二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ツイッターアイコン インスタグラムアイコン

二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ホーム 記事一覧 宮城県へ移住したい方へおすすめの地域6選と支援制度を解説

宮城県へ移住したい方へおすすめの地域6選と支援制度を解説

公開日:2023.01.24 最終更新日:2023.02.05
宮城県へ移住したい方へおすすめの地域6選と支援制度を解説

宮城県へ移住したい!でも、実際に住むところを探すとなると生活環境や家賃の相場、仕事事情など、調べておくべき情報はたくさんありますよね。

宮城県のほとんどの自治体では都市圏から移住すると最大100万円を支援する移住支援金制度を設けていたりと、知っていれば得する支援制度が多数あります。

東北6県でも随一の存在感を放っており、東北経済圏の中核をなしています。気候は温暖な傾向にあり、平野部ではそれほど雪が降りません。場所にもよりますが、厳しい冬に慣れていない人でも住みやすいのが特徴。

そして交通アクセスが優れているのも大きな魅力。首都圏からさほど離れておらず、東京から新幹線で1時間半ほどの距離にあります。仕事やレジャーで訪れるのに便利ですね。

この記事では、宮城県の特徴や暮らしやすさおすすめの移住先6選移住支援制度について説明していくので、移住を検討している方はぜひチェックしてみてくださいね。

目次

宮城県のおすすめ移住先6選

県内は4つの地域に分けられます。ちなみに移住候補地としておすすめなのは仙台市とその周辺の市町です。

仕事も利便性もバランスよく!とかいなかなまち

多賀城市

多賀城市 TSUTAYA図書館
多賀城市 TSUTAYA図書館

多賀城市は、約6万人が暮らすコンパクトシティ。宮城県のほぼ中央にあり県内の主要都市へのアクセスが抜群です。また、日本三大史跡の一つである多賀城跡など多数の歴史遺産を有し、歴史や自然を身近に感じられるまち。公共施設も充実しており、2016年に多賀城駅前にTSUTAYAとスターバックスが併設する市立図書館がリニューアルオープンされるなど活気あるまちづくりが行われています。

生活環境は、市の面積は小さいため多賀城駅周辺にコンパクトに商業施設や、スーパー、コンビニなどが集まっています。また、郊外までの国道や幹線道路を中心に大手チェーン店なども立ち並び、車があれば買い物には困らない環境です。

教育環境は、保育所が21か所、認定こども園6園、小学校6校、中学校4校あり待機児童が毎年数名出ています。子育て世帯も多く転入しているためでしょう。そのほか、各種子育て支援事業や「子育て世代包括支援センター」を拠点として親子さんの交流や、子育てに関する悩み相談なども受け付けてくれています。

交通利便性は、JR仙石線とJR東北本線の2路線が乗り入れており、市内含め近隣に7つの駅があります。高速道路も多賀城ICがあるため車での移動も快適です。仙台市市街地へは、車で約30分、電車で約20分の距離感にあるため、休日のウインドウショッピングも楽しめそうですね。地域内には、路線バスと市民バスが運行しているのでまちの高齢者も多く利用しています。

支援制度

子育てに関して、18歳未満のお子さんの医療費の助成があります。

住まいに関して、住まいのリフォーム(耐震改修費用)を最大100万円補助しています。

移住支援金の対象であるため、条件に合う方(東京圏から移住し就業・起業した方等)は最大100万円の支援を受けることができます。

多賀城市の詳細記事はこちら

石巻市

石巻市
石巻市

石巻市は.、仙台市から車で1時間少々のところにある、宮城県第二の都市。約14万人が暮らすこのまちは、世界三大漁場の一つである三陸沖で取れた魚を水揚げする港町として有名で、水産業や造船業、パルプ業などが盛んです。

生活環境は、海も山も川もある田舎ですが、郊外にはイオンモール、市街地には百貨店の三越があるなど大型の商業施設もあるため利便性は高いです。車があれば市内で十分便利な暮らしができます。

