二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ツイッターアイコン インスタグラムアイコン

二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ホーム 記事一覧 あなたはどのタイプ?目的別に5タイプある二拠点生活(デュアルライフ)のスタイルを解説

あなたはどのタイプ?目的別に5タイプある二拠点生活(デュアルライフ)のスタイルを解説

公開日:2022.07.09 最終更新日:2022.11.12
あなたはどのタイプ?目的別に5タイプある二拠点生活(デュアルライフ)のスタイルを解説

あなたはデュアルライフに対してどんなイメージを持っていますか?

難しそう、お金がかかりそうといった意見が多いかもしれません。

確かに入念な準備が必要ですが、きちんと段取りすればOK。

ポイントは「なぜ二拠点生活をしたいのか」を明確にすることです。

計画する段階で軸を固定しておきましょう。

今回はデュアルライフの5パターンについてわかりやすく説明していきます。

自分がどのタイプに当てはまるのか知っておくと役に立ちますよ。

これから二拠点生活に挑戦したい人は、ぜひ参考にしてください。

目次

デュアルライフとは?

デュアルライフとは、2つの生活拠点を行ったり来たりする生活スタイルです。

都会に軸足を置きつつ、田舎でスローライフを送る。

いわば「期間限定の移住」に近いイメージがあります。

かつての二拠点生活といえば、仕事を引退したシニア層の楽しみでした。

地方に別荘を構え、夫婦や仲間と一緒に第二の人生を満喫する人が多かったのではないでしょうか?

現在のデュアルライフは、以前とまったく異なる2つの特徴を持っています。

第一に年代層が変化しました。

働き盛りである20代や30代から支持を集めており、仕事とプライベートを充実させたい人が積極的に取り入れています

第二に「安く近く」を重視する傾向が定着しました。手ごろなシェアハウスや賃貸物件、または空き家になった実家などを活用するケースが多く見受けられますね。

まとめると、最新のデュアルライフとは「緩やかに複数の場所で生きる」スタイルなのです。

【合わせて読みたい記事】

【タイプ別】デュアルライフの種類

デュアルライフの概要を説明したところで、それぞれの種類について言及します。

合計で5つのタイプがあり、目的によって内容が違ってきます。

デュアルライフに踏み切る前に、自分はどのタイプに該当するかチェックしましょう。

 趣味を満喫したいタイプ

アウトドアや畑仕事が好きな人はこのタイプに当てはまります。

たとえばサーフィン・登山・キャンプなど、活発に動き回る趣味と相性がいいですね。

山や海の近くに住むデュアラーは多く、余暇を最大限に利用して趣味を満喫したい人におすすめです。

【あわせて読みたい記事】

 子育てを充実させたいタイプ

二拠点生活を開始するきっかけとして、育児を挙げるご家庭は多いようです。

  • 緑に囲まれた環境で子どもをのびのび育てたい
  • 都会ではできない遊びを子どもに体験させてあげたい

田舎では世代間交流が盛んであり、情操教育にもいい影響があると期待できます。

デュアラーとして生きる親の背中を見て育つ過程で、働き方や生き方には多様な選択肢があるのだと学ぶ機会にもなるでしょう。

【あわせて読みたい記事】

 自然を満喫したいタイプ

沖縄 移住 デュアルライフ

純粋に自然が好きで癒やされたいという人が該当します。

田舎の日常生活を楽しむのが主な目的です。

「趣味を満喫したいタイプ」と似ていますが、屋外で何か特別な活動をするわけではありません。セカンドハウスで過ごすこと自体を目的としています。

都会と田舎のメリットを享受したい人に最適な生活様式でしょう。

【あわせて読みたい記事】

 プレ移住に挑戦したいタイプ

将来的な移住を見据えて、徐々に田舎暮らしへ移行するタイプ。

デュアルライフを準備期間と捉えている人が大多数です。

住まいや仕事を変えるには相当な覚悟が必要です。

先立つ資金もいるため、即決できる人はごく少数派ではないでしょうか?

