二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ツイッターアイコン インスタグラムアイコン

二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ホーム 記事一覧 【佐賀県唐津市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

【佐賀県唐津市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

公開日:2022.05.28 最終更新日:2022.12.30
【佐賀県唐津市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

佐賀県唐津市は、県の北西部に位置する玄界灘に面した都市で、人口は約11万8千人。江戸時代は唐津藩の城下町、明治時代以降は石炭の積出港として栄えた街です。

この記事では、唐津市の特徴と、市に移住したときに利用できる制度や支援金について解説します。

佐賀県での二拠点生活や移住を検討されている方はぜひこちらの記事も参考にしてみて下さいね!

佐賀県のおすすめ情報

気になった市町村がある方は、自治体ごとの特徴や支援制度について情報収集をしましょう!

実際に移住や2拠点生活をされている方のインタビュー記事を読むことで移住後のイメージが湧きますよ。

目次

唐津市の特徴

唐津市は、2拠点生活を始めるにあたって、以下の点で非常に優れています。

  • 福岡空港・福岡の中心天神とのアクセス◎デュアルライフに最適
  • 海のアクティビティ・グルメやお出かけが楽しめる街

では、一つずつ紹介していきましょう。

福岡空港・福岡の中心天神とのアクセス◎デュアルライフに最適

唐津市は、福岡空港から鉄道・バスで約1時間30分。福岡の中心天神から鉄道・バスで約1時間と、全国各地とのアクセス抜群。

また、福岡空港・博多港・伊万里港・鳥栖ジャンクションから車で約1時間圏内にあり、各地への移動もスムーズです。

海のアクティビティ・グルメやお出かけが楽しめる街

唐津市は、SUP・ビーチヨガ・シーカヤックなど海のアクティビティや、呼子のイカ・佐賀牛などグルメが楽しめる街です。

国の特別名勝「虹の松原」、ユネスコ無形文化遺産に登録された「唐津くんちの曳山行事」など、見どころがたくさんある都市で、2拠点生活を過ごしてみませんか。

唐津市の移住支援制度

デュアルライフを過ごすにあたって知っておきたい、唐津市の特徴についてご紹介しました。ここからは、いざ移住する際に便利な市の移住支援制度等について解説します。

移住支援制度に関する情報

唐津市では、東京23区に在住または通勤している方に対して「唐津市地方創生移住支援事業補助金」を交付しています。

  • 就業先が、佐賀県が補助金の対象求人としてマッチングサイトに掲載
  • 内閣府が実施するプロフェッショナル人材事業または先導的人材マッチング事業を利用して就業
  • 所属先企業などからの命令ではなく自己の意思により移住し、移住先を生活の本拠として移住元での業務を引き続き行う
  • 佐賀県地方創生移住・地域活性化等起業支援事業実施要領における起業支援金の交付決定を受け、個人事業の開業または法人の設立を行った

上記のいずれかの条件に該当する方が、対象となります。そのほか制度の詳しい説明については、「唐津市地方創生移住支援事業補助金」のHPをご確認ください。

唐津市地方創生移住支援事業補助金ページリンク

唐津市が行っている支援制度一覧

佐賀県唐津市には、「地方創生移住支援補助金」以外にも、さまざまな支援制度があります。どんな制度があるのかをまとめてご紹介しますので、移住をお考えの方はぜひ参考にしてください。

支援制度名支援制度内容
子どもの医療費助成中学校3年生までの子どもの医療費の一部を助成
出産育児一時金国民健康保険の被保険者が出産したとき、世帯主に一時金を支給する制度
里帰り出産などの妊婦健診費用を助成里帰りなどの理由で、県外の医療機関で妊婦健康診査を受けた場合に、健診費用の一部を助成
不妊治療費の一部を助成不妊で悩む夫婦の経済的負担を軽くするため、不妊治療費の一部を助成
唐津市子育て支援センター子育て中の方とそのお子さん、出産を予定されている方などが、子育ての相談や交流ができる

詳しい内容については、唐津市のHPをご覧ください。

唐津市支援制度ページリンク

【あわせて読みたい記事】

                 

人気サービス

                       
波
車 イラスト 木 イラスト 木 イラスト
おすすめ記事

おすすめ記事

おすすめ記事
新着記事

おすすめサービス

新着記事
  •                    
パラソルのイラスト 釣りのイラスト
新着記事

新着記事

新着記事
パラソルのイラスト 釣りのイラスト