二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ツイッターアイコン インスタグラムアイコン

二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ホーム 記事一覧 【佐賀県武雄市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

【佐賀県武雄市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

公開日:2022.04.14 最終更新日:2022.12.30
【佐賀県武雄市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

佐賀県の武雄市の移住・定住支援制度についてご紹介します。

佐賀県での二拠点生活や移住を検討されている方はぜひこちらの記事も参考にしてみて下さいね!

佐賀県のおすすめ情報

気になった市町村がある方は、自治体ごとの特徴や支援制度について情報収集をしましょう!

実際に移住や2拠点生活をされている方のインタビュー記事を読むことで移住後のイメージが湧きますよ。

目次

武雄市ってどんなところ?移住・定住支援制度は?

佐賀県武雄市は佐賀西部にある人口約4万9000人のまちです。2012年、市立図書館の運営を民間企業に委託し『新しい図書館のロールモデル』として武雄市図書館を建設しました。館内にはスタバがあったりと地元の人だけでなく県外からも多くの人が訪れています。

また、今なお多くの温泉ファンに愛される名湯、武雄温泉のある市としても知られています。武雄温泉のシンボルとして圧倒的な存在感を放っているのは、鮮やかな朱色が美しい「武雄温泉楼門」。
そんな見どころ万歳の武雄市の移住に関する支援制度を解説していきます。

武雄市のサイトはこちら

http://www.city.takeo.lg.jp/

 1.住まい・移住体験支援

定住支援金制度

定住特区地区以外の区域へ市外から永住を目的に、転入された世帯へ支給。

世帯責任者の年齢が満40歳未満。

≪対象期間≫平成30年4月1日~令和4年3月31日
ハブ都市・新幹線課 0954-23-9160
https://www.city.takeo.lg.jp/goodlife/

定住特区補助金制度

定住特区(若木町・武内町・西川登町・橘町・東川登町・山内町の一部・北方町の一部)へ市外から永住を目的に、転入された世帯へ支給。

世帯責任者の年齢が満50歳未満。

≪対象期間≫平成29年4月1日~令和4年3月31日
ハブ都市・新幹線課 0954-23-9160
https://www.city.takeo.lg.jp/goodlife/

空き家・空き地バンク

物件紹介

※平成29年4月よりこれまでの空き家に加えて空き地の取扱を開始
空き家対策係 0954-23-9160
https://www.city.takeo.lg.jp/goodlife/

【あわせて読みたい記事】

                 

人気サービス

                       
波
車 イラスト 木 イラスト 木 イラスト
おすすめ記事

おすすめ記事

おすすめ記事
新着記事

おすすめサービス

新着記事
  •                    
パラソルのイラスト 釣りのイラスト
新着記事

新着記事

新着記事
パラソルのイラスト 釣りのイラスト