二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ツイッターアイコン インスタグラムアイコン

二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ホーム 記事一覧 【子育て充実型】デュアルライフ(二拠点生活)・移住。子育てを充実させるライフスタイルとは

【子育て充実型】デュアルライフ(二拠点生活)・移住。子育てを充実させるライフスタイルとは

公開日:2022.10.13 最終更新日:2022.11.23
【子育て充実型】デュアルライフ(二拠点生活)・移住。子育てを充実させるライフスタイルとは

理想の生活は人によってさまざまです。

デュアルライフ(二拠点生活)は幅広い年代の人々に注目されている、新しい生活スタイルです。

  • 「地方でゆったりと生活できないかな」
  • 「子どもに自然の多い環境だからこそできる経験をしてもらいたい」

こう思ったときが、子育てデュアルライフを検討するタイミング。子どもは短い時間であっという間に成長していくので、早いうちから考えたいですね。

この記事では、子育てをより充実させるためにデュアルライフを送るためにチェックするべきポイントやメリット、デメリットなどをわかりやすく解説していきます。

【合わせて読みたい記事】

目次

子育て充実デュアルライフで調べておきたいポイント

近年注目されている、デュアルライフ(二拠点移住)。

「うちもデュアルライフしてみようかな」と思い立ったはいいものの、どのあたりから情報収集を始めればいいのか迷っていませんか?

どこに住むか、子どもをどんな園や学校に通わせるか、のびのび子育てを満喫するにはどうすべきか

考えるべきポイントはさまざま。

そこで、子育てデュアルライフで調べておきたいポイントを2つのステップに分けてご紹介します。

少しでも情報収集の手助けとなりましたら、幸いです。

【合わせて読みたい記事】

子育て

ステップ1:二拠点目の候補を探す

二拠点目を、どこにするか。

ここに見当をつけることから、始めましょう。

家族に合っていそうかどうか、じっくりと検討してみてくださいね。

二拠点目の候補の探し方は下記のようなものがあります。

  • 賃貸のアパートを借りて、お試し移住する
  • 格安の古民家を購入して自分たちで少しずつリノベーションする
  • 週末や連休など時期を決めて地方で過ごす
  • 夫妻のどちらかは地方を拠点に子どもと暮らす。パートナーは都会で仕事し、休日に家族と田舎生活を楽しむ

それでは、拠点探しのポイントを見ていきましょう!

家族でのびのびと過ごせそうか

自治体の子育て支援や移住支援が充実している地域なら、二拠点目として子育てを楽しみやすくなるでしょう。

子育て支援の一例として、「18歳までの子どもの医療費が無料」「3人目の子どもは無料で保育園や幼稚園に通園できる」などがあります。

逆に、子どもや移住者への支援が少ない地域は、地元の祖父母サポートが前提となっていることが多いため、地元ではない人が子育てをするのは窮屈に感じる場合も少なくありません。

調べてみてもわかりにくいなら、実際にその地域へ足を運んでみるのが確実です。

現在の拠点との行き来がストレスにならないか

子どもが自然と触れ合える環境としては、自然が多いのが理想です。

しかし、交通機関の乗り継ぎ回数が多すぎたり、車の運転で細い道路が続いたりするのは考えもの。

特に車酔いしやすいタイプの人は、辛いですよね。

それでも負担に感じないのであれば問題ないと考えられますが、子どもにとっての長距離移動は退屈でストレスになってしまうかもしれません。

まとめると、二拠点目を見つけるポイントは、自分たちらしい子育てデュアルライフを実現できそうかどうか。

家族みんなにとって、現在の拠点から行きやすい二拠点目を決めましょう。

保育園や幼稚園、学校

子どもが保育園や幼稚園に通っているなら、二拠点目にも空きがあるかを調べましょう。

地方だからといって定員に余裕があるとは限らないからです。子どもが待機児童になってしまったら仕事にも支障が出てしまいかねません。

二拠点目への滞在が長期休暇中の限定となる場合は、学校について考えなくてもよいでしょう。

ただし、住民票を移さずに短期の就学許可が下りたケースもあるので、二拠点通学は実現可能です。

自治体や教育委員会の判断によるため、必ずしも許可されるものとは言えませんが、二拠点通学を検討している場合は相談してみてもよさそうです。

住民票をどうするか?についてこちらの記事で詳しく解説しています!

