二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ツイッターアイコン インスタグラムアイコン

二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ホーム 記事一覧 二拠点生活(デュアルライフ)でも自治体から支援金や補助金が出るって知ってた?コストを抑えて賢く生活

二拠点生活(デュアルライフ)でも自治体から支援金や補助金が出るって知ってた?コストを抑えて賢く生活

公開日:2022.11.08 最終更新日:2022.12.03
二拠点生活(デュアルライフ)でも自治体から支援金や補助金が出るって知ってた?コストを抑えて賢く生活

近年注目を浴びている二拠点生活(デュアルライフ)。

しかし、実際にどのくらいのお金がかかるのかを知る機会は少ないのではないでしょうか。

「お金が山ほどあれば、すでに別荘を買って悠々自適に生活しているよ!」そんな声も聞こえてきそうです。しかし、近年は少子高齢化や若者世代の地方離れもあり、地方の土地や物件が放置されている状況も自治体の課題にもなっています。

目次

コロナ渦で注目の二拠点生活(デュアルライフ)とは?

二拠点生活支援

都会と田舎など2つの拠点を行き来する生活様式です。二拠点ライフは今住んでいる拠点をそのまま残しつつ、地方にセカンドハウスを構えて暮らす。移住との違いはここにあります。

最近はニュースでも特集が組まれるほど人気が高まっており、幅広い年代の人から注目されるようになりました。

そのきっかけとなったのが、新型コロナ感染症の拡大です。2020年頃から在宅ワークやリモートワークが一般的になり、従来の働き方が当たり前ではなくなりました。それに伴い地方での生活に関心を持つ人口が増加したのです。

デュアルライフには、都会と田舎のメリット両方を享受することができます。移住する場合は仕事や住まいなどを変える必要がありますが、二拠点生活ならそれほどハードルは高くありません

二拠点生活(デュアルライフ)をする人の年収水準について

二拠点生活のコスト

調査(※1)によれば、趣味・嗜好目的で二拠点生活(デュアルライフ)を行う人の世帯年収は500~600万円(中央値)となっており、必ずしも富裕層に該当するだけのライフスタイルではないことがわかります。

エリアや物件選びなど、不動産会社や金融機関と相談しながら無理のない資金計画を立てましょう。

(※1)一般社団法人 不動産流通経営協会「複数拠点生活に関する基礎調査

二拠点生活(デュアルライフ)の促進を積極的に支援している自治体3選

役所

移住に関する支援制度を提供している自治体は国内に多数あります。その反対に、二拠点生活(デュアルライフ)はまだまだ全国的にも注目を集めたばかり。国や自治体も二拠点生活に関する支援策を整備している段階といえます。

しかし、その中でも早くから二拠点生活(デュアルライフ)というライフスタイルの流れを受け早期に支援策を整備している自治体があります。

今回は特に国内でも注目された取り組みを行っている、選りすぐりの自治体をご紹介します。

(1)長野県佐久市

佐久

長野県佐久市は、都心からも交通の便が良く、移住者が近年増えている土地。実は

佐久市は二地域居住(デュアルライフ)という新しいライフスタイルに早くから着目し、支援策を整備してきた、いわゆるパイオニア的な存在です。

それでは、さっそく長野県佐久市が提供している支援策を紹介していきます。

佐久市リモートワーク実践者スタートアップ支援金

佐久市では、長野県外から移住してきた人や長野県外との二地域居住を始めた人が、リモートワークを実践する場合の支援金を交付しています。

佐久市空き家バンク

佐久市が主体となって運営している空き家バンク。所有している空き家を貸したい人や、売りたい人が登録し、空き家バンクを介して自治体が情報を提供するサービスです。この情報を元に、空き家を買いたい人や借りたい人が最良の物件を見つけて申し込み、購入や賃貸ができるといった仕組みです。

