二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ツイッターアイコン インスタグラムアイコン

二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ホーム 記事一覧 【北海道旭川市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

【北海道旭川市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

公開日:2022.04.09 最終更新日:2022.12.04
【北海道旭川市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

北海道旭川市は、人口33万人の北海道第2の都市と言われている街です。

サケが遡上する忠別川を含む複数の川が流れており、四季折々の美しい自然を楽しめます。

「住みたい田舎」ベストランキングで北海道エリア連続第1位を獲得した旭川市は、どんな街なのでしょうか。

旭川市の特徴と、旭川市に移住したいときに利用できる制度や支援金について解説します。

北海道での二拠点生活や移住を検討されている方はぜひこちらの記事も参考にしてみて下さいね!

北海道のおすすめ情報

気になった市町村がある方は、自治体ごとの特徴や支援制度について情報収集をしましょう!

実際に移住や2拠点生活をされている方のインタビュー記事を読むことで移住後のイメージが湧きますよ。

目次

旭川市の特徴

旭川市は北海道で2番目に人口の多い都市で、ショッピング施設や医療、福祉、教育などの都市機能が充実しています。

冬には雪と氷とあかりの祭典として人気の「冬まつり」も開催される、活気のある都市です。大雪山連峰や十勝岳連峰の麓に位置している旭川市は、生活に便利な機能が充分ありながら雄大な自然を感じて生活できます。

主要都市間や道内の移動がスムーズ

旭川市は旭川空港を有しています。国内線は東京、大阪、名古屋と主要都市への便が乗り入れているので、2拠点生活による他県からの移動もスムーズに行えます。

また、旭川市は北海道のほぼ中央に位置しているので、北海道内の他市への移動もしやすいのが特徴です。

2拠点生活に最適!医療機関が充実

2拠点生活で心配な点に、「医療体制はどうなっているのか」が挙げられます。旭川市は、人口1万人あたりの医師数が36.3人と、全国で60位の充実の医療体制。

大きな病院は旭川医科大学病院、旭川赤十字病院、旭川厚生病院、市立旭川病院など、多くの医療機関があり、診療所も各所に複数あります。

急な体調不良やお子さまの不調のときも安心です。

全国一低い地震発生率の旭川で快適なデュアルライフ

北海道には、地震が多い地域もあるので心配ですよね。

地震調査研究推進本部ホームページによると、旭川市は全国一地震発生率が低いとされています。

地震のへの不安が少ないため、デュアルライフを心置きなく満喫できます。

旭川市の移住支援制度を利用して、かしこく移住

旭川市に移住したいときは、条件を満たしていれば移住支援制度を利用して支援金の支給を受けられます。

移住支援制度が適用される対象者や、移住支援金がいくらなのかを解説します。

移住支援制度が適用できる対象者

移住支援制度が適用される対象者は、「移住直前の10年間のうち通算5年以上のあいだ、条件不利地域以外の東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県に在住しており、雇用保険の被保険者か個人事業主として通勤していた方」とあります。

他にも細かな条件がいくつかありますので、詳しくは旭川市のHPをご確認ください。

旭川市移住支援金詳細ページリンク

移住支援金

旭川市に移住するときは、国・道・旭川市からの支援金が出ますのでぜひ活用しましょう。

  • 単身での移住の場合は60万円
  • 2人以上での移住の場合は100万円

申請のタイミングや制度の詳しい説明については、旭川市のHPをご確認ください。

旭川市移住支援金詳細ページリンク

                 

人気サービス

                       
波
車 イラスト 木 イラスト 木 イラスト
おすすめ記事

おすすめ記事

おすすめ記事
新着記事

おすすめサービス

新着記事
  •                    
パラソルのイラスト 釣りのイラスト
新着記事

新着記事

新着記事
パラソルのイラスト 釣りのイラスト