二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ツイッターアイコン インスタグラムアイコン

二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ホーム 記事一覧 【東海エリア版】2023年版「住みたい田舎」ランキング

【東海エリア版】2023年版「住みたい田舎」ランキング

公開日:2023.01.19
【東海エリア版】2023年版「住みたい田舎」ランキング

この記事を読んでいるあなたは、漠然と「地方で自然豊かな土地へ移住したい」といった気持ちを抱いているのではないでしょうか。

「働き方改革」という単語が、ある時期から注目を浴びるキーワードになって久しいですが、2020年以降、新型コロナウイルスの感染拡大により働き方はもちろんライフスタイルの変化を余儀なくされた方も多いことでしょう。

都市部から東海エリアで移住・二拠点生活する場合、どこの地域がおすすめなのでしょうか?

今回は月刊誌『田舎暮らしの本』(宝島社)が発表した、「2023年版第11回 住みたい田舎ベストランキング」の結果を参考に、それぞれの市町村を自治体の人口規模別に紹介していきます。

ちなみに、全国の総合ランキングはこちら

それではさっそく見ていきましょう!

目次

東海エリア おすすめの田舎ベスト10

1位 中津川市(岐阜県)

中津川市
中津川市

中津川市は、約7.9万人が暮らす岐阜県にある”とかいなか”なまち。長野県との県境にあり市内には中央アルプスや恵那山、清流木曽川などの四季折々の絶景を望める場所が多数あります。そのほか、富士見台高原や苗木城跡、多数のキャンプ場をはじめ自然が身近に感じられるまちです。

電車で、市内にある中津川駅から名古屋駅まで約1時間(特急)、東京駅まで約3時間(特急・新幹線)と、休日のショッピングも市街地で気軽に楽しめるでしょう。また、車で名古屋市移動するには約1時間かかります。さらにリニア中央新幹線が開業予定なので、利便性は向上するでしょう!

移住支援制度は、東京圏からの移住で最大300万円の移住支援金の対象であり、その他、空き家情報バンク、住宅取得支援などを実施しています。

2位 静岡市(静岡県)

静岡駅前の風景
静岡駅前の風景

静岡市は、約70万人が暮らす全国5位の大都市圏。県内で2番目に人口の多い都市で、商業都市、ビジネス都市として機能しています。北には南アルプス、南には駿河湾と自然も豊か。天気の良い日には富士山を眺めることもできます。

生活環境は、上述した長泉町や浜松市と同様で、駅前には大型の商業施設があり生活するうえで不便さを感じないでしょう。子育て環境は、市内には14か所の子育て支援センターがあり、子育ての悩みの相談にのってくれます。小学6年生まで預けられる放課後児童クラブもあるので、共働き世帯にとっては心強いですね。幼稚園・保育園、病院なども充実しています。

また、東海道新幹線の駅、静岡駅があるので、こだま・ひかりが停車し、最短で東京まで54分で行けます。浜松市と同様、東京だけでなく、大阪、名古屋へのアクセスも非常に便利です。また、市内はバスや電車も発達しており、不便なく移動できるでしょう。

静岡市の詳細記事はこちら

3位 豊田市(愛知県)

豊田市
豊田市

愛知県豊田市は、約42万人が暮らす都市で、トヨタ自動車の本社があるまちとしても有名です。市の大部分が山間部の自然豊かなまちでもあり、自然を楽しむスポットが多く、四季折々の自然が美しい景勝地として有名な香嵐渓などがあります。

生活環境は、大型の商業施設から地元のスーパーをはじめ娯楽施設など必要なものはすべて市内で揃います。鉄道は豊田線・三河線、愛知環状鉄道線が市の中心部を走り、車での移動も東名高速道路、新東名高速道路、伊勢湾岸自動車道などが通り県内外へのアクセスに便利です。また、セントレア空港へも市街地から1時間圏内なので、国内外どこへでもアクセスできます。

子育て面では、待機児童がここ10年弱ゼロを維持しており、中学校卒業までのお子さんの医療費の助成が受けられます。

4位 飛騨市(岐阜県)

飛騨市
飛騨市

岐阜県飛騨市は、約2.5万人が暮らす雄大な自然が特徴のまち。市は3000mを越える飛騨山脈などの山々に囲まれ、約93%が森林です。 年間を通しては、平均気温11度で四季の移り変わりを肌で感じることができ、とても自然に恵まれた地域です。

空気や水がとてもおいしいため、ブランド牛やお米など特産品が豊富です。飛騨牛や飛騨コシヒカリなど、全国に誇る特産品が豊富にあり、新鮮な食材も地元のスーパーや産直市場で安く手に入ります。

また、富山市街地まで車で2時間ほどなので、富山空港から全国の都市部にも出やすいです。飛騨市と同じく観光スポットが豊富な高山市まで、車で30分程度で行けるのも魅力です。

子育て面では、18歳までのお子さんの医療費が実質無料であったり、妊娠出産に関する助成制度、子育てに関する相談窓口が充実していたりと、大自然に囲まれのびのび子育てができます。