お住まいオーダー

佐久市独自の画期的な「移住検討者向けお住まい探しサービス」です。

佐久市内で住居や土地を探す移住希望者等※から、「こんな住まいを探しています」という「オーダー(注文)」をもらい、不動産会社や個人所有者からの物件情報とのマッチングを図る制度です。

【合わせて読みたい記事】

(2)栃木県栃木市

栃木市
栃木市

栃木県栃木市は、県内南部に位置しており、栃木県の第三の都市といわれています。東京圏(埼玉、千葉、神奈川)からも交通アクセスが良く、こちらも移住先として注目を集めています。

栃木県栃木市が提供している支援策を紹介していきます。

空き家の活用支援

空き家を活用して定住を促す取り組みを進めています。

空き家を栃木市が運営する空き家バンクへ登録し、二地域居住を希望する人とマッチングし成約したとします。その際に、リフォーム補助や家財処分補助、まちなか定住補助、空き家購入補助などを、栃木市から受けることができます。

この取り組みで全国の多くの自治体で運営されている空き家バンクの中でも最も成約件数の多い自治体としても知られています。空き家を購入やタダ同然で譲り受けたとしても、リフォームや、使用しない家財道具の処分などにコストがかかってしまうネックな部分を解消したとても、”かゆいところにに手が届く”支援策ですよね。

【合わせて読みたい記事】

(3)徳島県

四国の東側に位置する徳島県は、山と海の自然に囲まれています。瀬戸内海の鳴門海峡の渦潮など、雄大な自然を感じることができるはずです。

徳島県が提供している支援策を紹介していきます。

デュアルスクール

徳島県では、県を挙げて二拠点居住や・リモートワーク・ワーケーションなどをしたい方へ「デュアルスクール」という取り組みを行っています。

デュアルスクールとは、小さなお子さん達が「都市部と地方の双方で教育を受けられる」新たな学校のかたち。

ひとつの地域・学校にとらわれない制度として時代に合った子ども達の自由な生活や学習の場を提供しています。しかも、徳島県の教育委員会と都市部在住市区町村教育委員会とも連携していて、区域外就学は、住民票を移すことなく転出や転入ができ、児童手当などの変更手続きも必要ありません。

こんな方へおすすめ

  • 徳島県内への移住に向けた「お試し移住」をしたい方
  • 徳島と都市部の「二地域居住」をしたい方
  • 徳島でサテライトオフィス勤務やリモートワーク・ワーケーションをしたい方
  • 子育てや介護のために、短期間徳島の実家に帰省をする方
  • 短期間家族を招いて、一緒に徳島での生活を楽しみたい単身赴任の方

この徳島県の「デュアルスクール」という取り組みは、都道府県の優れた政策を表彰する全国知事会主催の政策コンテストで「第10回全国知事会先進政策大賞 受賞」を受賞しています。これからの社会のニーズに合った先進的な取り組みですよね。

【合わせて読みたい記事】

まとめ

自然豊かな風景
自然豊かな風景

二拠点生活(デュアルライフ)は、最近ニュースでも特集が組まれるほど人気が高まっており、幅広い年代の人から注目されるようになりました。

2020年頃から在宅ワークやリモートワークが一般的になり、従来の働き方が当たり前ではなくなりました。それに伴い地方での生活に関心を持つ人口が増加したのです。

デュアルライフには、都会と田舎のメリット両方を享受することができます。

移住する場合は仕事や住まいなどを変える必要がありますが、二拠点生活ならそれほどハードルは高くありません

仕事も趣味も思いきり楽しみたいなら、ぜひデュアルライフに挑戦してみてください。本来の生活拠点を残したまま新しい生活を体験できる。これはデュアルライフにおける最大の醍醐味といっても過言ではありません。

                 

人気サービス

                       
波
車 イラスト 木 イラスト 木 イラスト
おすすめ記事

おすすめ記事

おすすめ記事
新着記事

おすすめサービス

新着記事
  •                    
パラソルのイラスト 釣りのイラスト
新着記事

新着記事

新着記事
パラソルのイラスト 釣りのイラスト