二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ツイッターアイコン インスタグラムアイコン

二拠点・移住で理想のライフスタイルを叶えよう

ホーム 記事一覧 【千葉県船橋市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

【千葉県船橋市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

公開日:2022.04.23 最終更新日:2022.12.04
【千葉県船橋市 最新版】移住や2拠点生活をする場合の支援制度について解説

商業施設や工業施設が発達しており生活のしやすい千葉県船橋市。移住や 2拠点生活を考えている人も多いのではないでしょうか。

今回は、千葉県船橋市の移住や、 2拠点生活に対する移住支援制度について紹介していきます。

千葉県での二拠点生活や移住を検討されている方はぜひこちらの記事も参考にしてみて下さいね!

千葉県のおすすめ情報

気になった市町村がある方は、自治体ごとの特徴や支援制度について情報収集をしましょう!

実際に移住や2拠点生活をされている方のインタビュー記事を読むことで移住後のイメージが湧きますよ。

目次

船橋市の特徴

船橋市は千葉県の北西部に位置しており、東京都に通勤・通学する人々のベッドタウンとして発展しています。

そんな船橋市にはどのような特徴があるのでしょうか。

千葉県No.2の人口を誇るベッドタウン

千葉県船橋市は千葉県の北西部に位置し、およそ63万人の人口を誇ります。千葉県の中でも人口は 2番目に多く、政令指定都市以外では国内で最も人口の多い都市となります。

東京湾に面していることからベッドタウンとして人気を博しており、デュアルライフを送る場所を「都心へのアクセスのしやすさ」で決めようとしている人にとってはとても魅力的な都市ではないでしょうか。

商業・工業の盛んな街で2拠点生活

都心と密接な繋がりを持つ船橋市の南部は埋立地で構成されており、工業地帯や大型の商業施設が多く存在しています。

それらの施設に必要な物流を支えるため交通網が発達しており、さまざまな方面へのアクセスがしやすくなっています。

また商業の街として多数の卸売市場が開放されており、一般の人でも利用することが可能です。商業と工業、2本の柱の恩恵を一身に受けている都市であると言えますね。

環境にやさしいまちづくり

船橋市は環境に配慮した街づくりにも積極的に取り組んでいます。自然と共に生きる都市を目指した「環境共生まちづくり条例」や工業地帯跡地の再利用をはじめとして、千葉県内でも特に環境との共存を目指している都市が船橋市です。

市民との環境保護に向けた意見交換も積極的に行っており、そこで得た意見をもとに「船橋市都市計画マスタープラン」を作成しています。

自然と共存しながらデュアルライフを送りたい人にとても適した環境ですね。

船橋市の移住支援金制度を活用しよう

船橋市では、移住を行う方に対する移住支援制度は実施されていません。しかし、定住を促す支援・補助制度があります。

ここでは、移住・住みかえ支援機構の「親世帯・子育て世帯近居同居支援」について解説していきます。

親世帯・子育て世帯近居同居支援が適用できる対象者

親世帯・子育て世帯近居同居支援は離れて暮らしている親子(親世代・子育て世代)が近居または同居をおこなう際に利用できる支援です。

対象者は以下のとおりです。

  • 親世帯と子育て世帯が、令和3年12月1日から令和4年11月30日までに新たに市内で近居又は同居すること(直線距離で1.2km以内から近居、同居から近居は対象外)
  • 子育て世帯に18歳(18歳に達する日以後最初の3月31日)以下の子ども(出産予定を含む)が同居していること

ほかにも細かな条件がいくつかありますので、詳しくは船橋市のHPをご確認ください。

船橋市「親世帯・子育て世帯近居同居支援」ページリンク

移住支援金

千葉県船橋市の「親世帯・子育て世帯近居同居支援」における、支援内容は以下のとおりです。

  • 住宅の建築・購入:10万円
  • 賃貸借契約の場合:5万円

また要件を満たした場合、助成額が加算されます。制度の詳しい説明については、船橋市のHPをご確認ください。

船橋市「親世帯・子育て世帯近居同居支援」ページリンク

【あわせて読みたい記事】

                 

人気サービス

                       
波
車 イラスト 木 イラスト 木 イラスト
おすすめ記事

おすすめ記事

おすすめ記事
新着記事

おすすめサービス

新着記事
  •                    
パラソルのイラスト 釣りのイラスト
新着記事

新着記事

新着記事
パラソルのイラスト 釣りのイラスト