金以外にも、教育費として必要な奨学金を支援する制度や通学時の交通費をサポートする制度、市内への就労を促進するための家賃補助などたくさんあります。

興味がある方は、上越市が行っている移住体験ツアーや田舎暮らし体験施設に滞在してみるのも良いでしょう。

詳細はこちらまで

自治体によって移住者に対して特に力を入れているサポートは様々。本サイトでほかの自治体に関する移住支援制度や、自治体ごとの特徴について情報収集して納得のいく移住・二拠点生活を実現してくださいね!

【あわせて読みたい記事】

                 

人気サービス

                       
波
車 イラスト 木 イラスト 木 イラスト
おすすめ記事

おすすめ記事

おすすめ記事
新着記事

おすすめサービス

新着記事
  •                    
パラソルのイラスト 釣りのイラスト
新着記事

新着記事

新着記事
パラソルのイラスト 釣りのイラスト