二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ツイッターアイコン インスタグラムアイコン

二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ホーム 記事一覧 三重県へ移住したい方へおすすめの地域6選と支援制度を解説

三重県へ移住したい方へおすすめの地域6選と支援制度を解説

公開日:2023.01.01 最終更新日:2023.01.13
三重県へ移住したい方へおすすめの地域6選と支援制度を解説

三重県へ移住したい!でも、実際に住むところを探すとなると生活環境や家賃の相場、仕事事情など、調べておくべき情報はたくさんありますよね。

三重県は都市圏から移住すると最大100万円を支援する移住支援金制度を設けていたりと、特に移住者を積極的に受け入れている県です!

三重県は関西圏や中京圏の影響を受け、独自の文化を育んできました。年間を通して気温差が少ない傾向にあり、暮らしやすいのが特徴。北部の山々に近い場所では冬に雪が降りますが、全体的に温暖な気候です。どの地域を選んでも海と山が身近にあるので、アウトドアを楽しみたい人にはぴったり。都会と田舎が融合したバランスのよいところです。

この記事では、三重県の特徴や暮らしやすさおすすめの移住先6選移住支援制度について説明していくので、移住を検討している方はぜひチェックしてみてくださいね。

目次

三重県のおすすめ移住先6選

三重県は南北に長い形をしています。大きく5つの地域に分類されていて、それぞれに特色あり。ここからは、三重県のおすすめ移住先6選を紹介します。支援制度についても触れていますが、特に補助額が大きいものや、自治体独自のものを抜粋して記載しています。また、対象者などの条件について詳細は自治体のHPでご確認ください!

画像提供:ええとこやんか三重

1人暮らしにもおすすめ!利便性の高いまち

朝日町

三重県 朝日町
三重県 朝日町

朝日町は、川越町、桑名市、四日市市と隣接しています。町には約1万人が暮らしていますが、三重県内で面積が最も小さな町なので人口密度が非常に高いコンパクトシティでもあります。中京圏にもほど近く、人口が飛躍的に急増しており、三重県内での人口増加数・増加率が1位となり、現在も発展を続けています。

生活環境は、町内には駅周辺、国道1号線沿いにスーパーやコンビニなどが立ち並び、車があれば生活には困りません。大型の商業施設は無いですが、桑名市などの近隣都市にイオンモールが2軒あり必要なものはすべて揃います。東海道沿いには古い家並みが続き、小さい町ですが豊かな自然と、歴史と文化を感じる静かな住環境です。

教育環境は、保育所が1か所、幼稚園1園あり待機児童はゼロです。そのほか、小学校1校、中学校1校あり高校はありませんが近隣の市町村に多数あり、朝日町は交通利便性も良いため通学も安心です。名古屋や四日市市が通学圏内ということが、進路の選択しの幅を広げています。

交通利便性は、JRや近鉄名古屋線の2路線が乗り入れるため利便性が高いです。町内の朝日駅から名古屋駅まで約35分、お隣の四日市駅まで約15分と移動も楽です。また旧東海道、国道1号、伊勢湾岸自動車道みえ朝日ICなどが走っており、車で名古屋市街地まで35分前後、四日市市まで約20分、津市まで約50分と車でのアクセス性も高いことがわかります。

支援制度

子育てに関して、中学校卒業までのお子さんの医療費の助成が受けられます。その他、預かり保育・一時保育、病児・病後保育、放課後児童クラブなどでお子さんを預けることができるため共働き世帯も安心です。また、ファミリーサポートセンター、子育て支援センターが設置されており保護者同士の交流もできます。

四日市市

四日市市
四日市市

四日市市は、約31万人が暮らす三重県最大の都市です。多くの企業も立地し利便性が高いので、周辺の町からの通勤者も多くいます。古くは東海道の宿場町として、現在は四日市コンビナートなどが集積する工業都市として発展し、電子機器など多様な製品を製造しています。一方で、少し車を走らせると鈴鹿山脈や伊勢湾といった豊かな自然に囲まれ、里山や茶畑が広がるのどかな光景も広がっています。。

