二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ツイッターアイコン インスタグラムアイコン

二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ホーム 記事一覧 新潟県へ移住したい方へおすすめの地域8選と支援制度を解説

新潟県へ移住したい方へおすすめの地域8選と支援制度を解説

公開日:2022.12.20 最終更新日:2023.01.13
新潟県へ移住したい方へおすすめの地域8選と支援制度を解説

新潟県へ移住したい!でも、実際に住むところを探すとなると生活環境や家賃の相場、仕事事情など、調べておくべき情報はたくさんありますよね。

新潟県は都市圏から移住すると最大100万円を支援する移住支援金制度を設けていたりと、特に移住者を積極的に受け入れている県です!

この記事では、新潟県の特徴や暮らしやすさおすすめの移住先8選移住支援制度について説明していくので、移住を検討している方はぜひチェックしてみてくださいね。

目次

新潟県の移住支援制度

新潟県で実施されている、移住や起業の移住支援制度について説明します。

移住支援

東京圏から移住し、要件を満たすことで最大100万円を受給できます

要件の詳細や対象となる市町村は、こちらに記載されています

【移住支援金】東京圏から新潟県へ移住した方に最大で100万円を支給します

  • 単身で移住:最大60万円
  • 2人以上の世帯で移住:最大100万円

※弥彦村と粟島浦村は対象外となっている点に注意しましょう

起業支援

にいがた産業創造機構では、起業チャレンジ応援U・Iターン創業応援イノベーション推進などさまざまな事業に関する補助金の情報が公開されています。

令和3年度分の申込受付はほとんど終わっていますが、令和4年度以降も実施されるかもしれないため、興味のある方はチェックしてみましょう。

就農支援

青年就農支援

就農を希望する人や新規で就農する人が一定の要件を満たすことで、資金の交付などを受けられます。

青年就農支援のタイプには、原則50歳未満を対象とした「準備型」就職氷河期世代が対象の「準備型(就職氷河期世代)」独立・自営就農を対象としている「経営開始型」があります。

それぞれ資金交付の要件が異なるため、こちらのサイトで確認しておきましょう。

青年就農支援事業の実施要綱について

就農後も園芸の導入や拡大につながる「園芸参入塾研修」農業経営のスキルを習得できる「ニュー農業塾研修」を受けられるので、農業に興味のある人や追求したい人におすすめです。

新潟県では、漁業の講習会や就職した方々への支援も行われています。

新潟県のおすすめ移住先8選

新潟県は「下越エリア」「中越エリア」「上越エリア」「佐渡エリア」の4つに分かれています。南北に細長い形状となっているため、気候は大きく異なります。ここからは、新潟県のおすすめ移住先8選を紹介します。

https://www.jalan.net/rentacar/drive/170000/3569/

大きなエリアの特徴はこちら

1人暮らしにもおすすめ!利便性の高いまち

長岡市

長岡市
長岡市

長岡市は、県内第2位の約27.5万人が暮らすまち。産業が発展して市内で働く人も多くいる一方で、山と海の2つの豊な自然環境にも恵まれています。日本海側初の国営公園である「国営越後丘陵公園」をはじめ、冬はスキー、夏は海やキャンプ、天気の良い時にはハイキングなど季節ごとに違った楽しみ方ができる点も魅力。

生活環境は、コンビニやスーパーなどの小売店から、大型ショッピングモールまでバラエティー豊富です。深夜まで営業しているスーパーもあり、共働きなどで遅い時間に買い物をしなければならない人でも安心です。また市内には「立川綜合病院」「長岡赤十字病院」「長岡中央綜合病院」の3つの大規模な救急病院があり急な体調不良やケガなども安心できる環境です。

教育環境は、保育園から大学まであり進学面も安心です。保育所については94か所あり待機児童はゼロ。また、市内9カ所につくられた子育て支援施設「こそだてのえき」では、イベントなどを行っており、ママ同士での交流や雨の日にお子さんを遊ばせることができたりします。そのほか、放課後子ども教室や放課後児童クラブといった、お子さんを預けたり面倒を見てもらえる体制が整っているため、共働き世帯も安心です。