教育環境は、保育所が50所、小学校33校、中学校18校に高校から私立の大学まであります。待機児童は数名出ています。市内には12ヵ所に「地域子育て支援センター」があり、妊娠出産や育児に関する相談をメールや電話などで支援していたり、4つの幼稚園に加え、保育所や小規模保育事業所などもあります。

交通利便性は、JR仙石線や石巻線、気仙沼線のほかに、三陸自動車道の石巻河南ICがあるため電車と車で気軽に市外へアクセスできます。仙台市までは、電車で約60分、高速バスを利用すると約75分、高速道路を利用して車で約60分の距離感です。

支援制度

子育てに関して、中学校卒業までのお子さんの医療費が無料となったり、優秀な成績の学生さんが経済的に就学が難しい場合月額15,000円以内で支援金が出たり、児童手当、出産育児一時金の給付なども利用可能です。

住まいに関して、市内で住まいを購入した際に最大150万円の補助や賃貸物件のリフォームに最大50万円の補助金が出ます。

移住支援金の対象であるため、条件に合う方(東京圏から移住し就業・起業した方等)は最大100万円の支援を受けることができます。

石巻市の詳細記事はこちら

子育て世帯におすすめ!教育環境充実なまち

富谷市

富谷市
富谷市

富谷市は、仙台のベッドタウンとして人口増加傾向にあり2016年に市となりました。活気があるこの町には約5.2万人が暮らし、ユニセフと連携した「こどもにやさしいまちづくり」、ゼロカーボンシティをめざした様々な取組など、持続可能な将来を見据えたまちづくりを展開されています。

生活環境は、イオンモールやコストコなどの大型商業施設があり、車があれば日常生活に不便は無いでしょう。娯楽施設やアミューズメント施設は少ないですが、仙台市が近いため気軽に遊びに行くことができます。そのほか、医療機関、銀行、スーパー、ドラッグストア、ホームセンターが身近にあり住宅地は閑静で住みやすいでしょう。

教育環境は、保育所14か所、認定こども園5園、小学校8校、中学校5校あり待機児童はゼロ。保育施設や幼稚園、児童クラブ、家庭的保育事業なども運営しており市を挙げて子育て支援に取り組んでいます。

交通利便性は、仙台市まで車で約35分、電車と路線バスで約45分という距離感です。また市内は路線バス、コミュニティバスが発達しており1回100円で乗ることができます。現在は、地下鉄や鉄道などが通っていませんが、具体的に市内に地下鉄の延伸について検討をされているのだとか。さらなる利便性の向上が期待できます。

支援制度

子育てに関して、18歳未満のお子さんの医療費の助成があります。また、不妊治療に関する助成や多子世帯には入学祝い金などがあります。就学支援として無利子の奨学金の貸付制度もあります。

仕事に関して、空き家や空き店舗を利用して新規創業する方へ購入費や家賃、リフォーム費用を補助しています。

移住支援金の対象であるため、条件に合う方(東京圏から移住し就業・起業した方等)は最大100万円の支援を受けることができます。

富谷市の詳細記事はこちら

利府町 

利府町 
利府町 

利府町は、宮城県のほぼ真ん中にある約3.6万人が暮らすまち。楽天イーグルスの2軍の本拠地もあるためスポーツも盛んで、前述した仙台市、多賀城市と隣接しているため、市街地への交通利便性が高く通勤・通学にも便利でしょう。

生活環境は、図書館・公民館・多目的ホールがある複合施設「リフノス」や、グランディ・21や東北最大級のイオンモール、病院なども充実しているため、車があれば日常生活に不便は無いでしょう。

教育環境は、保育所などが16か所、幼稚園4園、小学校6校、中学校3校、高校も1校あり進学面も町内で完結します。また待機児童はゼロで、県民の森や加瀬沼公園などの自然豊かな公園が町内各所に点在しているので、のびのび子育てができるでしょう。

交通利便性は、町内には3つのJRの駅があり4つのICがあります。町内の利府駅から仙台駅までは電車で約17分と非常に便利なことが分るでしょう。仙台駅まで出れば、東京駅まで約2時間20分でアクセスできます。車の場合、仙台駅まで約30分、仙台空港まで約35分とどちらも気軽に移動できます。