5位 恵那市(岐阜県)

恵那市
恵那市

岐阜県恵那市は、豊かな里山の風景が残る約5万人が暮らす田舎まち。恵那山の麓に広がる恵那市は、きれいで豊富な水や空気、歴史的な街並みを残す城下町といった自然景観だけでなく、情緒もあふれる点も魅力です。

恵那駅前に商業施設が集まっており、一通り生活に必要なお店やサービスは揃っています。総合病院も多数あり産婦人科もあるため、市内で出産も可能です。また、病児保育病後保育の公的サービスもあります。

特徴的な点は、恵那駅や恵那インターから名古屋駅までのアクセス性の良さ。JRや車で約1時間の好立地であるため、気軽にショッピングを楽しめる環境です。

そんな恵那市では、市内で住まいを購入した場合などに最大60万円の補助金が出たり、市内の空き家のリフォームや家財道具の片付けなどに補助金が最大150万円でます。

6位 高山市(岐阜県)

高山市
高山市

岐阜県高山市は、東京都と同じくらいの日本一広い市に約8.5万人が暮らします。山や川、渓谷など自然に恵まれており、美しい四季の変化を感じられる場所で、国際観光都市としても有名です。飛騨市には伝統工芸をはじめ、家具や農業、畜産業、林業も盛んで、就農、起業などに対する支援も充実しています。

風情溢れる古い町並でよく知られている飛騨高山は、乗鞍や北アルプスなどの山々あり、荘川桜や臥龍桜などの自然あり、奥飛騨温泉郷の温泉ありと見どころがたくさんあります。飛騨牛や高原野菜、酒造りも盛んに行われており、見る、食べる、楽しむが楽しめます。

市内の移動は車が必須で、雪も降るのでスタッドレスタイヤの交換など、自動車関連の出費は増えそうですが、車があれば日常生活に不便は無いでしょう。

子育て面では、市内に大学や専門学校もあるなど充実した教育環境です。そのほか、子育て支援金の支給や、中学校卒業までのお子さんの医療費が無料となる制度もあります。

住まいに関する支援には、戸建ての空き家を購入や賃貸する方へ補助金が出たり若者向けの定住補助金があります。

7位 伊賀市(三重県)

伊賀市
伊賀市

三重県伊賀市は、江戸時代に城下町や伊勢神宮への参拝者の宿場町として栄えてきた背景があり現在も活気があります。約8.6万人が暮らすこのまちは、伊賀流忍者でも有名で独自の文化を感じられるでしょう。

地域によってさまざまな特徴を持つまちで、市街地での利便性を重視した暮らしや、農山村地域での田舎暮らしなど、理想のライフスタイルを選べる環境です。

また、伊賀市は、大阪・京都・名古屋の各都市部から車で約80分というアクセスの良さから、仕事の拠点としても人気があります。テレワーク移住の方や都市圏への移動頻度が多い起業家の方にもおすすめです。

市では、移住コンシェルジュによる総合相談窓口やあなたのためのツアーを用意してくれる支援があります。また空き家バンクを設置しているほか、空き家の購入時には最大40万円の補助金がでます。そのほか、おためし移住の際に1泊あたり5,000円を上限に補助してもらえる制度もあります。

8位 藤枝市(静岡県)

夏の藤枝市
夏の藤枝市

藤枝市は、静岡県の中央にある約15万人が暮らす地方都市です。豊かな自然あふれる山々と活発な民間投資により都市機能が集積し活気もある市街地がある「ほどよく都会、ほどよく田舎」なまちです。

生活環境は、スーパーマーケット約80店舗、コンビニエンスストア約40店舗があり、JR藤枝駅周辺には、商業施設が集まっています。医療体制も藤枝市立総合病院は救急救命センターに指定され、治療に高度な専門性を必要とする3次救急も対応できます。

交通利便性は、JR東海道線をはじめ空港や高速道路など遠方の都心部へのアクセス性が高いです。特に、国道1号・国道1号バイパス東名高速道路、新東名高速道路などが整備された車社会でもあります。

子育て面では、スポーツを主軸に教育支援を行っている「夢の教室」事業は市内の全小学校で、トップアスリートを招き講義をしています。お子さんが3人以上いる多子世帯へ、教育施設の使用料や入館料などを免除しています。

住まいに関して、子育て世帯が新築住宅、新築マンションを購入し移住した際の費用を助成する制度があります。

9位 名張市(三重県)

名張市
名張市

三重県名張市は、豊かな自然と交通利便性を兼ね備えたまちで約8万人が暮らしています。身近に広がる豊かな自然で、鮎釣り、ゴルフ、カヌー、サイクリング、キャンプなどのアウトドアを楽しめるので、そういったライフスタイルに憧れがある人にはおすすめです。

交通利便性では、特急で大阪へ55分、名古屋へ85分、東京へは新幹線で3時間45分と気軽に都市圏へショッピングも楽しめる環境です。駅周辺には、公共施設や大型商業施設、飲食店も揃っており、大阪府のベッドタウンとしても注目を集めています。