交通利便性は、市内には長岡駅をはじめ多数駅が点在します。電車やバスといった公共交通機関は発達しているため通勤・通学に便利ですが、、日常の買い物など基本的には車で移動するという人がほとんどです。幹線道路や高速道路のICが複数あるため、近隣の市町村や県外へのアクセスも良好。

冬になると雪道の運転に不安を感じる人も多いですが、ほとんどの道路には融雪パイプが通っており、車道には雪が積もりにくい仕様になっています。東京から新幹線で最短90分という立地を活かし、長岡で暮らしながらリモートワークを行う人も増えています。

支援制度

子育てに関して、中学校卒業までのお子さんの医療費の助成があります。また、出産・育児をするすべての妊婦さんにお祝い金5万円を給付しています。

住まいに関して、空き家を取得した方へリフォームなどの費用を最大50万円助成する制度があります。また、住まいを購入した方へ、固定資産税を半額、最大3年間(子育て世帯は5年間)

就農に関して、市内農業者のもとで4泊5日ほどの短期就農体験の受入をしています。

移住支援金の対象であるため、条件に合う方(東京圏から移住し就業・起業した方等)は最大100万円の支援を受けることができます。

新潟市

新潟市
新潟市

新潟市は、全8区からなる人口約81万人の地方都市。北陸圏の中核都市としての機能をあわせもち、日常生活の利便性は抜群です。ただ、8区のどのエリアに住むかによっても、利便性は差が出るので、詳細は区ごとの紹介を行っている記事を見て頂ければと思います。

生活環境は、市役所や県庁などの行政機関や商業施設が集まっておりその他、デパート、百貨店、スーパーや銀行、コンビニが一通り揃っています。日常生活に不便は無いでしょう。市内には信濃川が通っていたり、海にも面しているため海岸や河川敷で自然を感じられます。

教育環境は、保育園から複数の大学までもあるため義務教育以降も市内でお子さんと一緒に過ごすこともできます。高校や大学も選択肢が多岐にわたるため進学も安心です。医療面は。総合病院が複数あり日常生活で不便に感じることは少ないでしょう。

交通利便性は、市内にJRの駅や市バスの停留所が多く点在しています。また、高速バスのターミナルなどもあるため、都市部へ1本でアクセスも可能。その他、新幹線を利用すれば最速97分で東京まで移動できるなど、利便性の高い地域です。

支援制度

子育てに関して、新婚世帯の住宅購入や賃貸、引越しにかかる費用の補助があります。その他、18歳までのお子さんの医療費助成や妊婦・乳児健康診査費、特定不妊治療費などの助成、お子さんの一時預かり、多子世帯の保育料の軽減など支援しています。

住まいに関して、空き家の購入やリフォームの費用の一部の助成があります。

移住支援金の対象であるため、条件に合う方(東京圏から移住し就業・起業した方等)は最大100万円の支援を受けることができます。

子育て世帯におすすめ!教育環境充実なまち

聖籠町

聖籠町立図書館
聖籠町立図書館

聖籠町は、約1.4万人が暮らす小さなまち。「果樹のまち」としても知られ、さくらんぼ、ぶどうの生産が盛んです。釣りやサーフィンなどの様々なマリンスポーツも楽しめます。一方で、町面積の約4分の1を占める東港工業地帯には、多くの企業が集積し、多くの求人があり仕事を見つけやすいといえます。

生活環境は、大型の商業施設や有名な観光スポット等は無いですが、ショッピングを楽しみたいときは新潟市まで出れば、日常の生活に大きな不便さは感じないでしょう。弁天潟風致公園や、緑地公園には、アスレチックもあるため子供の遊び場に困りません。聖籠町立図書館は、授乳室や飲食スペースなどがあり町民の交流の場としても利用される憩いの場となっています。

