二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ツイッターアイコン インスタグラムアイコン

二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ホーム 記事一覧 子育て移住ならチェックしておくべき支援制度やおすすめのポイント5選

子育て移住ならチェックしておくべき支援制度やおすすめのポイント5選

公開日:2022.09.24 最終更新日:2022.11.23
子育て移住ならチェックしておくべき支援制度やおすすめのポイント5選

子を持つ親なら、子育てが最優先!下記のようなことを一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

もっと自然豊かな環境で子供を育てたい!」
「子育てに最適な自治体を探している。」
経済的にも精神的に地域で支えあいながら子育てできると嬉しい。」

家族で移住する場合、子育て支援制度のチェックは欠かせません。

最近は、「最大200万円の出産祝い金」や「一升餅のプレゼント」など驚くような独自の子育て支援制度を打ち出している自治体も増えてきました。

この記事では、「子育て移住ならチェックしておくべき支援制度やポイント5選」をご紹介していきます。

目次

保育施設の整備や拡充

子供が減っている一方で、共働きの女性が増えているのは事実。

そのため、「保育施設の整備や拡充」をピックアップしました。

待機児童の問題は都市部だけの問題ではありません。待機児童問題の原因の1つは保育士さん不足です。地方へ行けば、「待機児童なんていないだろう!」そういう訳ではありません。

自治体の保育施設の整備・拡充、保育士さんの待遇改善、認定こども園の設置といった取り組みがあって、待機児童の問題は解決へと向かいます。

認定こども園とは、就学前の子供を幅広く受け入れサポートする施設で、0歳から受け入れが可能。教育の機能も兼ね備えているため、幼稚園と保育園の中間と考えておくとよいでしょう。

自治体の中には「待機児童ゼロ」を強みとしているところがあります。子育て世代を受け入れる土台ができていることの証ではないでしょうか。

父親の育児休暇取得支援

旦那様も「子育てに積極的に取り組みたい!」「あるいは取り組んで欲しい!」そういう方々は特にチェックしてください。

せっかく、地方へ移住をしたけど都市部でのワークライフバランスとあまり変わらず、旦那さんが育児に参加できないケースもあります。

日本男性の育児休暇取得率は厚生労働省によると、2020年度男性は7.48%と低い取得率でした(※女性が83.0%)。これは、世界的にもかなり低い水準。

企業文化によって「休みづらさ」もあると思いますが、自治体によって育児休暇の取得を促す支援制度を用意しているところもあります。

制度の一例として、育児休暇を取得した方と、その方の勤めている法人へ10万円~30万円の補助金を出しているのです。

育児休暇は最大で6カ月の取得が法律では認められています。

こういった自治体のサポートや育児休暇の取得しやすい風土づくりの後押しを受けて、育児休暇を取り子育てしていきたいですね。

病児保育

お子さんの急病時に、仕事で看病が難しいシチュエーションもあるでしょう。共働き世帯は特にチェックいただきたいポイントです。

病児保育は、さまざまなかたちがあります。例えば、急病のお子さんを看護師さんと保育士さんが自宅まで迎えに来てくれるサービスや、病院へ預けると保育まで請け負ってくれる自治体など。

また、民間企業のサービスを利用した際に、その利用料金を減免するケースも。

事前にチェックしておくことで、「もしも」のときの役に立つはずです。

不妊治療助成

出生率の増加を目的として不妊治療への支援をしている自治体も多くあります。

不妊治療とは、妊娠・出産を希望しているにも関わらず一定期間、妊娠の兆候がないご夫婦へ提供される治療のことです。

特に体外受精と顕微授精は、保険適用外であり、かつ特殊な技術と機器を必要とするため、治療費用が高額になりやすいです。それらの費用を自治体が助成するのが不妊治療助成

いくつかの条件をクリアすれば初回に30万円、2回目以降15万円の助成金が下りるなど、各自治体で独自の助成を行っているところも多くあります。

今や体外受精今や18人に1人の割合で産まれているという時代、こういった支援の手厚い自治体を選ぶことも、移住のきっかけになるでしょう。

出産祝い金

子育てには何かとお金がかかるもの。特に生まれた年は、赤ちゃんのためにベビーベッドや、哺乳瓶など必要なものが多いです。

そんな経済的な悩みを少しでも緩和しようと、出産祝い金として自治体から第一子、第二子、第三子と生まれるごとにお祝い金として支援している自治体があります。

支給額には自治体によってばらつきがありますが、すべての自治体が取り組んでいるわけでは無いので、事前に移住先の自治体担当者などへの確認は必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。子育てには何かとお金がかかるもの。

経済的な不安から出産をあきらめるといったことが無いように、自治体の多くが子育て支援には力を入れています。

出産したら最大200万円の支給!」といった情報は知らなければ損ですよね。お子さんがいらっしゃる世帯は、特に子育て支援の手厚さも移住先を決める検討材料とするべきでしょう。

二拠点・移住ライフ大学では、安心して子育てできる自治体のランキングなどもご紹介しているので、参考にしてくださいね!

【合わせて読みたい記事】

                 

人気サービス

                       
波
車 イラスト 木 イラスト 木 イラスト
おすすめ記事

おすすめ記事

おすすめ記事
新着記事

おすすめサービス

新着記事
  •                    
パラソルのイラスト 釣りのイラスト
新着記事

新着記事

新着記事
パラソルのイラスト 釣りのイラスト