勢いだけで移住すると、理想と現実のギャップを知って幻滅してしまう可能性も否定できません。

事前に田舎暮らしを体験しておけば、移住後の生活を想像できるはずです。

【あわせて読みたい記事】

 地域に貢献したいタイプ

生まれ育った地元、または所縁のある地域で人とのつながりを築きたい

こんな考えを持つ人が該当します。

「地域おこし」に似た側面もあり、仕事で身に付けたスキルを活かして新たなビジネスを立ち上げたい人もいるようです。

たとえばマーケティングや映像制作など、在宅ワークでこなせる仕事と相性がいいですね。

【あわせて読みたい記事】

デュアルライフ5タイプの事例

続いては、5タイプの具体的な事例を紹介します。

あくまで一例ですが、参考になるでしょう。

【事例その①】趣味を満喫したいタイプ

自然やキャンプが好きで田舎暮らしを始めるケースは珍しくありません。

まずはDIYから始め、二拠点生活にのめり込んでいったという人もいます。

同じ嗜好を持つ仲間がいれば、デュアルライフがより楽しくなること間違いなし。

【事例その②】子育てを充実させたいタイプ

「田舎の保育園にお子さんを入れたい」という理由で二拠点生活を始めたケースです。

その場所に惚れ込み、どうしても住みたいという熱意から行動に移しました。

休日には家族の時間を満喫できるため、満足度は高いようです。

【事例その③】自然を満喫したいタイプ

環境にこだわって二拠点生活をするパターンもあります。

自然豊かな場所で生まれ育った経験から、理想の住まい探しが始まりました。

ボロボロだった古民家に手を加え、今では思い描いた通りの暮らしを楽しんでいます。

【事例その④】プレ移住に挑戦したいタイプ

老後の移住生活を視野に入れて二拠点生活を始めたご家庭の事例です。

第二の人生を見越して早めに準備を始め、着実に田舎暮らしになじんでいます。

タイミングを逃さずに上手く飛び乗ったケースと言えるでしょう。

【事例その⑤】地域に貢献したいタイプ

東京でデザイナーとして働きつつ、地域振興に関わる仕事を請け負っているケース。

町づくりへの関心が高じてプロジェクトに参加し、今では定期的にセカンドハウスに滞在するようになりました。

好きな場所で好きな仕事ができる。これぞ二拠点生活の醍醐味ですね。

デュアルライフに向いている人の特徴

にわかに注目を浴びているデュアルライフですが、全ての人に向いているとは限りません。

ここでは二拠点生活を楽しめるタイプの特徴を紹介します。

生活にメリハリが欲しい人

仕事や家事に追われて息抜きする暇がないと、ストレスが溜まってしまいます。

とはいえ、忙しい現代人にとってリフレッシュする時間を確保するのは容易ではありません。

そこでおすすめなのがデュアルライフです。

平日は仕事に打ち込み、休日は場所を変えて好きな趣味を思い切り楽しむ。

毎日同じことの繰り返しで生活に張りがない」と感じている人は、ぜひ二拠点生活に挑戦してみてはいかがでしょうか?

場所を選ばず仕事ができる人

コロナ禍をきっかけにリモートワークが普及したおかげで、職場に行かなくても仕事ができる時代になりました。

フリーランスだけでなく会社員も在宅ワークが可能であり、デュアルライフのハードルは一気に下がっています。

月に何回か出勤しなければならないかもしれませんが、毎日の通勤とは比べ物にならないほど楽なはずです。

社交的な人

田舎の人間関係は想像以上に濃く、ご近所同士のつながりが強い傾向にあります。

「困ったときはお互い様」という考えが根付いており、いい意味でおせっかいな人が多いかもしれません。都市圏で暮らしていると、他人との関係は淡泊になりがちです。

その感覚を引きずったまま田舎に行くと失敗します。

自ら地域のコミュニティと関わり、風土になじむ努力ができるタイプでないと苦労するでしょう。

デュアルライフが注目されている理由

リクルートの調査によると、2018年の時点でおよそ17万人もの人がデュアルライフを開始しています。

なぜそれほど注目されているのでしょうか?

その背景には、社会情勢の変化が深く関わっています。

簡潔にまとめると、東京一極集中の反動から地方に目を向ける人が増えました。

忙しない日常から逃れて、一息つける場所を求めた結果が二拠点生活なのです

その他の要因として、コロナ禍で密を避けるために需要が高まったと考えられます。

人口密度の低い地方は都会より感染リスクが低く、精神的にゆとりある暮らしができるでしょう。

デュアルライフの注意点

最後に二拠点生活の注意点を説明しておきます。

頭の片隅に入れておいてください。

家は買うより借りるほうがお得

移住 デュアルライフ

地方の物件価格は下がっているとはいえ、修繕費用や固定資産税なども加味するとそれなりに費用がかかります。

出費を抑えたければ、賃貸物件やシェアハウスを推奨します。

空き家になっている実家を活用するのも有効な手段ですね。

【あわせて読みたい記事】

地域社会に溶け込むのが難しい

注意点のところで述べたように、田舎特有の人間関係に慣れる必要があります。

テレビ番組では魅力的に映る田舎暮らしですが、簡単に真似できると思ってはいけません。安易に実行すると失敗する可能性が極めて高いのです。

成功者は努力して新たな生活基盤を築いており、最初から自由に暮らせるわけではないと肝に銘じてください。

目的に応じてデュアルライフを楽しもう

二拠点生活を成功させる秘訣は、何をしたいか明確にすることです。

目的とは即ち軸であり、計画の中核をなす部分といっても過言ではありません。

最後に改めて内容をまとめます。

  • デュアルライフとは?
  • 【タイプ別】デュアルライフの種類
  • デュアルライフ5タイプの事例
  • デュアルライフに向いている人の特徴
  • デュアルライフが注目されている理由
  • デュアルライフの注意点

働き方やライフスタイルが多様化している今、デュアルライフへの関心は高まっています。

この記事を参考に、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

【あわせて読みたい記事】

                 

人気サービス

                       
波
車 イラスト 木 イラスト 木 イラスト
おすすめ記事

おすすめ記事

おすすめ記事
新着記事

おすすめサービス

新着記事
  •                    
パラソルのイラスト 釣りのイラスト
新着記事

新着記事

新着記事
パラソルのイラスト 釣りのイラスト