教育環境は、保育園が4園、幼稚園3園、小中学校もあります。待機児童はゼロです。3歳~5歳児はこども園(幼稚園)に全員入園できるほか、就労状況に応じた延長保育を受けられるため、共働き世帯も安心です。注意点としては、町内に高校がありませんので市外への通学等が必要になります。

交通利便性は、町内には高速道路、国道が通っており、隣接する新潟市へのアクセスが良いです。新潟市への通勤・通学者も多く住んでいることから、交通利便性が高いことがわかります。基本は、車での移動がメインになります。

支援制度

住まいに関して、住居の購入や新築にあたって最大100万円が補助されます。また、新婚世帯であれば30万円(夫婦共に29歳以下の場合は60万円)を上限に家賃等の補助金が受けられます。

子育てに関して、18歳までのお子さんの医療費や、不妊治療費、多子世帯の保育料の助成があります。また、出産祝い金が第1子~第3子5万円、第4子以降は10万円が支給されます。

移住支援金の対象であるため、条件に合う方(東京圏から移住し就業・起業した方等)は最大100万円の支援を受けることができます。

燕市

燕市交通公園
燕市交通公園

燕市は、約7.9万人が暮らすまち。市域の大部分は市街地と田園ですが、国上山や信濃川などの雄大な自然もあります。

生活環境は、市街地には大型スーパー、ホームセンター、100均、映画館、居酒屋・カラオケ、飲食店も多くあります。その他、ユニクロやGUなどアパレルショップもあり生活には困りません。隣が新潟の主要都市である新潟市・長岡市なので、ショッピングを楽しみたい際は新潟市・長岡市へ行く人も多いようです。

教育環境は、保育園が26園、幼稚園7園、小学校15校、中学校5校、高校2校、近隣の三条市、新潟市、長岡市には大学があり進学も安心です。公立保育園では月1,000円で延長保育も可能です。また、各小学校に児童クラブがあり、放課後や学校が休みの日にお子さんを見てもらえます。

交通利便性は、中心部の新潟市までは車で約50分、長岡市までは約30分で行ける環境です。また、上越新幹線の停車駅「燕三条駅」もあり、新幹線で2時間弱あれば東京まで行けるので、プライベートやビジネスで首都圏へ行く場合もスムーズです。高速のICや国道も整備されているので交通の便は良いです。

支援制度

住まいに関して、住居の購入や新築にあたって最大100万円が補助されます。また、新婚世帯であれば家賃等の補助金があります。

子育てに関して、18歳までのお子さんの医療費や、一時保育 、病児・病後児保育、お子さんの送迎やお子さんの一時的に預けることができるファミリーサポートといった支援があります。

仕事に関して、燕市に移住した方で、新潟県内でテレワーク勤務を行う人が県外の事業所に通勤する際、交通費の半額を補助する制度があります(10,000円/1回・月4回まで・最長1年)。その他、創業に関する経済的な支援が用意されています。

移住支援金の対象であるため、条件に合う方(東京圏から移住し就業・起業した方等)は最大100万円の支援を受けることができます。

どっぷり田舎暮らししたい人におすすめ!自然が豊かなまち

湯沢町

スキー場から見下ろす湯沢町
スキー場から見下ろす湯沢町

湯沢町は、約8千人が暮らす小さなまち。雪の多い年には3mを超える雪に覆われる豪雪地帯でも有名ですが、春には紅山桜や新緑が、秋には鮮やかな紅葉がまちを包むような四季折々の魅力にあふれるまちでもあります。スキーと温泉の町として栄えてきましたが、上越新幹線の開通と関越自動車道の整備が進んだことでより多くの観光客が訪れるまちになりました。

生活環境は、町内に大型スーパーとドラッグストアがコンビニは8店舗ほどありますが、これまで紹介した市町村のように多数のお店や娯楽施設があるわけではありません。町立病院があり、365日24時間診療を行っており安心ですが、車は必須の環境です。不便さはいなめませんが、この町にしかないスキー場(11か所)や町内の温泉(公営の温泉が5か所)などは代えがたい魅力です。