子育て面では、子ども支援センター「かがやき」をはじめ、子ども発達支援センターや、マイ保育ステーション、地域の広場といった、子育て中の親子の交流や育児相談、お子さんを遊ばせることができる環境が揃っています。また、中学3年生までの医療費の助成も受けられます。

10位 郡上市(岐阜県)

郡上市
郡上市

岐阜県郡上市は、市の面積の約9割を森林が占め山や川など自然が豊か。約4万人が暮らすこのまちには、ゆったりとした時間が流れ、情緒あふれるローカル線を眺めることができます。のんびり子育てしたい方にもおすすめです。

郡上市は、雪が良く降るエリアや比較的温暖なエリアなど地域によって異なる顔を持ちます。農業をやってみたい方や、ウインタースポーツを楽しみたい方、静かに郊外で子育てしたい方など、理想の暮らしに合わせて住む場所を選択すると良いでしょう。

また、名古屋駅まで特急に乗れば約50と都市圏へのアクセスが良好です。車でも市内の郡上八幡ICから高速で約1時間で名古屋市街地へ移動できます。

市では、高校卒業までのお子さんの医療費が実質無料であったり、子育て支援センターでの一時保育といった子育て支援があります。

また、市外への通勤費が補助されたり、空き家のリフォームに最大30万円の補助金が用意されていたり、市内で就業する方には家賃補助といった支援もあります。

【東海エリアの人気記事】

地方の移住先を選ぶポイント

まずは仕事があるか

生きていくためにはお金が必要です。もちろん、自分で農業するなど工夫をすれば、都会に比べて固定費はかなり安くなるのでたくさんのお金を稼ぐ必要はありません。

しかし、学費や車の車検、自然災害などにより突発的な出費があります。

その地域でどういった仕事があるのか、その仕事は自分に合っているかという点は、最優先で調べましょう。

都市部の企業に勤めてリモートワークをされている方やフリーランスの方も、確実な安定収入といえるまでは最悪の場合を想定してリスクヘッジをする意味でも、移住先の仕事について調べておくことがベターです。

地域おこし協力隊に着任するというのも1つの手段です。

興味がある方やそもそも地域おこし協力隊について知らない方はこちらをチェック!

地方での仕事探しについてまとめ記事はこちらです!

子育てを安心してできる環境が整っているか

地域の治安や病院の数、共働きの場合は託児所などのチェックは言うまでもありませんが、地域や近隣の方々も積極的に子育てをサポートしてくれる地域の風土や環境があるかは大事です。その点、すでに移住者が多い地域は移住者同士のコミュニティがあるため、子育てに関する悩みや相談をしやすい環境ですよ。

経済的なサポートだけでなく子育てに関する心理的な悩みにも寄り添ってくれる自治体かという視点も忘れないようにしましょう。

また、人気の移住地は「待機児童が0」と謳っていることも多いでしょう。しかし、移住した土地に高校が無かったり、偏差値が低かったりとお子さんの教育環境が想像していたことと違うケースもしばしば。

幼児期以降の高校進学までを想定して移住地を選ぶことも心がけましょう。

【合わせて読みたい記事】

高齢になり運転ができなくなっても大丈夫か

年齢とともに車を運転することができなくなるタイミングが、その土地にずっと定住しているとおとずれるでしょう。

そんな状況になっても、生きていける環境があることはとても大事なことです。

例えば、最低限の移動手段を確保するために下記のようなこともチェックすると良いでしょう。

  • 少し歩けば市バスが通るバス停まで行くことができる
  • 乗合タクシーがある

そうは言っても、「遠い将来のことは分からない!」そんな声も聞こえてきそうですが、頭の片隅に置いておくことが重要だと感じます。

特に物件を購入する場合は、簡単に物件を引き払うこともできないケースがあります。引っ越しをしても、物件の維持費や固定資産税が余分にかかることもしばしば。

そのため、頭の片隅に置いておくことで、大事な選択を迫られた場合にしっかりご自身で考えることにつながるはずです。

移住の前にまずはお試し滞在から

地元に帰省するIターン移住ならまだしも、U・Jターンでの移住の場合は、ご自身が住んだこと無い、良く知らない地域であることが多いでしょう。

移住は豊かな自然環境といった目に見えるメリットもありますが、実際に住んでみないと分からないことが多いことも事実。暮らすように長期滞在することで、その土地が自分の理想のライフスタイルに合っているかを判断でき、失敗や後悔するリスクを減らすことができます。

「移住したい」「自然豊かな土地で暮らしたい」という気持ちがある方の多くは、具体的にどのように行動へ移せばよいか分からない方も。

こちらの記事では、移住するうえでのステップをまとめています。

                 

人気サービス

                       
波
車 イラスト 木 イラスト 木 イラスト
おすすめ記事

おすすめ記事

おすすめ記事
新着記事

おすすめサービス

新着記事
  •                    
パラソルのイラスト 釣りのイラスト
新着記事

新着記事

新着記事
パラソルのイラスト 釣りのイラスト