支援制度

子育てに関して、18歳までのお子さんの医療費が無料になることをはじめ、小学生・中学生入学時の運動着支給や第3子以降の給食費の助成があります。

移住支援金の対象であるため、条件に合う方(東京圏から移住し就業・起業した方等)は最大100万円の支援を受けることができます。

どっぷり田舎暮らししたい人におすすめ!自然が豊かなまち

松島町

松島町 宮城県
松島町 宮城県

松島町は、約1.3万人が暮らすいなかまち。広島県の宮島、京都府の天橋立と並んで日本三景に数えられるエリアがあり観光客も多数訪れます。四季を通じて異なった景観を楽しめたり、歴史的・学術的にも価値の高い文化遺産が多数あり、海沿いは国の特別名勝に指定されるなど見どころ満載。

生活環境は、大型の商業施設などは無いですが多数の公園やスポーツ施設、アウトドア・文化施設が点在しのびのび子育てができる環境です。車があれば必要最低限の買い物は町内で済ませることができます。

教育環境は、保育所などが3か所あり待機児童はゼロ。小学校3校、中学校1校に高校もあります。町内の学校は少なく進路選択の幅は狭まるでしょう。しかし、仙台市も通学圏内ということを考えれば選択肢はぐっと増えます。

交通利便性は、町内に松島駅や、松島海岸駅など7つの駅があり東北本線、仙石線が乗り入れています。仙台駅まで、電車で最短約25分、車で約45分の距離感にあり通勤も可能な距離感です。

支援制度

子育てに関して、18歳未満のお子さんの医療費の助成があります。

住まいに関して、町内で新築、もしくは中古住宅を購入した際には、最大100万円の補助金がでます。

仕事に関して、町内で新たに創業を目指す方へ必要な経費の一部最大100万円を補助しています。

移住支援金の対象であるため、条件に合う方(東京圏から移住し就業・起業した方等)は最大100万円の支援を受けることができます。

1人暮らしにもおすすめ!利便性の高いまち

仙台市

仙台市
仙台市

仙台市は、宮城県の県庁所在地であり、東北地方唯一の政令指定都市。約109.7万人が暮らすこのまちは東北地方最大の都市でもあります。いうまでもなく生活利便性と交通利便性は高く、さまざまな人が暮らしている多様性のあるまち。有名なアーティストや都市部ならではのイベントも多く開催されています。

生活環境は、仙台駅周辺をはじめ商業施設が多く立ち並びます。近年は高層マンションが続々と建設されるなど住環境もさらに整備されています。駅周辺では車が無くても生活に不便は無いでしょう。仙台市は多数の区に分かれているので、区によってやや特徴が異なります。

教育環境は、多数の保育所、幼稚園、小学校~大学、専門学校まで幅広く充実しています。区によっては繁華街や治安があまりよくないエリアもあるので、子育て世帯であれば住む場所は慎重に選ぶことをおすすめします。

交通利便性は、仙台駅には新幹線が通り、仙台空港も近いため県内外へアクセスが容易です。東北新幹線はやぶさを利用すると約94分で東京駅に到着します。日帰りで出張するのも可能な距離なので、仙台に拠点を置きながら、首都圏を視野に入れた仕事も可能です。

支援制度

子育てに関して、中学校卒業までのお子さんの医療費が助成されます。

仕事に関して、起業に関する支援制度が多数あり、軌道に乗るまで手厚くサポートしてくれる体制が整備されています。

移住支援金の対象であるため、条件に合う方(東京圏から移住し就業・起業した方等)は最大100万円の支援を受けることができます。

仙台市の詳細記事はこちら

宮城県の移住支援制度

ここからは宮城県の移住支援策について解説します。移住を希望している人はぜひ目を通してください。

(1) 県の支援制度

みやぎUIJターン起業支援事業

東京圏から宮城県へ引っ越した移住者が対象です。

県内で起業した人に対し、年間200万円を上限として補助金を支給する制度。
※令和3年度の募集は締め切られていますので、次年度の事業開始までお待ちください。

制度の詳細は県のホームページよりご覧いただけます。
下記の特設ページから申し込むと開始通知を受け取れます。
宮城県UUターン起業支援

※東京圏とは埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県を指す
※補助率は該当費用の2分の1以内