生活環境は、JR四日市駅や近鉄四日市駅、あすなろう四日市駅と多数の路線が乗り入れるターミナル駅として駅周辺は、大型の商業施設や百貨店、娯楽施設などが集まります。また、郊外のもスーパーやドラッグストアなどがあり、日常生活に不便は無いでしょう。駅周辺では車が無くても生活に困らない環境でしょう。

教育環境は、保育所が75か所あり待機児童はゼロです。その他、幼稚園から大学まで多数あり名古屋市内も通学圏内ということもあり、多様な進路選択が可能です。

交通利便性は、名古屋への通勤・通学に便利なため名古屋市のベッドタウンとしての面もあります。近鉄四日市駅からは特急で約30分で名古屋駅までアクセスできます。その他、東京や京都、大阪までの高速バスも運行しているので、県外への旅行も気軽に楽しめます。

支援制度

子育てに関して、中学校卒業までのお子さんの医療費が助成されます。その他、預かり保育・一時保育、病児・病後保育などがあり共働き世帯も安心です。

仕事に関して、市内で独立・開業した際に必要な融資額を有利な条件で借りることができます。

就農に関して、就農支援が手厚く、農業研修費用や農業として独立したのちも経済的な支援を行っています。

移住支援金の対象であるため、条件に合う方(東京圏から移住し就業・起業した方等)は最大100万円の支援を受けることができます。

四日市市の詳細記事はこちら

子育て世帯におすすめ!教育環境充実なまち

玉城町

三重県 玉城町
三重県 玉城町

玉城町は、約1.5万人が暮らす小さな田舎まち。伊勢市のお隣にあり古来より伊勢参宮の宿場町、世界遺産熊野古道の交通の要衝として栄えた歴史あるまちでもあり、町内各地では名産品の玉城豚や四季折々の農作物を栽培しています。

生活環境は、町自体の面積は小さいため市街地はぎゅっとまとまったコンパクトシティです。大きな商業施設は無いですが、幹線道路沿いにディスカウントスーパーや薬局、コンビニなどが点在しています。車が無ければ生活は不便でしょう。その他、特徴としては高齢者の外出を支援するICTを活用したオンデマンドバスの運行など、自治体が町民の暮らしやすさを考えて施策を行ってくれています。

教育環境は、保育所など4か所あります待機児童はここ数年ゼロを維持しています。その他、小学校4校、中学校1校あり高校はありません。そのため、近隣の伊勢市の学校に通学する必要が出てくるでしょう。しかし、伊勢駅までは約10分程度でアクセスできるので問題は無いでしょう。玉城町の学校では、英語をはじめ保・小・中と一貫した学校教育に取り組んでいます。

交通利便性は、町内に玉城ICがあり車で高速道路を利用した移動が便利です。名古屋方面まで車で約1時間20分、大阪方面まで約2時間、京都府まで1時間40分でアクセスできます。またJR田丸駅があり、近隣の伊勢駅まで約12分、津駅まで約40分、四日市駅まで約1時間20分で移動できます。

支援制度

住まいに関して、空き家のリフォームに対して最大150万円の補助金が出ます。

移住支援金の対象であるため、条件に合う方(東京圏から移住し就業・起業した方等)は最大100万円の支援を受けることができます。

津市

津市
津市

津市は、三重県の県庁所在地で約28万人が暮らしています。市内には公共施設、教育機関や医療機関、企業も多く立地しており、都市機能が充実している一方で、かつては津城の城下町や伊勢神宮の宿場町として賑わっていたため多くの国宝や重要文化財、歴史ある街並みが残されています。

生活環境は、津駅周辺を中心に大型の商業施設や百貨店、スーパーやドラッグストアなどがあり、日常生活に不便は無いでしょう。イオンモールも町の各地に点在しているので、気軽にショッピングや映画を楽しむことができるでしょう。

