二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ツイッターアイコン インスタグラムアイコン

二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ホーム 記事一覧 【高知県安芸市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

【高知県安芸市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

公開日:2022.05.28 最終更新日:2022.12.31
【高知県安芸市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

高知県東部の中核都市である安芸市は、多くの偉人や著名人を輩出している人口約1万6千人の町です。海と山の自然環境に恵まれ、代表的なゆずの生産地である高知県内においても安芸市の生産量は日本一です。

そこで今回は、安芸市の特徴と、安芸市に移住したときに利用できる制度や支援金について解説します。

高知県での二拠点生活や移住を検討されている方はぜひこちらの記事も参考にしてみて下さいね!

高知県のおすすめ情報

気になった市町村がある方は、自治体ごとの特徴や支援制度について情報収集をしましょう!

実際に移住や2拠点生活をされている方のインタビュー記事を読むことで移住後のイメージが湧きますよ。

目次

安芸市の特徴

多くの著名人を生み出した高知県安芸市は一体どんなまちなのでしょう。安芸市までのアクセスや生活風景について紹介します。

空港からのアクセスも良好!歴史と文化の町でデュアルライフ

安芸市は、高知龍馬空港から車で約40分。近く大都市圏からのアクセスも良好で、以下のような交通機関を利用するのが便利です。

  • 羽田、伊丹、名古屋、福岡から飛行機(直行便)を利用

(高知龍馬空港から乗合タクシー、ローカル線のごめん・なはり線を経由)

  • 岡山方面から電車を利用

また、三菱グループの創始者である岩崎彌太郎をはじめ、これまで多くの書家・作家・作曲家・力士などが安芸市から生まれています。偉人たちの功績をたたえる資料館も町の代表的な観光スポットになっていて、歴史や文化に触れながらデュアルライフを楽しめます。

コンパクトシティで便利な2拠点生活

安芸市は、生活圏、海、山がコンパクトにまとまりとても暮らしやすい町です。鉄道を隔てて北側に山や農作地帯、南側が市街地と海に分かれていて、市街地は平坦で自転車通勤をする方も多いです。

商店や病院、飲食店、レジャー施設が備わっているため徒歩での生活が十分可能で、便利な暮らしと海・畑・山の幸に恵まれた快適な2拠点生活が送れます。

安芸市の移住支援制度

安芸市では、移住される方を対象とした支援制度や補助金が充実しています。

ここでは、実際に安芸市に移住する場合に活用できる移住支援制度をご紹介します。

移住支援制度に関する情報

安芸市では、空き家の有効活用と移住促進を目的として、空き家を改修して安芸市に定住する予定の移住者に対して改修費用の一部を補助する「空き家改修費等補助金」を給付しています。

対象となる方や補助金の詳細については、安芸市のホームページで確認してください。

安芸市空き家改修費等補助金のページ

安芸市が行っている支援制度一覧

室戸市には、そのほかにも以下のような支援制度があります。移住する際には支援制度や支援金を上手に活用しましょう。

支援制度名支援制度内容
安芸市三世代同居等移住支援事業補助金子育て世帯の移住・定住促進を目的に、三世代が同居や近居となる子育て世帯の市外からの転入費用や定住費用を補助
安芸市結婚新生活支援事業補助金地域における少子化対策の強化を目的として、新婚世帯に対して住居費や引越し費用を補助
安芸市新規就農推進事業安芸市内の研修受入農家のもとで研修を行い、修了後市内に居住し就農する方に対して一定額を助成
新規漁業就業者支援事業漁業者のもとで研修を行い市内で漁業に就業する場合、研修期間中に一定額を支給
児童手当0歳~中学3年生までの子どもを養育している方に対して支給
子ども医療費助成制度安芸市在住の中学生以下の子どもを対象に、年齢に応じた割合の医療費自己負担分を助成
一般不妊治療助成一般不妊治療に要する治療費の一部を助成

詳しい内容については、安芸市支援制度ページをご覧ください。

安芸市支援制度ページリンク

【あわせて読みたい記事】

                 

人気サービス

                       
波
車 イラスト 木 イラスト 木 イラスト
おすすめ記事

おすすめ記事

おすすめ記事
新着記事

おすすめサービス

新着記事
  •                    
パラソルのイラスト 釣りのイラスト
新着記事

新着記事

新着記事
パラソルのイラスト 釣りのイラスト