【対象経費】

人件費、店舗の賃料、設備費、原材料費など

(2) お試し移住制度

ここからは現地の生活を体験できるお試し暮らしについてまとめます。

移住する前に実際の生活がわかると、思わぬ発見があるかもしれません。

① 登米市

移住に向けた住まい

農業と触れ合える1泊2日の「移住体験ツアー」があります。オンラインでも参加可能。※令和3年度のツアーは終了しました。

お試し住宅は2泊3日から9泊10日までご利用いただけます。県外からお越しの場合、申請すると旅費の一部を補助してもらえる制度あり。

詳しくは市のホームページをご覧ください。
登米市|お試し移住ツアー

② 石巻市

石巻市の暮らしがわかる「おためし移住」があります。

移住を検討している人が申し込んだ場合は、宿泊施設の料金が無料になるサービス付き。

滞在期間

最大で7泊8日まで

おためし移住施設

以下の2つからお好きなほうを選んでください。

  • 市街地の暮らしを体験できる「中央第三お試し移住ハウス(中央第三復興公営住宅)」
  • 田舎暮らしを体験できる「折浜お試し移住ハウス(折浜復興公営住宅)」

レンタカーの利用や移住コンシェルジュのガイドもありますので、合わせて利用してみては?

宮城県の求職情報

移住先を決定する前に新しい仕事を探しておきましょう。

勤務地に近い場所に住むと通勤時間の短縮につながります。

みやぎ移住ガイド

地元に根差した企業が多数登録しており、勤務地や職種などで絞り込み検索が可能。

移住対象支援金の対象となる求人も掲載されており、支援金に申請したい人は必ず登録しておきましょう。

その他にも民間企業が運営している求人サイトを併用するのがおすすめです。

さまざまな求人を比較検討し、あなたに合った会社や働き方を見つけてください。

都会と田舎を味わえる宮城県でのびのび暮らす

(写真提供:宮城県観光プロモーション推進室)

宮城県は東北地方の中心的な存在であり、経済や交通の要衝地です。都会から移住するのに適しているため、検討してみる価値はあるでしょう。

田舎暮らしに慣れていない人は仙台市とその周辺を選ぶと住みやすいですね。

全体的に通勤時間が短い傾向にあり、平均して30分ほど仕事とプライベートを両立させやすい環境が整っています。

都会でありながら自然豊かな側面もあり、日本三景で有名な松島や秋保大滝(あきうおおたき)などが見どころ。

周知の通り、宮城県は東日本大震災で甚大な被害を受けました。

それを契機として災害に強いまちづくりを目指し、着実に復興の道のりを歩んできたといえるでしょう。まだ震災が完全に過去のものとなったわけではありませんが、以前とほぼ同じ姿を取り戻しています。

まずは観光目的で現地に行ってみるのもいいでしょう。宮城を代表する牛タンや笹かまぼこといったグルメを堪能するもよし。仙台城址や瑞鳳殿をめぐり、伊達一族の栄華を偲ぶもよし。

百聞は一見に如かず。あなた自身の目で宮城県の魅力を発掘しましょう。

宮城県のおすすめ情報

実際に宮城県へ移住された方のインタビュー記事を読むことで、イメージが鮮明になります。

気になった市町村がある方は、自治体ごとの特徴や支援制度について情報収集をしましょう!

                 

人気サービス

                       
波
車 イラスト 木 イラスト 木 イラスト
おすすめ記事

おすすめ記事

おすすめ記事
新着記事

おすすめサービス

新着記事
  •                    
パラソルのイラスト 釣りのイラスト
新着記事

新着記事

新着記事
パラソルのイラスト 釣りのイラスト