教育環境は、保育所など64か所、幼稚園54園あり待機児童はゼロです。その他、小学校から大学まで多数あり有名な私立校もあるので進路選択の幅は広いです。また、名古屋市街地へも電車で45分ほどで通学圏内なので進学先には困らないでしょう。

交通利便性は、津駅から電車で名古屋駅まで約45分、東京へも名古屋駅から新幹線に乗れば約2時間半でアクセスできます。また、空の玄関口中部国際空港と津市を約45分で結ぶバスも運行しているので、空港を利用すれば全国各地へ旅行ができます。

支援制度

子育てに関して、中学校卒業までのお子さんの医療費が無料です。その他、預かり保育・一時保育、病児・病後保育、放課後児童クラブなどでお子さんを預けることができるため共働き世帯も安心です。また、ファミリーサポートセンターが設置されており会員同士でお子さんを預けたり、送迎を行ったりできます。

住まいに関して、空き家のリフォームに対して最大100万円の補助金が出ます。

仕事に関して、

お試し移住に関して、津市内に田舎暮らし体験(宿泊・農作業体験・自然散策等)ができる施設があります。

移住支援金の対象であるため、条件に合う方(東京圏から移住し就業・起業した方等)は最大100万円の支援を受けることができます。

どっぷり田舎暮らししたい人におすすめ!自然が豊かなまち

伊勢市

伊勢市
伊勢市

伊勢市は、約12.4万人が暮らす自然と利便性が適度に調和したまち。国内有数の観光都市でもあり、神宮式年遷宮をはじめとする伝統行事や、お伊勢参り、歴史ある街並みなど魅力にあふれています。また、北は伊勢湾に面しており、伊勢志摩国立公園の玄関口として雄大な自然も大きな魅力です。

生活環境は、伊勢市駅を中心にスーパーやコンビニ、ドラックストア、飲食店も多数あり住みやすい環境が整っています。また市内には約200箇所の医療機関があり充実しています。しかし、市内での買い物や通院などの移動は基本的に車でなければ不便です。

教育環境は、保育所が41か所あり待機児童はゼロ。その他、幼稚園から大学まで多数あるので市内での進学も可能です。

交通利便性は、伊勢市駅から名古屋駅まで最短1時間30分、大阪市街地まで電車で約2時間、京都駅まで約2時間とそれなりにかかります。通勤や通学は難しいでしょう。また、車での移動は伊勢西ICがあり大阪や京都、名古屋へ出ることができます。車で大阪までは約3時間、京都まで約2時間となっています。

支援制度

子育てに関して、中学校卒業までのお子さんの医療費が助成されます。その他、預かり保育・一時保育、病児・病後保育、放課後児童クラブなどでお子さんを預けることができるため共働き世帯も安心です。また、ファミリーサポートセンターが設置されており会員同士でお子さんを預けたり、送迎を行ったりできます。

住まいに関して、空き家のリフォームに対して最大200万円の補助金が出ます。

仕事に関して、市内で起業時にオフィスの家賃など最大60万円が補助されます。

就農に関して、就農直後に必要な設備などの購入費用を最大100万円助成が受けられます。

移住支援金の対象であるため、条件に合う方(東京圏から移住し就業・起業した方等)は最大100万円の支援を受けることができます

伊勢市の詳細記事はこちら

仕事も利便性もバランスよく!とかいなかなまち

川越町

三重県 川越町
三重県 川越町

川越町は、先ほど紹介した朝日町と桑名市、四日市市、そして伊勢湾と隣接しています。近隣の市町村へのアクセスも良く比較的活気がある街ですが、町内は田園風景も広がっており適度な田舎の雰囲気を楽しめます。

生活環境は、国道1号線沿いには飲食店や商業施設が立ち並び車があれば生活に不便は無いでしょう。少し離れれば田んぼがあり静かなところで暮らすことができます。

教育環境は、保育所など4か所ありますが近年待機児童数が増加傾向。子育て世帯の移住者が増えている影響かもしれません。その他、幼稚園1園、小学校2校、中学校1校、高校もあるので町内での進学も可能です。小学校区ごとに児童館を整備しており、共働き世帯も安心して子育てできるまちとなっています。

