二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ツイッターアイコン インスタグラムアイコン

二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ホーム 記事一覧 【岐阜県白川町 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

【岐阜県白川町 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

公開日:2022.04.23 最終更新日:2022.12.23

岐阜県白川町は、岐阜県の中南部に位置する小さな町です。白川町でデュアルライフを始める際には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

今回は、白川町の基本情報と移住するにあたって知っておきたい市の特徴、移住支援金制度についてご紹介します。

岐阜県での二拠点生活や移住を検討されている方はぜひこちらの記事も参考にしてみて下さいね!

岐阜県のおすすめ情報

気になった市町村がある方は、自治体ごとの特徴や支援制度について情報収集をしましょう!

実際に移住や2拠点生活をされている方のインタビュー記事を読むことで移住後のイメージが湧きますよ。

目次

白川町の特徴

山々に囲まれた、小さな地域である白川町は、2拠点生活を始めるにあたって以下のメリットがあります。

  • 降雪が少ない
  • 名古屋までの距離が近い
  • 子育てのための環境が整っている

それでは、ひとつずつご紹介します。

降雪量が少ないまち白川町

岐阜県白川町は、標高1,000mを超える山々に囲まれた標高差の激しい地域ですが、冬季の降雪は意外と少ないのです。岐阜県といえば、雪が積もるイメージが大きいですが、白川町では雪があまりみられません。

岐阜県でデュアルライフをしたいけれど、積雪による被害は受けたくないのであれば、白川町は候補のひとつとなるかもしれませんね。

2拠点生活に最適!名古屋までの距離が近い

山に囲まれている地域だと、どうしても交通の便が悪い地域が多いのが問題点です。しかし、白川町は岐阜駅まで40分、名古屋駅まで1時間程度で出られます。

2拠点生活で、都市部に用事がある場合でも、交通アクセスに困ることは少なそうです。

子育ての環境が整っている白川町で快適なデュアルライフ

岐阜県白川町では、高校卒業まで医療費が無料なほか、出産祝い金や出産育児給付金があるなど、子育ての環境が整っています。

大自然の中で子供とのデュアルライフを楽しみたい人でも、町内の子育て支援制度が整っていれば安心できますね。

白川町の定住支援・補助制度を利用して、かしこく移住

岐阜県白川町には移住支援制度がありませんが、代わりに定住を促す支援・補助制度があります。ここでは、その対象者や、定住支援・補助の内容を解説します。

定住支援・補助制度が適用できる対象者

白川町に市外から転入し、新築あるいは中古住宅を取得した移住者に対して、住宅取得支援事業補助金が適用されます。

交付対象者は以下のとおりです。

  • 町内に自ら居住する住宅を取得する人
  • 町内に自ら居住する住宅を取得し、増改築等を行う人
  • 町内に自ら居住する住宅を賃貸する人または賃貸した住宅の増改築を行う人

交付対象者の詳細については白川町のHPをご確認ください。

白川町移住支援金詳細ページリンク

住宅取得支援金

岐阜県白川町の「住宅取得支援事業補助金」における、支援金額は以下のとおりです。

  • 新築住宅:一律50万円(ただし、木造の住宅において構造用木材に県産材を使用する場合30万円加算)
  • 中古住宅:住宅の購入費の1/2(購入した中古住宅の増改築等により、150万円以上のの費用を支払った場合50万円加算)

新築・中古住宅のいずれにおいても、以下の加算対象となる場合があります。

  • 簡易水道加入分担金を支払った場合:45万円
  • 中学生までの子供を扶養している場合:1人につき10万円

このほかにも、岐阜県白川町では、空き家バンクの支援もあります。申請のタイミングや制度の詳しい説明については、白川町のHPをご確認ください。

白川町移住支援金詳細ページリンク

                 

人気サービス

                       
波
車 イラスト 木 イラスト 木 イラスト
おすすめ記事

おすすめ記事

おすすめ記事
新着記事

おすすめサービス

新着記事
  •                    
パラソルのイラスト 釣りのイラスト
新着記事

新着記事

新着記事
パラソルのイラスト 釣りのイラスト