教育環境は、町内には、保小中一貫の教育学校である湯沢学園があります。認定こども園、小学校、中学校が一体となった最新の施設で、切れ目のない一貫した保育・教育を行っています。また、総合子育て支援センターでお子さんの一時預かりや、家庭の総合的な支援を行う施設もあり、子育てにも優しい環境づくりを推進しています。

交通利便性は、町内の移動は車がほとんどでしょう。豪雪地帯特有の道路の凍結などは、地下水を汲み上げて道路の雪を解かしたり、除雪車で除雪されているので、主要な道路が通れなくなることはまずありません。また、各地区に路線バスは走っていますが1時間に1本程です。高速道路と新幹線があるため、東京までは新幹線で最短約70分、新潟市街地まで約50分です。

支援制度

住まいに関して、住居の購入や新築にあたって家賃や、固定資産税相当額を補助する制度があります。

子育てに関して、18歳までのお子さんの医療費や、出産祝い金・入学祝い金、一時保育 、病児・病後児保育といった支援があります。

仕事に関して、首都圏へ通勤する方へ新幹線定期券購入費用の一部の助成や、起業・創業する方への補助金が用意されています。

移住支援金の対象であるため、条件に合う方(東京圏から移住し就業・起業した方等)は最大100万円の支援を受けることができます。

妙高市

冬の妙高山
冬の妙高山

妙高市は、約3万人が暮らすまち。妙高市は自然がとても豊かで、それらの資源を活かした観光産業が強みです。日本有数の豊富な積雪が有名な赤倉温泉スキー場や、7つの温泉地が集まる妙高高原温泉郷、滝百選の一つ苗名滝、笹ヶ峰牧場、日本百名山の妙高山、火打山、高妻山があります。

生活環境は、一通りの生活に必要なものを購入できるお店は揃っています。医療面は、けいなん総合病院と新潟県立妙高病院があり医療体制も整っています。けいなん総合病院では、病児・病後児保育施設や、子どもの一時預かりも行っています。市内の豊かな自然の中で、トレッキングやウォーキング、紅葉を眺めながらの登山、ウインタースポーツなど満喫できるでしょう。

教育環境は、保育所や幼稚園があり、待機児童はゼロ。小学校8校、中学校3校、高校1校あり市内で高校まで通うとなると進学先は限られています。市内には、子どもや家庭の悩みを誰でも気軽に相談できる「家庭児童相談所」をはじめ、お子さんの送迎や一時預かりしてくれる「ファミリー・サポート・センター」も利用できます。

交通利便性は、新幹線で東京から約2時間、金沢から約1時間、長野から約20分とアクセス性が良いです。また、車での移動は、上信越自動車道を利用しての県内外へ移動できます。車の所有は必須です。

支援制度

住まいに関して、住居の購入や新築にあたって家賃や、賃貸住宅を借りる際の家賃補助最大150万円を補助する制度があります。

子育てに関して、中学校卒業までのお子さんの医療費が助成されます。

仕事に関して、市内で起業・創業する方で店舗の改装費など最大500万円の補助金あります。

移住支援金の対象であるため、条件に合う方(東京圏から移住し就業・起業した方等)は最大100万円の支援を受けることができます。

妙高市の詳細記事はこちら

仕事も利便性もバランスよく!とかいなかなまち

見附市

見附市市街地のイメージ
見附市市街地のイメージ

見附市は、約3.8万人が暮らす住環境と交通利便性の高さが魅力まち。ニットなどの繊維産業が盛んなことでも知られており、海外における高級ブランドのニットも生産しています。市内には、53haもの広さがある「大平森林公園」や、季節の花を眺められる「観音山・水道山公園」など自然を楽しめるスポットがあります。

生活環境は、市街地周辺に「本町中央商店街」「本町商店街」「新町商店街」の3つの商店街があり、飲食店、居酒屋、美容院などさまざまなお店が並びます。また、駅から幹線道路沿いに進むとPLANT-5やマルイ、ホームセンタームサシなどの中規模のお店があり車で移動しながらのお買い物が便利です。見附市内には、産婦人科はありませんが50以上の病院があり、近隣の市にNICUを備えた長岡赤十字病院や、立川総合病院、長岡中央総合病院などの総合病院もアクセスできます。