交通利便性は、町内には川越富洲原駅があり名古屋駅まで約50分でアクセスできます。川越富洲原駅には快速は停まりませんが、桑名駅まで移動して快速に乗り換えれば最短40分で名古屋まで移動できます。桑名駅には8分で移動できる点も良いですね。また、車の場合は伊勢湾岸自動車道のみえ川越ICがあり、高速で名古屋市街地や、県内外へスムーズにアクセスできます。その他、国道1号線・23号線も通っているので非常に便利です。

支援制度

子育てに関して、中学校卒業までのお子さんの医療費の助成が受けられます。その他、預かり保育・一時保育、病児・病後保育、放課後児童クラブなどでお子さんを預けることができるため共働き世帯も安心です。また、ファミリーサポートセンターが設置されており会員同士でお子さんを預けたり、送迎を行ったりできます。

住まいに関して、空き家のリフォームに対して最大20万円の補助金が出ます。

三重県の移住支援制度

それでは、最後に三重県が行っている移住支援制度を紹介していきます。

県が主体の移住支援制度

移住支援金

東京圏から三重県に移住し、移住支援金の助成対象となる求人に応募して採用された人が対象です。

該当する求人は【「みえ」の仕事マッチングサイト】からご覧ください。

【要件】

①、②、⑦の要件を満たしたうえで、なおかつ2人以上の世帯は③の要件に該当する必要があります。

① 移住元に関する要件
② 移住先に関する要件
③ 世帯に関する要件
④ 就職に関する要件
⑤ テレワークに関する要件
⑥ 本事業における関係人口に関する要件
⑦ その他の要件

詳細は県のホームページよりご覧ください。
(出典:ええとこやんか三重)

【対象の市町村】

津市、四日市市、伊勢市、松阪市、桑名市、鈴鹿市、名張市、尾鷲市、亀山市、鳥羽市、熊野市、いなべ市、志摩市、伊賀市、東員町、多気町、明和町、大台町、玉城町、度会町、大紀町、南伊勢町、紀北町、御浜町、紀宝町

【金額】

  • 単身世帯は60万円
  • 2人以上の世帯は100万円

自然と歴史に恵まれた三重県でゆったり暮らす

(提供:三重フォトギャラリー)

三重県には地方都市ならではの良さがあります。市街地を離れると田舎の風景が広がっており、自然に囲まれた環境で暮らしたい人なら住みやすいのではないでしょうか。

見どころもたくさんあります。天照大神を祀る伊勢神宮、世界遺産の熊野古道、伊勢シーパラダイス。F1が好きなら鈴鹿サーキットは見逃せません。

「うまし国」と呼ばれるだけあり、海の幸や山の幸は絶品。かの天照大神がこの地にやってきたのも、食べ物が美味しかったからだと伝わっています。高級食材の伊勢えびを筆頭に、ウナギ・松阪牛・伊勢うどんなど枚挙にいとまなし。三重に住んだら一度は食べてみたいグルメばかりですね。

三重県に限らず、地方都市に移住するなら自家用車は必須。近鉄線やJRなどが走っているとはいえ、車がないと移動に支障をきたします。ぜひ頭の片隅に入れておいてくださいね。

三重県のおすすめ情報

実際に三重県へ移住された方のインタビュー記事を読むことで、イメージが鮮明になります。

気になった市町村がある方は、自治体ごとの特徴や支援制度について情報収集をしましょう!

                 

人気サービス

                       
波
車 イラスト 木 イラスト 木 イラスト
おすすめ記事

おすすめ記事

おすすめ記事
新着記事

おすすめサービス

新着記事
  •                    
パラソルのイラスト 釣りのイラスト
新着記事

新着記事

新着記事
パラソルのイラスト 釣りのイラスト