二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ツイッターアイコン インスタグラムアイコン

二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ホーム 記事一覧 【長崎県平戸市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

【長崎県平戸市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

公開日:2022.04.15 最終更新日:2023.01.03
【長崎県平戸市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

長崎県の平戸市の移住・定住支援制度についてご紹介します。

長崎県での二拠点生活や移住を検討されている方はぜひこちらの記事も参考にしてみて下さいね!

長崎県のおすすめ情報

気になった市町村がある方は、自治体ごとの特徴や支援制度について情報収集をしましょう!

実際に移住や2拠点生活をされている方のインタビュー記事を読むことで移住後のイメージが湧きますよ。

目次

平戸市ってどんなところ?移住・定住支援制度は?

平戸市は、長崎県の北西端に位置し九州本土の田平と周辺の多数の島々で構成されています。なお、市街地から、高速道路に乗れば、長崎方面や福岡方面へも気軽に足を伸ばすことができます。

さらに平戸市は災害や犯罪も少ない安全・安心なまちであり、他自治体にはない魅力が平戸にはたくさんあります。


そんな平戸市の移住に関する支援制度を解説していきます。

平戸市のサイトはこちらhttps://www.city.hirado.nagasaki.jp/

 1.住まい・移住体験支援

お試し住宅

ひらど仮暮らし体験家屋

平戸市に移住・定住をお考えの人向けに、お試し住宅 “ひらど暮らし体験家屋” を設置しています。詳しくは市ホームページよりご確認ください。
総務部地域協働課 0950-22-9105

移住定住環境整備事業補助金(移住費用支援事業)

定住の意思のある新規転入者が平戸市へ移住する際に生じる荷物運搬料及び交通費(有料道路代、燃料費等)に対して補助します。補助率及び補助額は、対象経費の2/3以内(最大20万円)です。
総務部地域協働課 0950-22-9105

空き家バンク制度

市内の空き家を有効活用し、地域の活性化を図ることを目的とした制度です。賃貸や売却を希望する空き家所有者が空き家バンクに物件を登録し、情報を公開します。賃貸・売買の交渉は不動産業者の仲介によって行います。
総務部地域協働課 0950-22-9105

移住定住環境整備事業補助金(Uターン者促進住宅改修支援事業)

Uターンした移住者またはその親族(2親等以内)が所有する市内の物件で、Uターン者が居宅の用に供するために改修した場合に補助します。補助率及び補助額は、対象経費の1/2以内(最大50万円)です。
総務部地域協働課 0950-22-9105

移住定住環境整備事業補助金(中古住宅改修費用支援事業)

定住の意思のある新規転入者または市内に中古住宅を所有している人が中古住宅を改修した場合に補助します。※空き家バンク登録物件に限ります 

補助率及び補助額は、対象経費の1/2以内(最大50万円)です。
総務部地域協働課 0950-22-9105

移住定住環境整備事業補助金(市内在住者住宅取得支援事業)

市内在住者で定住を目的として住宅を取得した場合に補助します。

・新築住宅(市内業者による建設):最大30万円  ※別途加算要件あり
総務部地域協働課 0950-22-9105

移住定住環境整備事業補助金(新規転入者住宅取得支援事業)

新規転入者が定住の意思をもって市内に住宅を取得した場合に補助します。

①新築上限額(市内業者による建設):200万円②新築住宅(市外業者による建設):100万円③中古住宅(空き家バンクに登録物件のみ):50万円

※要件あり
総務部地域協働課 0950-22-9105

【あわせて読みたい記事】

                 

人気サービス

                       
波
車 イラスト 木 イラスト 木 イラスト
おすすめ記事

おすすめ記事

おすすめ記事
新着記事

おすすめサービス

新着記事
  •                    
パラソルのイラスト 釣りのイラスト
新着記事

新着記事

新着記事
パラソルのイラスト 釣りのイラスト