二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ツイッターアイコン インスタグラムアイコン

二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ホーム 記事一覧 【千葉県一宮町 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

【千葉県一宮町 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

公開日:2022.04.23 最終更新日:2022.12.04
【千葉県一宮町 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

東京駅までのアクセスの便利さと、豊富な自然があり野菜や魚が美味しいことで人気を集めている一宮市。そんな一宮市に移住するとき、どんな支援を受けられるのでしょうか。

ここでは一宮町の特徴と、移住する際に利用できる支援制度について解説します。

千葉県での二拠点生活や移住を検討されている方はぜひこちらの記事も参考にしてみて下さいね!

千葉県のおすすめ情報

気になった市町村がある方は、自治体ごとの特徴や支援制度について情報収集をしましょう!

実際に移住や2拠点生活をされている方のインタビュー記事を読むことで移住後のイメージが湧きますよ。

目次

一宮町のPR動画

一宮町の特徴

一宮町は九十九里浜の南の端に位置する、人口12,000人が暮らす豊かな自然に囲まれた街です。温暖で穏やかな気候が特徴ですが、夏は比較的涼しく過ごしやすくなっています。

町内には野菜の直売所が5つあるため、新鮮な野菜を手に入れられるのが魅力。家電量販店やホームセンターなど、生活に必要なお店も揃っているので、快適なデュアルライフを贈れそうですね。

サーフタウンと呼ばれる街でデュアルライフを楽しもう!

一宮町には、サーフィンの国際大会が数多く開催される「釣ヶ崎海岸」を始めとするサーフポイントが複数あります。

そのサーフィン人気は、早朝にサーフィンをしてから通勤する方もいるほどで、サーファーの移住地として人気上昇中の街となっています。

快適な2拠点生活!始発で通勤・通学も楽々

JR外房線の上総一ノ宮駅からは始発に乗って東京駅まで行けます。東京駅までの80分、座って楽々通勤・通学ができるので、2拠点生活に最適ですね。

特急かわしお号を利用すると、東京駅まで60分なのでさらに便利です。

小さな街でも充実の医療機関

一宮町は人口12,000人の小さな街なので、病気やけがをしたときに受診できる医療機関があるのか気になりますよね。

一宮町には9ヶ所の医院があるので、何かあったときも安心です。また、歯科医院も町内に7ヶ所あり、2拠点生活先で歯の治療がしたいときも頼れる歯科医院を受診できそうです。

一宮町の移住支援制度を活用しましょう

豊かな自然と、都心への良好なアクセスが魅力的な千葉県一宮町に移住するとき、どんな支援制度が利用できるのか気になりますよね。

一宮町には移住支援制度や移住支援金の支給はありませんが、定住を促す支援・補助制度があります。

ここでは、「病児保育」について解説します。

移住支援制度が適用できる対象者

「病児保育」の対象者は以下のとおりです。

  • 町内に住所がある生後57日目から小学校3年生までの子どもが対象:病気の回復期にあり、保育所等での集団保育が困難な状態の方

ほかにもさまざまな条件がありますので、詳しくは一宮町のHPをご確認ください。

一宮町「病児保育」ページリンク

移住支援金

千葉県一宮町の、公費負担での病児保育利用料は以下のとおりです。

  • 1日利用の場合:2,000円
  • 4時間以内:1,000円
  • おやつ代:100円

病児保育の詳しい説明については、一宮町のHPをご確認ください。

一宮町「病児保育」ページリンク

【あわせて読みたい記事】

                 

人気サービス

                       
波
車 イラスト 木 イラスト 木 イラスト
おすすめ記事

おすすめ記事

おすすめ記事
新着記事

おすすめサービス

新着記事
  •                    
パラソルのイラスト 釣りのイラスト
新着記事

新着記事

新着記事
パラソルのイラスト 釣りのイラスト