教育環境は、保育園14か所、幼稚園5園で待機児童はゼロです。高校まであるので進学面も安心です。子育て支援センターやファミリーサポートセンターなどでは、孤立しがちな子育て中の方や子どもたちのことを理解し支えあうべく、週1回の「ほっと♡カフェwith子育てマイスター」を開催しています。

交通利便性は、JRの駅があるため長岡駅や三条駅まで約10分でアクセスできます。市内にはコミュニティバスやデマンドタクシーなど公共交通も発達しているので、ふらっと市街地でショッピングしたいときなどには便利でしょう。また、国道8号線が市内を縦断しているので、車で長岡市まで10分で移動できます。

支援制度

住まいに関して、住居の購入にあたって最150万円を補助する制度があります。

子育てに関して、18歳までのお子さんの医療費や、多子世帯の給食費が助成されます。

仕事に関して、市内で起業・創業する方で空き店舗などを利用する際に、最大450万円の補助金あります。

移住支援金の対象であるため、条件に合う方(東京圏から移住し就業・起業した方等)は最大100万円の支援を受けることができます。

田上町

田上町総合公園
田上町総合公園

田上町は、県のほぼ中央にあり約1.2万人の小さなまち。しかし、田上町は新潟市や長岡市へのアクセスが良好でベッドタウン的な側面もあります。町内には、信濃川や田園風景、四季折々で変わる豊かな自然が広がっています。

生活環境は、SAITO ピアレマートなど地元に根付いたスーパーやドラッグストア、その他コンビニや郵便局など一通り揃っています。しかし、それらの多くは幹線道路沿いに立地するため車が無ければ生活は厳しいでしょう。また、大型の商業施設は無いため、近隣の市町村で済ませる必要があります。

教育環境は、保育園2園、幼稚園2園、小学校2校、中学校1校、高校もあります。ちなみに、待機児童はゼロです。町内には、子育て支援センターがあり、親子のための遊び場の提供や親同士の情報交換、仲間づくりの場の提供を行っています。また、「出張にこにこ広場」という訪問型の育児相談も行っています。

交通利便性は、町内にJR羽生田駅と田上駅の2つがあり、新潟駅までは約35分です。国道や高速道路を使用すれば県内の主要な都市へスムーズにアクセスできます。

支援制度

子育てに関して、18歳までのお子さんの医療費や、乳幼児育児用品購入費、妊婦健診費、妊産婦医療費の助成があります。

移住支援金の対象であるため、条件に合う方(東京圏から移住し就業・起業した方等)は最大100万円の支援を受けることができます。

新潟県で海と山に囲まれた生活する

https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_2051/

ニュースでは雪が多く積もっている新潟県各地の様子が見られるためか、冬は暮らすのが大変だと思われる傾向にあります。しかし雪が多いからこそ、ウインタースポーツを存分に楽しめるのです。暮らす地域によっては、意外と雪が積もらずに過ごせます。

新潟県には便利でありながらも自然を満喫できるスポットが多数あり、さらに首都圏からアクセスしやすいので、移住生活も楽しめるでしょう。

県や市町村でさまざまな支援策が実施され、場所によっては季節を問わず快適に過ごせるので、首都圏からの移住先として視野に入れても良いでしょう。

新潟県のおすすめ情報

実際に新潟県へ移住された方のインタビュー記事を読むことで、イメージが鮮明になります。

気になった市町村がある方は、自治体ごとの特徴や支援制度について情報収集をしましょう!

                 

人気サービス

                       
波
車 イラスト 木 イラスト 木 イラスト
おすすめ記事

おすすめ記事

おすすめ記事
新着記事

おすすめサービス

新着記事
  •                    
パラソルのイラスト 釣りのイラスト
新着記事

新着記事

新着記事
パラソルのイラスト 釣りのイラスト