ステップ2:二拠点目の候補について、もう少し深く調べる

二拠点目として良さそうな場所が見つかったら、さらに掘り下げて情報収集をしましょう。

具体的な方法をご紹介します。

自治体が主催する移住セミナーで聞いてみる

オンラインセミナーを開催している場合もあるので、行く時間が取れなくても気軽に情報を得ることができます。

移住先の人や移住経験者に聞いてみる

YouTubeやTwitterで情報発信している移住者もいるので、聞いてみるのもよいでしょう。

また、移住相談した自治体の相談員に紹介してもらえることも。

移住体験してみる

自治体によっては、地域の雰囲気を体感できるお試し移住体験ツアーなどの企画があります。

百聞は一見に如かず。」聞いてみるだけではなく実際に現地へ出向き、体感してみるのがおすすめ。

特に積雪など四季の変化が大きい地域は、その場に立たなければわかり得ないことも少なくありません。小旅行感覚で近隣のホテルに泊まって周辺を見てみるという方法でも、雰囲気を感じることができます。

子育て充実二拠点生活(デュアルライフ)のメリット

自然の中の教育

広々とした生活環境で暮らせる

自然たっぷりの地方は、子どもが感性を豊かにはぐくめる環境です。また、固定費も安く空き家も多いので、広々とした物件を借りたり購入できたりします。

また、地方には娯楽施設も無ければ、飲食店も少ないので、二拠点目の自宅でゆっくり過ごす時間が増えます。手狭な家で暮らしている都市部での生活よりも心にゆとりができて、家族関係がより豊かになることも!

子どもにさまざまな環境を体験させられる

自然に囲まれて暮らせるのも、地方生活のメリットです。子どもが五感に刺激を受けて、のびのびと成長できるチャンスにあふれています。

子どもの成長に合わせて柔軟な選択ができる

都会と地方では子どもの進学面の差が大きく、いずれはランクの高い大学に行ってもらいたいと考えているお父さんやお母さんを悩ませる部分です。田舎には美術館や博物館もないので、文化的教育をさせたい場合にも、悩ましいところ。

  • 子どもが小さいうちは主に田舎で過ごし、進学校への進学が視野に入ってきたら都会で生活する
  • 子どもが病気がちだから、普段は医療面が手厚い都会に拠点を置き、夏休みや冬休みは地方で過ごす

子育て充実二拠点生活(デュアルライフ)の注意点

チェクポイント

二拠点生活を成り立たせる“お財布事情”

いきなり一軒家を買おうとしなくて大丈夫です。旅行や賃貸から少しずつステップアップしていくことで、無理なくデュアルライフにつながります。

家賃や食料品といったものは地方では安く抑えられます。その反面、お米や日用品、外食は都市部と変わらないことも。また、光熱費に関しては都市部以上に家計の負担が増えるケースも多いです。

理由は、地方の方が寒かったり、物件の気密性や断熱性が悪く長時間使用しなくてはならかったり、そもそも光熱費の水準が高いのです。

また、自動車関連の費用もかかるので車を都市部で持っていない人は注意が必要です。

下の記事も参考までに!こちらの方は二拠点生活ではな無いものの、子育てを機に移住を決断されています。

家具や家電などの家財が2倍必要になる

2拠点で暮らす分、家具や家電も2拠点分必要になります。活用する頻度が少ない側の家具・家電は安価なものにする、中古のものを譲ってもらうといった、コストがかからない工夫してみると良いでしょう。

現在はメルカリなどの中古品を安く購入できる時代。あまり重く考えなくても良いと思いますが、二拠点目を引っ越すといったタイミングでは、それらをどう処分するか?はたまた、別の拠点に移すのかとったことを考える必要が出てくるでしょう。

二拠点目を移す場合は計画的に進めましょう。

豊かな子育て二拠点生活(デュアルライフ)を送れる二拠点目を見つけよう

二拠点目は、実際に体験して決めることになります。そのために、情報収集は欠かせません

地域の方々に受け入れてもらえそうかどうかも、二拠点目の決め手となるでしょう。ある程度の自己主張は大事ですが、地域の方々を尊重することも忘れてはいけないポイントです。

サイト内でもお伝えしている移住先もおすすめなので、ぜひ記事を読んでみてください。

家族らしく過ごせる二拠点目を見つけて、のびのび子育てデュアルライフを楽しみましょう!

【合わせて読みたい記事】

                 

人気サービス

                       
波
車 イラスト 木 イラスト 木 イラスト
おすすめ記事

おすすめ記事

おすすめ記事
新着記事

おすすめサービス

新着記事
  •                    
パラソルのイラスト 釣りのイラスト
新着記事

新着記事

新着記事
パラソルのイラスト 釣りのイラスト